札響名曲シリーズVol.3@Kitara2007

定期演奏会以外に年4回行われる名曲コンサート。
今回取り上げられたテーマは「スラブ音楽」
どの曲も久しく実演に接していなかったのに加え、
ミクローシュ・ペレーニ(以下、「ペレーニ」という。)が演奏するとあっては
聞き逃す訳にはいきませんでした。

2曲目のドヴォルザークのチェロ協奏曲にソリストとして登場した
ペレーニについては昨年の記事にも書いたのですが、
リサイタルでの飾らない人柄と、その姿勢が厭味や雑味とは縁遠い
誠実な音楽を形作っていて、非常に好感を抱いたものでした。
この曲はチェロがオーケストラと対峙して雄弁に語ることも可能なのでしょうが、
両者の噛み合わせがうまくいかないと、曲自体の持つ一体感を喪失しかねない
という危険性も内在します。その点、ペレーニは冒頭のアレグロから
終始一貫誠実に音に向き合いつつ、実に素敵な音を紡いでいきます。
それは、決して対峙しようとする音ではなく、むしろ融合とか、
調和という言葉がふさわしいのかもしれない。
私はと言うと、「聞き惚れる」という言葉が思い浮かびました。
その姿勢と音がオケにも反映するのか、札響もメリハリのある演奏で
この名曲に貢献していました。特に、管楽器の健闘は讃えたい。
鳴りやまない拍手に応えて、アンコールにJ・S・バッハの無伴奏チェロ組曲より
第3番プレリュード。絶品。この時の札響チェロの皆さんのペレーニを見る
食い入るがごとき視線は忘れられません。

3曲目ムソルグスキー(ラヴェル編)組曲「展覧会の絵」
1曲目グリンカ歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
昨年所属する合唱団の第九演奏会で高関さんの指揮による演奏を
はじめて聴いて、その明確なパースペクティブを感じるような音づくりに
新鮮さと好感を感じたのですが、今回の2曲も、名曲と言われる
「通俗の垢」を洗い流したかのような、実に明るく充実した響きに充ちていました。
今日の札響は素人にもわかるような瑕疵もなく、充実した演奏で応えて
いましたが、札響のサウンドづくりに高関さんは欠かせないように思いました。
アンコールにドヴォルザークのチェコ組曲よりポルカ
はじめて聴きましたが、郷愁を誘うメロディが、なんとも素敵でしたね。
c0007388_22373769.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-11-23 22:37 | 音楽 | Comments(0)


<< 今年も舞ったぞ、紙吹雪 久しぶりの帯広・続き >>