それでもボクはやってない@試写会

試写会会場となった客席からはしわぶきひとつ聞こえない。
もちろん、退席する人とてない。
全員が身じろぎも少なく物音ひとつ立てずに、スクリーンを見つめ続けている。
私とて息を凝らし、次の展開がどうなるか、大いに気になって
2時間余りスクリーンを見続けるだけだった。

<以下、ネタバレ的内容ですので、ご注意ください>

周防正行監督の「Shall we ダンス?」は、日常とは別の知らない世界に
一歩足を踏み入れることで始まる「ワンダーランド」を描いて観る者を
ハラハラドキドキさせ、見終わると心温まる想いが残る素敵な作品だった。
今作品も見知らぬ世界に連れて行ってくれるのは同じなれど、観る者の
心が緊張し、真剣に考えざるを得ない、そういう意味でのワンダーな世界
へと連れて行ってくれるのは、異なる点か。
見終わって、主人公は有罪か、無罪か、とまじめに考えている私。
「もし、わたしが主人公と同じ立場だったら…」
「許せないよ、あんな取調べ!! あんな裁判!!」
義憤に駆られ、思わずそう思ってしまう私。
直球ど真ん中で勝負してきた監督の想いがひしひしと伝わったようです。

日本の刑事裁判での有罪率は99.9%だ、と映画で出てくる。
つまり刑事事件で起訴されたが最後、ほぼまちがいなく有罪となる、ということ。
「そりゃ結構、悪い奴が有罪で何が悪いの」とはじめは思ったが、
こと「冤罪」、つまり濡れ衣を着せられて罰せられようとしている場合には、
話はそうはいかなくなる、ということがわかる。
つまり、いったん起訴されたが最後、たとえ冤罪だろうと、ほぼすべて有罪
という刑事裁判の現状って、果たして、一般人の信頼に足るものなのか。
まして、自分が冤罪でその立場に置かれてしまったら…。
「想像したくもない」というのが正直なところではないか。

この映画では本人がやっていないと主張しているにもかかわらず、
一旦犯人扱いされたら、警察の取調べから始まって、検察の取調べ、
あげくの果てには裁判官まで「有罪」という先入観、偏見で向かってくるので、
結局は刑事裁判でやってもいない罪で有罪にさせられてしまう、という
日本の刑事裁判の暗黒面が描かれている。
警察が犯人とみなした人物に対する初動捜査のズサンさ。
警察から送られたでっち上げの調書を鵜呑みにする検察官の決め付け。
左遷や出世を気にするあまりなのか、有罪にしたがる裁判官。
おまけに、裁判ではことごとく「ウソ」をつく証人。
しかも、本人にとって有利な証拠は一向に採用されず、ひたすら
犯人に仕立て上げられるような証拠のみが採用され、でっち上げられていく。
この映画では「満員電車での痴漢犯罪」で、被害者が直接加害者と
おぼしき人間を捕まえた、というケースになっていたが、例え、
被害者に錯誤の可能性があろうとも、警察、検察、裁判官は斟酌せずに、
被害者の言い分は「正しい」と決め付けてくるんですね。
被害者サイドにとってはこれほど頼もしい相手はいない。
が、しかし、濡れ衣を着せられた加害者サイドにとっては勝ち目のないことは
火を見るよりも明らか、で結局、有罪に。
痴漢は許すべきではないが、是非は客観的に判断すべきことは当たり前だし、
冤罪なら裁判で身の潔白を証明できる、と思っていたので、これが刑事裁判の
現実ならとてもじゃないがかかわりたくもないし、正直ゾッとした。
なんとも危うい実態を見せ付けられました。

裁判員制度に関する法律がH16年5月に公布されて、5年以内には
この制度が実施される予定です。
国民も刑事裁判に参加する制度がスタートする訳ですが、
とすると、刑事裁判の現実に自らも直面する可能性がある訳です。
「自分はそんなの関係ない」としか思っていなかったのですが、
この映画を観て、ちょいと真剣に考えてしまいました。
「自分が冤罪に手を貸す可能性も高いのかな?」と。

「Shall we ダンス?」の周防監督とは全くテイストが異なります。
笑いはクスっ程度です。
生真面目で、重い課題をストレートに突きつけます。
み終わっても、心は暖まらず、むしろ冷え冷えとしてくるかもしれません。
ひょっとしたらウケないかもしれません。
でも、ぐいぐいと引き込まれ、考えさせられ、みせられてしまう作品です。
こういう作品こそちゃんとした意味でウケてほしいな。
c0007388_32203.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-01-14 03:09 | 映画 | Comments(6)
Commented by chankin1 at 2007-01-15 21:30
こんばんは。
試写会を観られたんですね。僕も見に行く予定でいます。
深く考えさせられる作品のようですね。
Commented by capricciosam at 2007-01-15 22:09
★chankin1さん、コメントありがとうございます。
>深く考えさせられる作品のようですね
笑いも少なく、起伏の激しいストーリーや派手な音楽もない、法廷がメインの「地味な」映画ですが、訴える力に満ち満ちていると思います。我が国の刑事事件の現実がこの映画にほぼ近いとしたら、例え無実でも無罪にはなりえないことがわかり、ゾッとしました。
Commented by 悠雅 at 2007-02-05 09:05 x
こんにちは。TBありがとうございました。
警察とは、免許書き換えと落し物以外、用もなく暮らしているけれど、
こんなことがこのような流れで、実際に裁判が行われていると思うと、
一体日本とはどんな国かと思ってしまいます。
明日は我が身、気をつけて暮らそう、とだけ言っていても始まらないけれど、
では、どうしたら改善できるのか、と思うと途方に暮れます。
Commented by capricciosam at 2007-02-06 00:19
悠雅さん、コメント&TBありがとうございます。
>では、どうしたら改善できるのか、と思うと途方に暮れます
おっしゃるとおりで、まずは「かかわりたくない」のですが、一市民としては一歩踏み込もうとしても、どうしたらよいものやら、となってしまいますね。
制度に染み付いた考えですから、相当手強いのだろうとは感じるのですが…。
Commented by syunpo at 2007-02-24 20:21 x
先日、観てきました。
これまでの周防作品とは違い雰囲気の重い映画でしたが、長丁場をダレさせない手腕はさすがですね。
日本の刑事裁判では、裁判官の仕事は、「実刑か執行猶予かを決めるだけ」とか「懲役刑の場合なら、刑期の長さを決めるだけ」とか揶揄されてきましたが、本作をみると、なるほどそんなものかもしれない、と思ったりしますね。いろいろ考えさせられる映画でした。

奇しくも、昨日は、公選法に問われた12人の被告に無罪判決が出ました。民事でも、警察が負けていますから、これはよほど酷い見込み捜査だったのでしょう。どのような政治的背景があったのかなかったのかわかりませんが……。
この映画のおかげで、国民の刑事裁判を見る目が少しでも変わっていくのは、良いことだと思います。
Commented by capricciosam at 2007-02-25 00:00
>syunpo さん、コメント&TBありがとうございます。
当地区でもそろそろ上映打ち切りの気配がありますが、よくぞこれだけ長期に上映されたなぁ、という感想を率直に持ちます。地味な内容でも、真摯にかつ上手に作られた作品ならば、きちんとうけるということなのでしょうね。まんざら捨てたものではありませんね。
>この映画のおかげで、国民の刑事裁判を見る目が少しでも変わっていくのは、良いことだと思います。
まったく、おっしゃるとおりで、私もその一人です。


<< 12人の怒れる男@DVD 短信です★2007.1月中旬 >>