元祖・湘南サウンド!!@北海道厚生年金会館2006

今夜は若かりし頃、というか二人の幼き頃を求めてカミサンとデートです。
幼き頃というのは、当時は私たちよりもっと上の年代が夢中になっていた、
という程の意味です。

今日はなんとか仕事をがんばってやりくりし、早退できました。ホッ。

会場の満席の客層はどうみてもシニア世代中心、というよりシルバー世代も。
女性は染めていたり、化粧されているせいかやや年齢不詳気味なのですが、
男性は同性のせいか「老人」気味の人がやや目に付く。
特に座っている席から前を見ると男性の後頭部が薄い方がチラホラ。
そうですよね、客層的にはこれで良い筈です。

加山雄三さんはトークで「あと5ヶ月で70歳です」と正直におっしゃっていました。
ザ・ワイルド・ワンズの皆さんも平均年齢は60歳とのことです。
はっきり言って「ジジイ」になった皆さんのコンサートだったのですが、
加山さんの声量は十分で若々しい響き、ザ・ワイルド・ワンズの皆さんもお元気。
「もう一体いくつなんだ」という「老人パワー」に圧倒されまくりでした。
しかし、陽性のエネルギーというのでしょうか、加山さんはオーラありますね。
年齢を感じさせない、やはり「永遠の若大将」です。
もうお二人の孫がいらっしゃるということで、ご自分のことを「ジジ大将」と言って
会場では受けていました(^^)

もう一曲目の「お嫁においで」から有名曲、ヒット曲のオン・パレード。
前半と後半を加山さんが中心となり、中盤はザ・ワイルド・ワンズのみ、
という構成でした。
ザ・ワイルド・ワンズのGS当時のヒット曲は「青空のある限り」「愛するアニタ」
そして、永遠のスタンダード「思い出の渚」。
他はトークと他のGSやニューミュージックのメドレーで、少々遠慮がち。
もっとGS当時のヒット曲を期待していたので、この点は少々残念でした。
c0007388_0294862.jpg

加山さんは昨年芸能生活45周年で全国でコンサートを開いたそうです。
中にはオールリクエストもやられて、ベスト20を選んで20位から
順番に1位に向かって歌う、というコンサートもやられたそうです。
1位になった曲はなんだと思いますか?
そうです、あの曲です。あの曲。
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
正解は「旅人よ」です。当たりましたか。
あの曲のバックコーラスは、なんとザ・ワイルド・ワンズだったんですね。
続く「サライ」とこの曲は会場との大合唱タイムです。
もう、「旅人よ」は大好きなので、大きな声で歌いましたね。
気持ちよかった!

それから自作された曲が現在482曲あり、「K」をつけて整理したのだそうです。
「K」はケッヘルではなく、「弾厚作」「加山雄三」の「K」だとおっしゃっていましたが、
14歳で作られたK1の「夜空の星」はエレキを弾いて熱唱。
アンコールは「君といつまでも」
もう、たまりませんねぇ。
あっ、という間の2時間でした。
(厚生年金会館は久しぶりでしたが、イスは相変わらずなのでお尻が痛い)

コンサートが終わっても、カミサンと何故かニコニコしがち。
お互い心のうちは、十分潤いで満たされた、ということなんでしょうね。
シニア間近世代には懐かしさとともに楽しいひとときでした。
「あ~ぁ、よかった!」
c0007388_029712.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-14 23:57 | 音楽 | Comments(4)
Commented by aiden301 at 2006-11-16 00:41
こんにちは。先ほどの地震の影響の方、だいじょうぶでしょうか?

先日NHKで「つま恋 」を見ました。ライヴの全体・参加の全員がなんかすっごぃイイ感じでした!。:-)
今回のcapricciosamさんのお話もそれにかさなって想い描いてしまいます。:-)
Commented by capricciosam at 2006-11-16 20:50
>aiden301さん、コメントありがとうございます。
>地震の影響の方、だいじょうぶでしょうか?
お蔭様で揺れも感じませんでした。心配した津波大丈夫だったようです。
>先日NHKで「つま恋 」を見ました
私は同じNHKでもドキュメントタッチの映像を見ましたが、あの世代はまさしく団塊の世代そのものでしょうね。あの「イイ雰囲気」は当時の若者だった人たちの同窓意識のなせる技でしょうね。
Commented by rainbowfl at 2006-11-17 19:03
奥様とのデートのために仕事をやりくりして早退。。。なんとお優しい。^^
うちではきっと有り得ませんデス。^^;
オールリクエストの第1位が「旅人よ」だそうでしたが、すみません、私にはとんと予想が出来ませんでした。もちろん「旅人よ」は知っていますけれど(笑)。
最後の4行のコメント。。。それこそ「イイ雰囲気」のお二人が目に浮かぶようで、こちらもニコニコしております。*^^*
Commented by capricciosam at 2006-11-18 06:41
>rainbowflさん、コメントありがとうございます。
>私にはとんと予想が出来ませんでした。
ここは少々言葉足らずでした。加山さんが「みなさん、なんだと思います?」と客席に問いかけるとすぐに、鼻の横に指をあてて「これではないんですよ」と言ったのです。「君といつまでも」のことなのですが、これを聴いて私もとんとわからなくなりました。つまり私も当たりませんでした(^^)


<< 札幌はところにより紙吹雪 初雪 >>