されど年賀状・続き

年賀状の印刷も含めた作成はなんとか一段落したので、
午後からは散歩です。
まとまった雪がないせいか、雪も溶けて、長靴がピッタリです。
このまま年を越しちゃうと、昨年末から新年の再現になるのでしょうか。

散歩の途中で母のところに寄ったら、年賀状が足りなくなった
と言うわけで、ただいま母用に印刷中です。
年中行事なんですが、毎度すっきりとは終わりませんね。
実は食事のあと、TVを見ていたら3歳の女の子が百人一首を
暗記していて、ズバスバ答えているのをみて、カミサンが
「そうだ、百人一首をやろう」
と言い出して、おもしろそうなので家族でやっていました。
普段でも親しんでいない私ですが、なんと読み手を買って出て、
適当に雰囲気をだしたつもりで、読んでいました。(^^)
腹から声をださないと、百首も読むと結構疲れましたね。
それから取りかかったので、こんな時間になってしまいました。

年賀状も終われば、あとは新年を迎える準備ですね。
それとて例年簡略化しているわが家では、そんなにすることもありません。
あとは、新年になって初詣に行くくらいでしょうか。

ところで、初詣では神社で酒を振舞ってくれる場合も多いんでしょうが、
広島県福山市の三蔵稲荷神社では、宮司の発案で
振舞い酒の代わりとして小瓶に移した酒を参詣客に配ることにした
という記事を目にしました。
飲酒運転が原因の悲惨な事故が続く以上、社会の風潮を考えてのこと
のようですが、こういう発想の転換が求められる時代でしょうね。
例えば、福岡の事件も危険運転致死傷罪じゃなくて、業務上致死傷罪
になって罪が軽くなりそうだ、というとんでもないことが起きそうです。
法制度に欠陥があり、放置されたままでは、こういう悲惨な事件は
起きないことが一番です。
そのためには飲酒運転のきっかけや環境を作らないことも大事。
風情がない、などと言っていられません。
注目したい取り組みだと思います。
[PR]
by capricciosam | 2007-12-24 23:50 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by chankin1 at 2007-12-25 03:25
こんばんは。年賀状はできたんですね。
家は師匠に早く作れと言われていますが、まだできておりません(^^;
今、仕事の合間にちょこちょこっと作っています。
Commented by capricciosam at 2007-12-25 21:37
>chankin1さん、コメントありがとうございます。
>早く作れと言われています
今のような作成スタイルができるまでは、私もなかなか取りかからず、カミサンから「まだ作らなくて大丈夫なの?」とよくせっつかれました。わかっていてもスムーズにいかないもののひとつなんですよね、これが。
>仕事の合間に
ご苦労様です(^^)


<< 思い出のジャズピアニスト逝く されど年賀状 >>