ダイ・ハード4.0@映画

ダイ・ハードから18年。
ダイ・ハード3から12年。

<以下、ネタバレ的内容を含みますのでご注意ください>

1作目、2作目では、夫婦の離婚の危機を実際の危機が救った
かのように思えたものの、3作目では離婚したことが判明。
そして、4作目では学生にまで成長した娘ルーシーが登場するが、
主人公のジョン・マクレーン刑事は心配のあまり娘のデートを
ぶちこわし、愛する娘に激怒されてしまう。

「おまえはルーシー・マクレーンじゃないか」
「いいえ、私はルーシー・ジェネロよ」

娘にまで拒絶されてしまうダメオヤジぶりが、逆にこのド派手なシリーズを
貫くテーマである夫婦愛や家族愛を明確にする。
「何故こんな目に遭うんだ」
1作目から主人公が発するこのセリフ。
これは己が運の悪さを嘆きつつ、悪党に立ち向かう職業意識だけではない、
自らの崩壊した家庭と、家族への思いが隠されているのではないか、
とチョイと深読み。

今回ダメオヤジが愚直に立ち向かったのは、ハイテクに長けた悪党。
7/4独立記念日にデジタルネットワーク化された全米のインフラを
ハッキングして機能をマヒさせてしまう。
(これを「ファイヤー・セール」投げ売り、とは、へぇーという感じでした)
おなじみの20世紀フォックスのオープニングで、サーチライトが消え、
画面がぶれ、フリーズ気味に消えるという暗示的な演出は楽しい。
悪党曰く
「ジョン、おまえはデジタル時代の鳩時計だ」
高度にハイテク化が進んだ時代に、くたびれたローテクダメオヤジが
かなう訳ないじゃないか、という一見圧倒的不利な状況を
次々打破してしまうのが、このシリーズの醍醐味。
ただ、シリーズものの宿命か、アクションシーンはスケールアップし、
マクレーン刑事のヒーロー度も高くなったような気がする。
その分、1作目に登場した時の裸足のランニングシャツ姿で、
やたら目をむいて立ち向かっていた身の丈サイズのヒーローでは
なくなっている。設定でも年代的に50歳程度(ブルース・ウィリスは52歳)
になるのだろうから、酸いも甘いも知り尽くした「大人」の雰囲気をもった
ヒーローであることは妥当なところなのだが、ただマクレーン刑事には
「スーパーヒーロー」にだけはなってもらいたくない。
やはり、彼はあこがれよりも共感とともに我々を奮い立たせてくれる
「ダメオヤジ」ヒーローであってもらいたい。

そう言えばローテクダメオヤジの象徴に使われていた音楽がCCR。
現代青年のハッカーがうるさそうにボリュームを絞ろうとすると、
マクレーンがボリュームをあげる。
この場面を見て「CCRは今の時代には受けないのかもなぁ…」
(最後もエンディングでCCRが流れていましたね)
ジョン・フォガティの荒削りな野太いヴォーカルを「懐かしい」と感じる、
そっか、オレもローテクダメオヤジの類なんだよなぁ…
c0007388_23121440.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-07-01 23:12 | 映画 | Comments(14)
Commented by f16fightingfalcon at 2007-07-03 06:45
おはようございます。ご無沙汰しています。私も映画の日に見てきました。ローテク親父がハッカーとコンビを組むあたり、よくできていたなあと思いました。ハイテク悪党をひとりでやっつけたら、それこそスーパーヒーローですが。
ところで、当方転勤などありまして、1ヶ月ほどサボっていますがようやく落ち着いてきました。
Commented by capricciosam at 2007-07-03 21:07
>f16fightingfalconさん、コメントありがとうございます。
 こちらこそご無沙汰しています。
>当方転勤などありまして、1ヶ月ほどサボっています
ブログが更新されず、相変わらずお忙しそうだな、と思っていたんです  が、転勤だったんですね。新しい環境には慣れましたか?
>私も映画の日に見てきました。
 御同様です。久しぶりに大画面で観るのは楽しかったですね。
Commented by non at 2007-07-04 07:45 x
こんにちは♪ TBありがとうございました☆
この時代にアナログロックは、寧ろ格好いいですよね(^^)
アナログでも力強くて頼りになって、ものすごいアクションを見せてくれるおじさんに、
すっかり楽しませてもらいました♪
Commented by えい at 2007-07-04 09:41 x
こんにちは。

