メジャーリーグを巡る話題

メジャーリーグで活躍する日本人選手の話題を目にしない日がないくらい
当たり前的感覚なのですが、なんと言っても近年のパイオニア的役割を
果たしたのは「野茂英雄投手」です。
1995年近鉄からドジャースへ
2005年にはデビルレイズで日米通算200勝
2006年には3Aを解雇され、右ひじを手術
そして2007年、ベネズエラのウィンターリーグで投げていました。
39歳の挑戦は忘れたくない。

そのメジャーリーグもR・ソックスが勝って、ワールドシリーズでの
旧西武時代の同僚同士の対決、という点がクローズアップされています。
確かに、私も大いに関心があります。
それにしても不思議なのは、岡島に対してのマスコミの扱いです。
昨年は日本シリーズで日本ハムの中継ぎとして活躍して優勝、
そして今年はワールドシリーズ出場ですから、
日本シリーズ、ワールドシリーズと2年続けて優勝決定戦を戦う日本人選手
としては初の快挙と言っても良いのではないでしょうか。
ネットで関連記事を見ても全然触れていないのは、はて?

23日にはヒルマン監督のロイヤルズ監督就任会見。
メジャーのユニフォームに袖を通して会見していると、やはりちょいと複雑。
そうこだわりはないのですが、やはり日本シリーズ含めて全部終わってからなら、
スッキリと祝福できるのでしょうが…。
でも、日本シリーズでは期待していますよ!
c0007388_7351540.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-10-24 07:13 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 声明の響き 飢えちゃいけないという合意 >>