核実験に怯え、ファイターズ優勝に歓喜

いろいろあった一週間でした。備忘録的に書いてみます。

◆9日 隣国の独裁国家が「地下核実験」
  実験前には「やる」と声明をだしたものの、実験後の映像が発表
  されていないのは、単なるホラか、と思わせるところもあるのですが…。
  ただ、小規模な核爆発らしきものはあったようだということですから、
  どうやらホントなのでしょう。
  ところで、この期に及んでも声明はおろか、映像も流さないとは、
  一体あの国は何を考えているのでしょう。不気味です。
  しかし、事実だとしたらロケットもまともに飛ばせない程度の技術力で
  危険極まりないことをやるなんて、迷惑至極な話です。
  放射能漏れでもしていたら…、風向きによっては…、想像するとぞっとします。
  国連の制裁決議も採択されそうなので、半島情勢は緊迫化していき、
  場合によっては一気に流動化していくのでしょうか。
  日本自体もいやでも関与せざるを得ないのでしょう。
  なによりも拉致された同胞のみなさんの無事を祈りたい。
  
◆10日 楽天が駒苫田中投手に挨拶
  野村監督が「縁」と書いた「交渉権確定」の札を贈る
  実に気の利いたプレゼントでした(^^)

◆11日 パ・リーグのプレー・オフで日ハムが王手
  ダルビッシュの力投と新庄の勝ち越し打に大喜びでした
  文句なしの勝利に(^^)v

◆12日 北海道日本ハムファイターズがパ・リーグ優勝
  八木と斎藤の息詰まる投手戦でしたが、劇的なサヨナラ勝ち
  引き分けでも優勝でしたが、やはりこういう勝ち方はスッキリします。
  移転3年目でのこの成果はあまりにも早過ぎて、私も
  「シンジラレナ~イ」 v(^^)v

◆12日 TV「プロフェッショナル」石原正康(幻冬舎)さんの言葉から
  「全身全霊でほめる」
  「自分が感じていいと思ったところについて言っていれば、
  作家はなぜそこの部分について言ってくれたのか考えてくれる。
  そしてほめられた方を伸ばしてくれる。」

◆13日 栗が落ちる
  散歩の途中のお宅のりっぱな栗の木からとうとう栗が落ち始めました   
c0007388_23125663.jpg


◆14日 この秋一番の寒さ
  今朝の散歩は寒かったですね。日陰には霜が残っていました。
c0007388_231572.jpg

  今日は車検と映画にでかけていたので外出で一日が暮れました。
  映画の感想は別途書きます。
[PR]
by capricciosam | 2006-10-14 23:29 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by rainbowfl at 2006-10-15 12:04
capricciosamさん、こんにちは。
ほんとにいろいろあった一週間ですね。
特に北朝鮮の核実験には驚きと共に拉致被害者やそのご家族のことを思うと胸が痛みます。
それにしても北海道はもう「霜」ですか?これにも驚いちゃいますね。^^;
我が家はマンションで温かいので部屋ではまだ半袖のTシャツに短パン(お恥ずかしいですが・・・笑)です。
車検に出されたのですね。我が家もそろそろです。金食い虫で困りますが、あるとやっぱり便利なので手放せませんね。
Commented by capricciosam at 2006-10-15 20:40
>rainbowflさん、コメントありがとうございます。
>部屋ではまだ半袖のTシャツに短パン
いやはや、「暑さ」から遠のきつつある北海道に住む者としては、なんともうらやましい話ですね。北海道の住宅も気密性は高いのですが、さすが
半袖短パンはもう無理ですね。
>金食い虫で困りますが、あるとやっぱり便利なので手放せませんね。
まったく同様です。我が家では「生活必需品」です。


<< ブラック・ダリア@映画 連休最終日は晴れ >>