も・く・と?

いよいよ福田内閣がスタートするようですが、これで国会も運転再開ですか。
この間は国会も休会中と思っていたら、ニュース等では「開会中」とのこと。
この間の停滞で一体どれくらいの財政的ロスが生じたのでしょうね。
国会が開会されると一日当たり1~3億円くらいかかるとの説がありますから、
本会議や委員会は開かれなくとも、億単位でロスが生じたと推定して
良いのでしょうか。超借金国なのに、なんとも、もったいない。
<9.27追記>
北海道新聞によると、国会の経費は一日当たり約2.8億円かかるので、
13日間の開店休業により約37億円がムダになったようです。
あ~ぁっ、もったいない。
しかも、国会議員は13日分の歳費として、一人当たり78万円を手にする
計算になるらしいのですが、「歳費の返上」なんて声はあがらないそうです。
この壮大なロスのきっかけを作った張本人も、そうなんでしょうね…、はぁ…


ところで、町村官房長官が閣僚名簿発表の最後に、
福田総理の初会見時間を説明する時に、
「…9時半をもくととして…」とおっしゃっていました。

「へっ!? も・く・と!? めど、じゃないの」

手元の国語辞典を調べたら、ありました。
「目途」は「もくと」「めど」どちらの読みも可能なんですね。
この歳まで知りませんでした。
内閣会見で国語の勉強になりました。
[PR]
by capricciosam | 2007-09-25 23:57 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by syunpo at 2007-09-26 09:10 x
従来は「誤り」とされていた読みでも、誤る人が多いとそれも「良し」とするのが、最近の傾向ですね。「発足」は、私が小学生の頃は「ほっそく」以外はバツだったのに、今では「はっそく」でもOKのようです。
「もくと」が、その例にあたるのかどうかわかりませんが、一般的に「みんなで間違えれば、正解になる」というのが、日本語の世界のようです。
政治家の規範やルールが、そうなっては困りますが(苦笑)……。
Commented by capricciosam at 2007-09-27 06:36
>syunpoさん、コメントありがとうございます。
>誤る人が多いとそれも「良し」とする
おっしゃるとおりで、誤用が定着する例はあるようですね。以前読んだ「問題な日本語」でも誤用の例として「新しい」は本来は「あらたしい」だったとありました。同書によると今では「雰囲気」「お騒がせ」あたりも読みが怪しいらしいです。
>政治家の規範やルールが、そうなっては困りますが
おっしゃるとおりで、これはあってはならないことです。


<< 嬉しいのか、惜しいのか@VS楽天 秋晴れ >>