初氷

仕事や日ハムの応援ですっかりペースの乱れた朝の散歩ですが、
そろそろ「平常運転」に。

今朝も歩いていると、空から聞き慣れない鳥の鳴き声が。
何かなと思って振り仰ぐと、南へ渡る白鳥でした。
見事なV字編隊飛行です。
「お疲れ様、おかえり」
ありきたりですが、こんな言葉しか見あたりません。

しかし、今朝はなんともキツイ冷え込みでした。
無風だったのですが、木々から落ち葉が断続的に落ちていました。
「枯葉よ~」
(またまた、ありきたりで、すいません)
また、日陰になった道路の水たまりには薄氷がはっていました。
また一段と冬の足音が近づいてきました。
c0007388_22551799.jpg

<追記11.4>
連休中日の好日。白鳥会いたさにウトナイ湖にでかけてみましたが、
冬場の結氷時の餌場のあたりには残念ながら白鳥は見当たらず。
しかし、ウトナイ湖は冬しか行ったことがないのですが、結氷していないと、
広い、ひろ~い。遠くに白鳥らしき群れはいましたが、しっかり遠い。即、あきらめ。
ちょうど今朝の新聞にウトナ湖のアライグマ被害の話が掲載されていましたが、
アライグマも人間が自然に離したために野生化したもの。
サンクチュアリを脅かすアライグマも直接的には問題なのですが、そもそもが
ペットを自然に離しただろう、という人間の軽率な行為の所業だから始末が悪い。
かくして生態系が壊される脅威を人間が作り出すことに。ふ~っ。
[PR]
by capricciosam | 2006-11-02 22:56 | 時の移ろい | Comments(0)


<< さようならポール・モーリアさん 梅原龍三郎展@大丸札幌店2006 >>