札幌交響楽団第501回定期演奏会@Kitara2007

今日もらった定期公演誌に「音楽監督に聞く」というコーナーがあり、
「501回以降への意気込みは?」という問に対し尾高監督が
「…札響にとってチャイコフスキーは重要なレパートリーであり続けて
きました。僕にとってもN響の研究員時代から大切な作曲家で、(略)
若い時代に何十回と指揮したものです。(略)札響が大きな節目を迎える
今年、楽団にも自分にとっても原点のひとつといえるチャイコフスキーに
またじっくりと取り組みたいと思いました。…」と答えている。

なるほど、季刊ゴーシュ第11号のP12の「札響の森へ」には
定期演奏会で取り上げたランキングが載っており、チャイコフスキーは
作曲家別では4位、作品別でも交響曲第5番と第6番が同じく4位である。
監督の言われるとおり、「重要なレパートリー」であることは間違いない。
交響曲第5番は、かつてCDも販売されていたように記憶している。
それに、若い頃に聴いた無料の札響演奏会も、どういう訳か
交響曲第5番が比較的多く演奏されていたように記憶しているが、
お陰でmy favoriteな曲のひとつになった。
そんなこんなで、今回の定期には大きな関心を抱いてでかけた。

さて、肝心の「交響曲第5番」であるが、一昨年の聖響&都響以来。
あの時は充実した響きの割に妙に明るさを感じて、あれはあれで
快演だったのだが、この曲のもつ性格とはちょいと違うような気がしていた。
今回の尾高&札響は底流に流れるほの暗い情念を程よく感じさせてくれる
本来の意味での好演であったように思った。案外バリバリやられるよりは、
この曲はちょいと屈折気味な熱演にホッとするのは私だけか。
ところで、第2楽章ではホルンが活躍するのだが、当時は窪田克巳さんの
ソロに惚れ惚れと聴いていたものだった。退団されてからの消息は
とんと聞かないが、今日はまたあの音色が妙に懐かしくなった日でもあった。

2曲目に演奏された「弦楽セレナーデ」は徹頭徹尾、音を鳴らしてもらっても
あるいは室内楽でも楽しむように聴かせてもらっても、どちらも楽しい。
1曲目の交響的バラード「地方長官」が終わると、管打楽器だけがひっこんで、
増強された弦楽パート全員がステージに残ったのを見た時は、
「こりゃ凄いことになるかな」と内心ビックリしたが、聴き終わっても
どうにもスッキリしない。弦の厚みの割には音が抑制気味で迫力に欠け、
かと言ってそれほど親密な訳でもない。
よくまとまってはいたのですが、両方の要素が混在しているようで、
私の中では「どっちかにしてくれ」という不完全燃焼のような気分が残りました。
1曲目は初めて聴きましたが、演奏うんぬんよりも曲自体がなんともしまりがない
感じで、また聞きたいか、と問われれば「?」ですね。

尾高監督は全曲暗譜で通されていましたが、
演奏自体のドライブは、任せて安心というどこかのCMといっしょ。
尾高&札響の充実の一時であることは間違いないのだが、
拍手とほめ言葉に安住することなく、
さらなる高みを目指していただきたいものだ、と思いました。
c0007388_22112111.jpg

<蛇足です>
あわてて出かけたので半袖でしたが、日が落ちてもなんとかなりました。
昨日は札幌も過去最も遅い真夏日を記録したようですが、これも温暖化!?
[PR]
by capricciosam | 2007-09-22 22:11 | 音楽 | Comments(0)


<< 秋晴れ 議会二題 >>