当面は日本シリーズで…@VS中日・日本シリーズ

さっき記事を更新してから気づいたのですが、今週は「日本シリーズ週間」
恐らく記事の更新をする余裕はありません(^^)ので、シリーズ終了まで
この記事を更新せずに、戦いのある日ごとに<追記>していく予定です。
◆第1回戦 
 CS最終戦のようですが、「ダルビッシュ、セギノールよくやった!」
 もう~、これしかありません! 川上は悔やむでしょうねぇ~、
 あの立ち上がりの3点は大きい。
<追記10.28>
 果たしてグリンだけのせいだろうか、あの単調な配球は疑問。
 1番、2番の打撃の差が勝敗の行方を左右しないことを祈りつつ、
 なんとか札幌に帰ってこいよ!

<追記10.29>
 移動日ならではの番外編。メジャーはRソックスの4連勝で勝負あり。
 井口、田口に続き松坂、岡島もチャピオンリングをものにしましたね。
 日本シリーズ、ワールドシリーズと日米で2年連続優勝を経験した岡島
 の強運と快挙に脱帽。ともあれ、お二人おめでとう!!
 
<追記10.30>
 武田勝はCSに続きゲームをこわしちゃいましたね。投壊では勝てません。
 2回裏終了で8点を「貧打」が追いかける展開ではあきらめムードです。
  (経過略)試合終了。先発がもたずに、打線もつながらないでは…

<追記10.31>
 (観楓会のため途中から)キャッチャーを替えて単調な配球を脱し、投手も
 健闘したものの、自滅による失点と少ないチャンスに集中打がでない
 ようでは、やはり苦しい。王手をかけられたけれど、明日は踏ん張って
 札幌へ戻ってこ~い! 

<追記11.1>
 案の定、1、2番に象徴される「極」貧打線ではツキも味方にできなかった。
 頼みの綱ダルビッシュは球速が150kmに達しないことからも
 疲れは明らか。それでも中4日で2ケタ三振はりっぱなもんだ。
 今日でこの<追記>も終わりかと思えば、少々感傷的な気分も湧くか、
 と思えば案外そうでもありません。やはり、投壊と「極」貧打線では
 勝利そのものが縁遠かったんだ、と妙に納得している自分がいます。 
 来年は元「いてまえ打線」で「梨田色」を出したいという新監督のもと
 捲土重来を期してもらいたいものです。まあ、うまくいけばの話ですが…
 ヒルマン監督、コーチ、選手、球団関係者の皆さんお疲れ様でした。

c0007388_7241327.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-10-27 22:43 | みて楽しむ | Comments(2)
Commented by tokkey_0524zet at 2007-10-30 16:25
それにしてもダルビッシュ、僅か2、3年で球界のエースに成長するとは思ってもみませんでした。確率的には半々かと。
持病の腰痛があるのでそれが「爆弾」になるんじゃないかと思ってたんですね~。凄いです。
Commented by capricciosam at 2007-10-30 20:00
>tokkey_0524zetさん、コメントありがとうございます。
>僅か2、3年で球界のエースに成長するとは思ってもみませんでした
おっしゃるとおりで、一昨年ドームで観た時は線の細さを感じ、下位のオリックス相手に打たれて途中降板でした。あの時はもう少し時間が必要だろうな、と思ったものでした。それが去年の活躍といい、3年目にして沢村賞とは、赤丸急上昇とはいえ、ただただ驚嘆しています。


<< 日本シリーズ感想余録 声明の響き >>