メータ指揮ニューイヤーコンサート@TV

今日から大荒れに向かうとの予報だったけれど、幸い曇り空。
まだ空も泣き出す気配もなさそうなので、カミサンと買い物がてら散歩に。
しばらく雪が十分降っていないので、雪は融ける一方です。
大きな木の周囲では写真のように地面が露出している。
もっとひどく露出しているところもあるが、この時期に
こんな様子を見たなんて記憶にない。一体どうなってるんだろう。
c0007388_235058.jpg

帰ってから、録画しておいたニューイヤーコンサートをみる。
メータもウィーンで学んだ人だけに、外国人ながらウィーン独特の呼吸を
身につけているようで、肩肘張らずに楽々と振っている感じがする。
面白かったのは「エルンストの思い出」
これは、開始早々メータが会場に何事か話して、会場からは笑いが。
曲が進むと、ウィーンフィルの名手のソロが次々展開していく。
ピッコロのソロが終わるとメータが握手を求めに行ったり、コンマスが
会場に何か言ってメータが止めたり、とコミカルな演出も楽しい。
新年の賑々しい、華やいだ雰囲気にはうってつけでしょう。
み終って、ようやく新年が明けた気分になりました。
[PR]
by capricciosam | 2007-01-06 23:50 | 音楽 | Comments(0)


<< さようなら札幌市民会館 60歳でのリメイク >>