札幌交響楽団第498回定期演奏会@Kitara2007

今年初のフルオケかつプロオケの演奏会です。
昨年から札響の定期演奏会での評判が高まっていたので、
今年は少し足を運びたいな、と考えています。

広上さんの指揮で聴くのはこれが2回目。
一回目は首席指揮者を務めていたノールショピング響で、10年以上も前のこと。
あの時はモーツァルト、チャイコフスキー、ドヴォルザークと「名曲コンサート」の
趣きで、やや木目の粗い、厚みに欠けた音づくりながらも、
若々しい響きで、うまくまとめているな、という印象でした。
当時からオケを引っ張る力は十分な方のように思いましたが、今回も一曲目
ヴェルディ「シチリア島の夕べの祈り」序曲から全身を使って、表情豊かに、
大胆かつ余裕を持ってオケをドライブしていくような感じです。
それにオケもよく応えています。最初から、期待がふくらみます。

二曲目はベートーヴェン「ピアノ協奏曲第4番」
ソリストの小菅優さんが実は、本日のお目当て。
以前TVで拝見して、そのタッチの瑞々しさ、音の透明さに俄然興味が湧いて、
すぐ今回聴きに行こう、と決めたのでした。
耳になじみやすい第3番と第5番の間にあって、ちょっと雰囲気の変わった
この曲ですが、小菅さんのピアノは強奏でも音が濁らず、まるで音の粒が
立っているかのように明瞭で、期待に違わぬ演奏は十分満足すべきものでした。
オケも編成を小さくして、広上さんも寄り添うような指揮に徹している感じです。
鳴りやまぬ拍手に応えて、アンコールはシベリウス「トリューズ」。
初めて聴きましたが、まるでポップスのようで、素敵な小品でした。

三曲目はベルリオーズ「幻想交響曲」
聴き所満載のこの曲で、再び「広上ワールド」が炸裂です。
広上さんの指揮はメリハリを効かして、頻繁に各パートに左手親指を立てては
満足そうな表情を浮かべます。そうして、全体を見事にドライブしていきます。
実際、札響のみなさんの演奏は各パートの乱れも感じられず、
一体となって燃焼している感じで、見事なアンサンブルだったと思います。
この一曲だけでも、フルオケを聴く醍醐味は十分得られました。
なるほど、昨今の評判の高さの一端に触れた感じでした。

昼公演でしたが当日券はなく、会場も90%以上の入りのほぼ満席でした。
チケット購入時点でお目当ての席がなく、いつもは選ばないほうの席だった
のですが、第三楽章でオーボエソロがすぐ側で聴けたり、
第5楽章の「鐘」を打つのがよく見えたりと、楽しめる席でした(^^)
c0007388_23431286.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-28 23:53 | 音楽 | Comments(0)


<< 小旅行ふたたび M・ロストロポーヴィッチにまつ... >>