日本語で「だいく」

◆ 一昨日の続き
 
 購入したCDにはベートーヴェンの交響曲第九番もあった。
 俗に「だいく」というだけで通じてしまう曲である。
 12月には全国各地で何回くらい演奏されるんでしょうね。
 日本の季節とともに定着したクラシックはこれくらいか。
 同曲異演はいろいろ聴いたが、第四楽章の「歓喜の歌」を
 日本語で歌ったCDは、初めてであった。
 そもそも日本語バージョンがあることすら知らなかったから、
 好奇心丸出しで聴いてみた。
 有名な合唱の出だしの「フロイデ」が、「愛」に置き換えられて
 のっけから、驚き。
 聴き通していくと、やはり日本語としてメロディにのりづらい
 感じもあったり、二重フーガでは聴きづらかったり、と違和感
 がないわけではないが、なかなかうまくまとまっているなぁ~、
 というのが、印象として残った。
 そうだなぁ、歌の意味も通じたら、聴く方だってもっと共感できて、
感動も増すかもなぁ、と思わぬでもない、とても刺激的な一枚。
 ちなみに訳は、なかにし礼氏。
c0007388_10303552.jpg

[PR]
by capricciosam | 2004-12-08 00:14 | 音楽 | Comments(0)


<< 4日目 ゴジラ、ゴジラ >>