党首討論はじまる

今朝は散歩を終えてTVを観ていたら、参議院選挙間近のせいか、
党首討論が各局で放送されていました。
全部生放送のようで、党首のみなさんは大変だったでしょう。
ところで、今回の選挙、争点は多岐にわたるのでしょうが、
やはり、国民のひとりとしては「年金問題」には大きな関心があります。

「納めたのに、もらえない」

「国家的振込め詐欺」とは、うまい例えだなぁ、と関心しきり。
でも、討論の中で前長野県知事の田中康夫さんが
「100年安心といったのに、たった4年で見直さざるをえなくなった。
年金制度が液状化現象を起こしている。」
「また、年金制度を啓蒙するために使える、といった道を残しているが、
第二のグリーンピアになりかねない」
との発言は、目先の5000万件問題に拘泥しているような論戦が
続いてしまいがちなのに、ことの本質の深刻さを突いていましたね。
「ホント、もらえるんだろうか!?」
でも、この件に関してはあきれると同時に、やはり「怒り」ですね。
各党の言い分をじっくり聞いて投票に行こうと考えています。

散歩していたら、なにやらへんな香りが。
栗の花でした。
もう、そんな時期なんですね。
c0007388_01255.jpg

さて、開幕したPMFですが、今回首席指揮者を務める
リッカルド・ムーティ氏は7/5に来道し、連日オケ相手にリハーサル中の様子。
リンクさせていただいている代々木よもやまさんが今年も聴講生となって
連日リポートされています。
拝見するのが楽しみなんですが、オケの仕上がりも順調のようです(^^)
[PR]
by capricciosam | 2007-07-08 23:58 | 時の移ろい | Comments(0)


<< ムーティ&PMFオーケストラ@... PMF2007のはじまり、はじまり >>