今年も舞ったぞ、紙吹雪

パ・リーグ2連覇を成し遂げた北海道日本ハムファイターズの
パレードが今日行われました。
ちょっと迷いましたが、やはり今年もTVで見ていました(^^)
心配された天気もちょっと雪が舞った程度で済みました。
昨年同様1tの紙吹雪が舞っていましたが、ホント壮観です。
ヒルマン監督のユニフォーム姿も見納め。
しっかり見ておきました。

西6丁目から南大通りを西から東に進んだパレード車が
駅前通りにさしかかった時にハプニング(もう死語かなぁ)が。
TV中継で立っていた大沢元監督を見つけたヒルマン監督が
ジャガーのオープンカーを一人降りて、走り寄ってきて
大沢親分と堅く握手し、耳元に何か言っていたようです。
親分も予想外のことに言葉を失っていました。
「びっくりした」とか感想をいろいろ言ってましたが、最後に一言。
「あいつはイイ奴だなぁ」

義理人情なんてことより、先人を敬う誠実さなのでしょうね。
退団発表時に次のような発言が紹介されていました。

「恥じることなく言うが、私はクリスチャン。相手を受け入れる気持ちや
愛する気持ちが、信仰からきて感情をコントロールできている。」

ヒルマン監督の素晴らしい品格の有り様は、ここいら辺りに秘密がある
のでしょうね。(葬式仏教徒の私には一生かかっても無理か!?)

北海道における外国人指導者としては開拓期のクラーク博士が
有名ですが、どうやら100年以上を経て二人目が誕生したようです。

ありがとうヒルマン監督。
どうぞメジャーでもご活躍を!!
c0007388_763635.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-11-24 21:07 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 戦争を知らない子供たち 札響名曲シリーズVol.3@K... >>