散歩の途中で

今日から9月。
今年も2/3が過ぎたんですね。
「う~ん、早い」

9月最初の日、かなり冷気を感じる朝となりました。
ほんとに久しぶりに空気が清々しい。
登山口で迎える朝の空気が醸し出す雰囲気と似ています。
「気持ちいい~」
おかげさまで気温の低下につれて体調も回復してきたようです。
これから更新のペースをあげたい!とは思いつつも、
まあ焦らず、無理せず、ボチボチとやっていきます。

今朝の散歩でのことです。
とある住宅の前を通りかかった時、歩いている足下に見慣れぬモノが。
「なんだろう」
何やら毛の生えた小さな生き物のようです。
よく目を凝らすと、驚いたことに小さなスズメがうずくまっているのです。
朝日がまぶしいのか、目をパチクリさせていますが、
近くの私たちには全然関心がない様子。
どうやら動きたくても動けない様子です。
携帯で写真を撮ってから、そのままにして散歩を続けました。
その場所は再び通っていないので、その後の様子は不明です。
どうしてうずくまっていたのかはナゾですが、なにはともあれ
無事飛び立っていけたことを祈るのみです。
c0007388_2018835.jpg


スズメと言えば、急に姿を見せなくなってからは、春、夏ともに
昨年までのように「町中で大群で見る」ということは実に少なくなりました。
飛んではいるのですが、やはり数は少ないですね。
その後続報もないので、原因不明のまま、また冬を迎えるのでしょうか。
[PR]
by capricciosam | 2006-09-01 20:22 | 時の移ろい | Comments(0)


<< ウェブ進化論@ちくま新書 やりきれない事件続く >>