ゴアと言えば…

年度末らしく何やかやとあるのに加え、私事も重なってバタバタと過ごしています。
さて、過日とりあげたゴア氏をめぐってこんな記事を目にしました。
次のように発言されています。
「私は地球温暖化と言わず、気候クライシス(危機)と呼ぶ。
気候クライシスは科学、政治だけの問題ではなく、個人に至る倫理の問題だ」
う~ん、さすがです。
その見識の高さと行動力は「地球の大統領」にふさわしいような印象を受けます。

ところで、ゴアという名に関しては、幼い頃見た手塚治虫さんの
「マグマ大使」のTV版に次のような場面があったように記憶しています。
ちょっと記憶があいまいなのですが…
(主人公の少年が空に浮かぶ円盤を指差して)
「あっ、あれはなんだ」
(すると、円盤に乗船しているらしい悪役が次のように言います)
「私の名はゴア、地球を征服しにやってきた」
(すると、主人公が次のように叫んで、笛を吹く)
「マグマ大使!」ピロロロロ~ン

なんでこんな話を引っ張り出したか、というと、
駄作をひとつ捻りたいがためです。そこで、ひとつ。

同じゴアでも 昔は征服 今は救出

お後がよろしいようで…

★1.20記事「不都合な真実★映画」に追記しました。
[PR]
by capricciosam | 2007-02-23 00:07 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by むぎ at 2007-02-26 22:47 x
ごぶさたしております。

遅ればせながら、先日「不都合な真実」観てまいりました。
また、同じ日に「墨攻」も観ました。
「墨攻」の感想は後日として、「不都合~」のほうは、本日感想をアップしましたので、こちらにTBさせていただきました。

ゴア元副大統領、私も真っ先にマグマ大使を思い出したクチです。
Commented by capricciosam at 2007-02-26 22:59
>むぎさん、TB&コメントありがとうございます。
>私も真っ先にマグマ大使を思い出したクチです
アハハ、嬉しいですねぇ、そう言っていただいて。クリントン政権で登場した時から、報道でゴア氏の名前を目にするたびに記事で書いた場面が
よく思い浮かびました。


<< 鈍感力 墨攻@映画 >>