王子と怪物

秋の気配が急ピッチで忍び寄ってきたようです。
今朝は雨。散歩も中止です。
実は今日から遅い「夏休み」です。
日帰りでちょっと遠出してこようと思っているんですが、報告はまた改めて。

このところ「日米親善高校野球」は毎日結果をチェックしていました。
彼らは今日当たり帰国することになるんでしょうね。
甲子園からですから大変だったでしょうね。お疲れ様です。

報道は「ハンカチ王子」斎藤投手中心でしたが、あまりの人気ぶりに
急遽早朝にTV中継までされる過熱ぶり。
と言いつつ、私も朝の慌しいひと時でしたが、観ていました(笑)

やはり気になるのは「北の怪物」田中投手。
アメリカ東部選抜との試合では第2戦でサヨナラされてしまいましたが、
メジャーのスカウトには総じて高い評価だったことは、実に頼もしい限りです。
しかも、自己の力を出し切り、かつ高めようとしているのは大物の片鱗を
感じさせます。

◆第2戦でサヨナラホームランを打たれた選手が急遽西部選抜に加わって
 第3戦で対峙すると、今度は三振に討ち取って借りを返す。
 「こいつだなと思いました。気合を入れた」

◆メジャーの試合を観戦して、
 「こういう野球もあるのか。この舞台でやるのは大変なこと。
 自分をもっと高められるように頑張りたい」

それに、ストッパーとしてですが、5連投したのは田中投手だけです。
現に、日本チーム監督の和泉監督(早実)も
「田中はエース。一番いい投手は最後にもっていきたい」(第3戦)
「田中がいることでゲームメークが楽だった」(第5戦)
と高い評価を与えています。

田中投手はプロ入りを明確にしているのでドラフトが注目されますが、
すでに日ハム、巨人が一巡目での指名を表明しています。
これからも目が離せません。
[PR]
by capricciosam | 2006-09-07 12:10 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 聴く前に食べる ウェブ進化論@ちくま新書 >>