声明の響き

今日は実家が檀家となっているお寺の十夜法要。
十夜法要では普段のお参りではめったに揃わない10人以上の住職、副住職の
声明が聴けるので、一度は聴いてご覧、と母と妻に言われていました。

それで今日の午後念願かなって(?)とうとう立ち会うことになりました。
お寺に着いたら、開始を告げる太鼓の音が鳴り響いていました。「遅刻だっ」
少々遅刻しつつも着席すると、まもなく、住職はじめ僧侶が続々着席して
声明がスタート。聴いてみると、いままで葬儀で聴いてきた念仏の唱え方とは
大して違わないのですが、合唱で言えば斉唱なのでしょうが、実によく響きます。
必ずしもハモらないが、ハモリだすと実に心地良い、そんな感じです。
「こりや、なんとしたことだろう」
声明の途中で太鼓を若い僧侶がたたき出すのですが、
徐々にテンポが速まり、私の中では、まるで「ボレロ」です。
いや~、今までにない体験に正直ビックリでした。

郊外や家のまわりも含めて紅葉が急ピッチで進んでいます。
でも、改めて見ると、ちょっと紅葉が色鮮やかではなく、ちょいと汚い感じ。
秋の温度が高いとよくあることなんですが…。
今年もどちらかと言えば暖かい秋なんでしょうね。
いっこうに雪虫を見ませんからねぇ…
c0007388_22301886.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-10-27 22:14 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 当面は日本シリーズで…@VS中... メジャーリーグを巡る話題 >>