散歩しながら

依然残暑が厳しいのですが、先日くらいから
ようやく湿度が抜けた、さらっとした暑さに変わってきました。

「やっとだ。ホッ」

生粋の道産子としては、どうも多湿というのは苦手です。
(道外の方には「何を甘いことを!」とおしかりをうけそうですね。スミマセン)

先日はブログの更新を「さぼった」と書いたのですが、
実は少々夏バテ気味で、夕食を終えると早々に就寝する日々なのです。
今日は昼寝の効果バッチリでいまだに起きています。

なんとか散歩も続けていますが、今日は朝に出遅れたので、
夕方のうっすらと日も暮れた頃にしました。
散歩していても二人の話題は、ついつい甲子園再試合のことに。
いまだに余韻が続いています。
つい「たられば」の話になりそうになると、どちらともなく
「もう止めよう」と言いつつ、何分もしないうちにまた話題に。
それくらいまだまだ語りたいことが心に残っています。

「いや~、ホント心揺さぶられる試合だった。生きてて良かった」

結局は、この辺に落ち着いた頃に家にたどりつくのですが。

あの熱投した二人を含めた18人は日米親善野球の合宿に
入ったようですが、全員で青いハンドタオルを使う光景を演出した
ことになる今治市民のアイデアはユーモアがあって微笑ましいですね。
雌雄を決した相手同士の混成チームの融和に一役買ってくれるでしょう。

あと、話題になったことをいくつか。

◆米国タワーレコードの再倒産はすごく象徴的。
 音楽をどのように入手するか。時代は確実に変化しているんですね。

◆すいきんちかもくどってんかい、…ん?
 冥王星が惑星でなくなっても、星として存在することに変わりはない。
 TVでインタビューされていた某星占い師の方が
 「惑星でなくなっても大丈夫。まだ余韻がありますから」
 と言ったのを聞いて、思わず吹き出しました。
 余韻は無くなるんだから、その後どうするの?

◆訃報2題
 高木東六さんは「家族そろって歌合戦」の審査員としての印象しか
 ありませんが、演歌嫌いを露骨に出していたのが印象的。

 メイナード・ファーガスンがあの有名な「ロッキー」のテーマを吹いて
 いたなんて、ちっとも知りませんでした。
 
[PR]
by capricciosam | 2006-08-26 23:54 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by rainbowfl at 2006-08-30 08:35
capricciosamさん、こんにちは。
もう夏バテは解消していますか?ほんとにこの夏は酷暑で辛かったですね。
少しずつ秋の気配を感じるようになってきて、暑さの苦手な私もホッとしています。^^
ブログの更新・・・私もさぼり気味です。^^;またボチボチやっていきましょう。
「継続は力」ですもの。。。ね♪
Commented by capricciosam at 2006-08-31 00:04
>rainbowflさん、コメントありがとうございます。
>もう夏バテは解消していますか?
ご心配いただき恐縮です。もう少しかかりそうです。と、いうのは
>少しずつ秋の気配を感じる
数日前から朝晩の外気に冷たさを感じるようになりましたが、それでも最低気温が20℃をなかなか下回らず、依然「夏」が持続しています。やはり寒暖のメリハリがつかないと体調も回復しきらないようです。
そんな訳でもないのでしょうが、今日はペシミステックな内容だなぁ、と反省しきりです。またボチボチ更新しますので、よろしくお願いいたします。


<< やりきれない事件続く よくやった!!駒苫 >>