Bee@花ホール2007

ピアニスト及川浩治(①)を中心として、
石田泰尚(神奈川フィル・ソロ・コンマス、②)、
石川祐支(札響首席チェロ、③)によるトリオの本道初の演奏会。

「究極のトリオ・パフォーマンス」と名打った演奏会は2部構成で、
三人がトリオ、デュオ、ソロと組合せを変えて進むが、聴く者を飽きさせない。
それは、三人が優れたテクニックに裏打ちされた中で表現を追及しよう
とするからなのだろう。
しかも、常設ではないにもかかわらず、合奏のズレはほぼ感じさせない。
ほぼ出ずっぱりで及川が二人を引っ張る形で進み、
腕の達者な石田と石川の両人が合わせていくのだが、
ピアソラからクラシックの小品、そして本格派まで、楽しいひと時だった。

以下、当夜の曲を演奏順に。
スタートはピアソラ(①+②+③)
「アディオス・ノニーノ」「天使の死」「リベル・タンゴ」
及川がマイクを持って他の二人に「ピアソラが好き」と言わせていたが、
気持ちはともかくとして、聴きごたえはあった。
しかし、及川のタッチはアグレッシブで、力強い。
リスト「ラ・カンパ゜ネラ」(①)には打ってつけだったが、
ニュアンスがほしい曲が多い中では、いささか一本調子に感じられた。
クライスラー「愛の悲しみ」(①+③)では石川がヴァイオリンの名曲を
チェロでしっとりと演奏する。
モンティ「チャール・ダーシュ」(①+②)では石田の技巧に会場が沸く。
前半の締めくくりはラフマニノフ「悲しみのトリオ」第2番からフィナーレ
(①+②+③)

後半は三人本来のクラシックを表す燕尾服に着替えて表れ、
ベートーヴェン「大公」第一楽章(①+②+③)からスタート。
クライスラー「愛の喜び」(①+②)
フォーレ「夢のあとに」(①+③)石川のチェロにうっとり。
ラフマニノフ「ヴォカリーズ」(①)チェロを中心と思ったら意外や意外
ピアノソロだったが、叙情たっぷりに聴かせてくれた。
モーツァルト「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲」(②+③)
及川が休んだのはこれ一曲のみ。
R・コルサコフ「熊蜂の飛行」(①+②+③)
3人の早弾きに会場は大受け。
後半ラストはメンデルゾーン「ピアノ三重奏曲」第一楽章(①+②+③)
トリオとしてクラシックのみの演奏会を開いているのか、不明なのだが、
ベートーヴェンやメンデルスゾーンも全曲聴いてみたい気持ちにさせる
うまさが感じられた。
c0007388_23505122.jpg

花ホールは札幌のお隣北広島市にある座席数約600の小ホール。
正式名は「北広島市芸術文化ホール」音響は良いようですが、
聴いた席ではやや響き過ぎるような気がしました。
届いたばかりの季刊ゴーシュ第9号でもちょうど紹介されていましたが、
自主的取組も熱心にされているようで、がんばっているようです。
[PR]
by capricciosam | 2007-03-02 23:50 | 音楽 | Comments(4)
Commented by syunpo at 2007-03-03 22:21 x
及川浩治さんは、2003年、PMFオーケストラと来阪して、チャイコの1番を演奏したのを聴いたことがあります。大変に情熱的な演奏(曲自体がそうですが……)をするピアニストという印象でした。
記事を拝読し、トリオでの演奏も一度聴いてみたくなりました。
Commented by capricciosam at 2007-03-04 06:10
>syunpoさん、コメントありがとうございます。
>2003年、PMFオーケストラと来阪して、チャイコの1番を演奏
及川さんがPMFに参加されていたなんて、地元にいながら知りませんでした。これはうかつでした。この年は前年までの音楽監督デュトワが辞めて、現在のような首席指揮者・客演指揮者体制になった初年目でした。
>大変に情熱的な演奏
当夜の演奏からも、そんな印象でしたね。Bee自体は全国で演奏活動をしているようですから、お近くでも機会がある時にどうぞお聴きになってみてください。
Commented by yoyogi39 at 2007-03-05 18:46
私も土曜日、花ホールに行ってきました。音楽に全く関係ない集会で。
Bee、エネルギッシュで素敵なトリオですね。
全国誌でも紹介されていましたし、東京公演のチラシもあちこちで見ました。ますますの活躍を期待!
残念ながらBee行けませんでしたが、札響2月定期で石川さんのショスタコーヴィチのチェロCを2日連続で聴かせてもらいました。
Commented by capricciosam at 2007-03-05 23:33
>yoyogi39さん、コメントありがとうございます。
>Bee、エネルギッシュで素敵なトリオ
腕達者ばかりですから、一聴の値はあると思います。
>札響2月定期で石川さんのショスタコーヴィチのチェロC
評判では、たいそうな名演だったようですね。その名演を二日連続ですか、随分堪能されたのではないでしょうか(^^)


<< 最後のジャズ入門@幻冬舎新書 スズメ定点調査結果・2月分 >>