ぼくもCCRはアルバムを買うほど大好きでした。
この映画で流れてきたときは
とても嬉しかったです。
なかでも
「フール・ストップ・ザ・レイン」のノリが好きかな。
Commented by ミチ at 2007-07-04 16:41 x
こんにちは♪
TBありがとうございました。
こちらからのTBが不調でスミマセン。
久しぶりにスクリーンに帰ってきたマクレーン。
髪は薄くなってもアクションは若い頃よりデキル男になっていたような?(笑)
こんな時代だからこそアナログな彼がより一層カッコよく見えました。
Commented by dosanko0514 at 2007-07-04 22:17
はじめまして、TBありがとうございます。
エキブロのTB停止があって、映画好きの方々からのTBが減って、ちょっとさびしくなっておりまする。

マクレーン刑事、決して、ハッカーたちにすり寄らず(というか、無理だと思いますが・・・)、アナログなアクションを押し通すところに、同世代として、拍手を送りたいところです。

サイバーテロがあれほどうまくいくほど、ネットは軟くはないと思いますし、F35相手で無事なのもどうかとは思いますが・・・、まあ、フィクションということで・・・(笑)
Commented by capricciosam at 2007-07-04 23:56
>nonさん、コメントありがとうございます。
>この時代にアナログロックは、寧ろ格好いい
おおーっ、そう言っていただけますか。CCRのサウンドはなにやら「破壊力」を感じるのです(^^)
Commented by capricciosam at 2007-07-05 00:03
> えい さん、コメントありがとうございます。
>ぼくもCCRはアルバムを買うほど大好きでした
おおーっ、そうなんですか。私もまさか現代の最新作で出くわすとは、思いもよらないことで、ニヤっとしちゃいました。「やるなー」
Commented by capricciosam at 2007-07-05 00:07
>ミチさん、コメントありがとうございます。
>アクションは若い頃よりデキル男になっていたような?
さすが、歳は隠せませんから、第1作からは確かに容貌は変わりましたが、それにしてもアクションに次ぐアクションに「シンジラレナイー」でした。
Commented by capricciosam at 2007-07-05 00:15
>dosanko0514さん、TB&コメントありがとうございます。
>アナログなアクションを押し通す
ハイテク化が進んだ社会も脆弱性は潜むことを、アナログおやじが証明してくれた訳ですが、私もシニア世代として「拍手」です(^^)
>F35相手で無事なのもどうかとは思いますが
ハハハ、まったくそのとおりで荒唐無稽ではありますが、「まあ、フィクションということで・・・(笑)」異議ありません(^^)
Commented by とんちゃん at 2007-07-05 21:55 x
こんばんは~★
TB有難うございました^^
何度か試したのですが、エキサイトブログ全般に、こちらからのTBが入らないみたいです。
なのでコメントにて失礼します。
今作でも、私は大いに楽しめましたが、でも悪のボスがイマイチな事と
マクレーンが、タフなのは認めるけど、お茶目さがなくなったような気がして少々淋しかったです^^
Commented by capricciosam at 2007-07-06 01:36
>とんちゃんさん、コメントありがとうございます。
TBの件、エキサイトが一時不調に陥った一因がTBだったようなので、なんらかの制限があったのかもしれませんね。恐れ入ります。
>悪のボスがイマイチ
確かに、前3作に比べ「凄み」は不足していたような気はしますね。
>お茶目さがなくなった
設定としても、また実際にも「年とった」ことによる「訳知り顔」的変貌の現れなのかもしれませんね。アダルトっぽいんでしょうね。
Commented by ポップス at 2007-08-08 18:00 x
映画の内容は言わないが!やはりCCR、3DN時代の音楽は、いいね~、今の若者はしらないだろうが?1967~1973年は最高で~す!by阿部慎之介より
Commented by capricciosam at 2007-08-09 21:32
>ポップスさん、コメントありがとうございます。
>やはりCCR、3DN時代の音楽は、いいね~
CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)とか3DN(スリー・ドッグ・ナイト)は当時のヒットポップスメーカーでしたね。懐かしいです。


<< PMF2007のはじまり、はじまり 身近な自然環境 >>