カラヤンとフルトヴェングラー@幻冬舎新書

クラシックを聞き始めた頃は、「クラシックと言えばカラヤン」
という世間で流布していた(と思われる)この言葉を鵜呑みにしていた。
つまり、カラヤンとベルリン・フィルの演奏を「最高」のものと信じていた訳だ。
当時の「何でもアメリカが一番」という感覚からすると、オーケストラの一番が
ドイツというのは、ちょっと不思議に感じたものだ。

本書ではそのベルリン・フィル首席指揮者の座が3代目フルトヴェングラー
から4代目のカラヤンに移るまでの両者の凄まじいかけひきが描かれている。
というよりも、大半はフルトヴェングラーの異常な猜疑心により引き起こされる
カラヤン排斥の動きとカラヤンがいかに対抗したかということなのだが、
まさしく「暗闘」と言っても過言ではない。
ともにヒトラー=ナチズムの台頭により翻弄されていくことは変わりないが、
微妙なタイミングのズレや陽の当たるポストにいなかった幸運等、何が幸いし、
何が災いするかわからない、という点ではまったく驚きの連続であった。
しかし、両者ともかけひきの要では、ここぞとばかりに自己主張しまくるのは、
やはり座をかけた戦いでは人間性をむき出しにして戦わざるを得ないからか。
地位、権力、名誉は、それを求める人には得てして似たような行為を求める
ということなのだろう。

本書の中でフルトヴェングラーの性格は「優柔不断」である、と何度も出てくる。
録音された演奏や世評からは、もっと颯爽とした決断力に富むような人と勝手に
想像していただけに、これには驚いた。
異常な猜疑心と優柔不断。
その上、長身のハゲ頭なのだから魅力ないなぁ、と思っていたら、女性には
えらくもてたようで、非嫡出子は十人以上との説もある、と知りたまげてしまった。
ただ、その優柔不断さに起因する対外的にわかりにくい行動が、戦後大いに
フルトヴェングラーを苦しめることになるのは、なんとも教訓的。

それから、ポストフルトヴェングラーの本命と思われていた
チェリビダッケが何故去らねばならなかったのか。
これはカラヤンとの暗闘などではなく、チェリビダッケの「自滅」というのが
ふさわしいようで、これもなかなか興味深かった。
確かに、ひとつのポストをめぐって勝者と敗者が生じることはやむを得ないこと
なのだろうが、三人三様の生き様には考えさせられる。
しかし、本書では特段言及されていないが、三人に共通していたのは
演奏芸術を統率する指揮者としては各々優れていた、ということだ。
その上での「かけひき」や「暗闘」なのだから、ドロドロ度が桁違いなのだろう。
c0007388_12201332.jpg

カラヤンもフルトヴェングラーも、戦後の非ナチ化審査を通過しなければ
公の場での演奏活動に復帰できなかった。カラヤンは復帰できない間に
英国EMIとの間でレコード録音を着実に進めた。そして、1947年、
フルトヴェングラーに3ヶ月遅れて復帰したカラヤンがウィーン・フィルと
録音した最初の曲がブラームスの「ドイツ・レクイエム」だった。
カラヤンは生涯に繰り返しこの曲を録音しているが、その一回目となった。
ヒストリカルな割りに音質は良いほうで、後年の録音に比べ颯爽としたいきおい
や熱気を感じる出来となっている。
c0007388_124845.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-03-25 12:28 | 読書 | Comments(2)
Commented by f16fightingfalcon at 2007-03-28 01:50
こんばんは、TBありがとうございました。当方からもTBしました。やはりcapricciosamさんもこの本お読みになりましたか(笑)。いま、改めて70年代のカラヤンの演奏を聞いてみると、アバドやラトルとぜんぜん違った力強さがありますね。これがカリスマ指揮者のなせるわざか、と思っております。金管など、まったく体育会系の響きです。若いころの録音はあまり聞いたことないですが、さらに颯爽としているのでしょうね。
Commented by capricciosam at 2007-03-28 07:11
>f16fightingfalconさん、TB&コメントありがとうございます。
>70年代のカラヤンの演奏を聞いてみると、アバドやラトルと
 ぜんぜん違った力強さがありますね
アバドやラトルと比較されていますが、私もそう感じます。カラヤン自身の演奏でも60~70年代の演奏が充実度は最高なのでしょうね。とりあげた録音は若々しい覇気とか勢いが印象深いのですが、独唱者が素晴らしいせいか演奏も当時としては充実しており、カラヤンのドイツ・レクイエムとしてはベストに挙げられる方もいらっしゃるようです。


<< 久しぶりの散歩 春らしく…なのか、春だというの... >>