いくらヒールとは言え…

昨夜の内藤大助VS.亀田大毅の世界タイトルマッチ

道産子の内藤選手を応援していましたが、それにしても
亀田選手の態度が試合の前後も含めて最悪でしたね。
試合終了後のインタピューでの内藤の言葉
「国民の期待に応えた」
「亀田は手強かったが、ポンサクレックより全然弱かった」
には会場は大受けでしたが、そりゃそうでしょう。

試合前もチャンピオンの内藤に対して「ゴキブリ」だの
「負けたら切腹する」だのと言いたい放題。
いくらボクシングでは相手を挑発する手口とは言え、やりすぎ。
敗戦後に会場を去る亀田に対して周囲の観客から「切腹」との
ヤジが飛び交っていたのは、当然の報いでしょう。
大体、因縁もなしに、すぐケンカを売っていくことで自己の体面を
繕う態度がヒールそのもの。相撲の朝青龍でも問題になっている、
その分野でのトップクラスの「品格」を問う話です。

試合中も最終回のクリンチしてからの投げには唖然としました。
白黒テレビの時代からこの歳まで観てきた身としては、
あんなレスリングのようなあからさまな反則行為は見た記憶がありません。
この行為をした段階で失格という判断をすべきだった、という意見もあるとか…
おまけに、セコンドについた親や兄から反則を促す指示がでたということで、
JBCが調査に入ったとのこと。
あの傲岸不遜な態度には不快な思いを抱いていましたが、
親子ともどもここはお灸をすえるべきです。

試合後も判定を聴くか聴かないうちに、勝者を讃えることなく会場を後にする。
フェアプレーのかけらもない。
例え18歳だからといっても、プロである以上、精神の未熟さを露呈しています。

応援していた選手が勝ったから良かったという前に、
なんとも不愉快な思いが残った一戦でした。
<追記10.15>
JBC倫理委員会の処分決まる。
亀田大毅…ボクサーライセンスの1年間停止
亀田史郎…セコンドライセンス無期限停止
亀田興毅…厳重戒告
金平桂一郎(協栄ジム会長)…クラブオーナーライセンスの3カ月停止

JBCが「世界タイトルマッチへの冒涜」のような発言をしていたし、
元チャンプたちの多くも厳しい処分を認める発言をしていたのはもっともでしょう。
なんといっても「世界タイトルマッチ」=「最高のステージ」なんですから。
ボクシングの最高の舞台で「汚い勝ち」なんて見たくありません。

今回の騒動に関してアントニオ猪木が、
「おやじの手から離れ、(海外)武者修行に出ればいい。」
と発言をしているのをネットで知りました。
父親やテレビ局に庇護されて作り上げられた虚しい環境から飛び出して、
一からやり直すことでしか内面の成長は期待できないでしょう。

[PR]
by capricciosam | 2007-10-12 23:58 | 時の移ろい | Comments(4)
Commented by むぎ at 2007-10-13 11:51 x
サムディさん、おはようございます。

ボクシングにはほとんど興味がなく、
この試合もあまり気にしていませんでしたが、
試合当日の直前のニュースで亀田大毅の不愉快なインタビューを見て、
内藤選手という方はよく知らないながら、絶対に勝ってほしいと思いました。

今日のニュースなどでは、JBCが大毅に対して厳しい処分を検討中とのことですが、当然ですね。
Commented by capricciosam at 2007-10-13 18:02
>むぎさん、コメントありがとうございます。
>JBCが大毅に対して厳しい処分を検討中
ボクシングに関心のない方も眉をひそめる無礼かつ常識知らずの態度では反感を買って当たり前です。TVで見ていても会場の声援も圧倒的に反亀田でしたね。試合中も目に余る反則行為が行われていたようですから、キツイお灸をすえるべきでしょうね。
Commented by tokkey_0524zet at 2007-10-13 22:02
私もこの試合TV中継を見ていましたが、「破天荒」というよりただの「礼儀知らず」ですよね~^^;。この親にしてこの子あり。
そろそろメッキが剥げてきたかな。
Commented by capricciosam at 2007-10-13 22:50
>tokkey_0524zetさん、コメントありがとうございます。
>この親にしてこの子あり
どんな事情があったのかは知りませんが、男手ひとつで子供3人を育て上げたことには一目置くものの、他者へのがむしゃらな敵意をスタイルとする自らの無礼なやりかたを子供もまねた悲劇としか言いようがありませんね。


<< 気がつけば秋も深まる そば&お酒 >>