カタカナ

■ ニセコ町、南アルプス市もあるか

  「南セントレア市」には正直驚いた、というか
  冗談だろう、本気か、ところでどこにあるんだ、
  なんとも気恥ずかしいなぁ、…
  様々な思いが駆けめぐるくらいにあっけにとられた。
  
  町の名は、その町が日本のどこに位置するか、
  どんな特徴があるのか、風土か、歴史か、名産か…
  なんらかの由来があることで、その町を外界に説得力を
  もって発信し、かつその町に住む人の心の安寧や
  アイディンティの確保にも貢献しているハズ。
  いずれにせよ、たいして由来がないとしたら、世間の人の
  少なくともその町に住む住民の理解が得られる根拠が
  必要だろう。
  今回の場合、合併協議会が候補にもなかった南セントレア市
  をもちだしたらしいのだが、いずれ開港する中部国際空港の
  南に位置するのでその愛称に南をつけた、という至極単純
  かつあっさりとした理由らしい。
  平成の大合併の進行でこんな珍妙な話も起きてきたようだ。
  外来語として定着したアルプスや地名のニセコと違って、
  新造語にすぎない、しかも定着するかどうかもわからないのに
  大胆な話だなぁ、と思っていたら、どうやら苦情と抗議が殺到
  したらしい。抗議のブログも見つけた。
  それも、今日に至って白紙に戻して住民投票にかけるらしい。
  もっと心落ち着く、納得しやすい町名になるといいね。 
  ただし、南セントレア市も候補のひとつとして残ったらしいので、
  まだまだ要注意か。
    
  
[PR]
by capricciosam | 2005-02-09 23:30 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 一気に ヒョー、ショー、ジョウ >>