とりとめもなく@2008年2月末

今日は4年に一度の29日。
かみさんがラジオで聴いた話。
「うちの母はきょうが誕生日で、まだ15歳なんです。」
さらっ、と聞き流すと「15歳の母」で「エッ」なんですが、
すぐに×4を思い出せば納得する話です。
「うるう年」にはこの手の話は毎度つきものなんでしょう。

ロス疑惑の再逮捕のきっかけは被疑者自らのブログだったとか。
米国司法当局は当人のブログで旅行の様子を掴み、
米国領サイパンをたびたび訪れていることを知る。
その結果サイパンでの水際作戦が成功した、ということなのだろう。
ウェブの世界の中では誰がどこで注視しているかわからない
証左の典型か。
冗舌な彼らしい墓穴の堀かただな、と変なところで感心。

中国産毒ギョーザ事件を受けて、国内では「ギョーザ」を
手作りする家庭が増えたようだとTVで報じていた。
そういえば、北海道のニラ産地も高騰で嬉しい悲鳴らしい。
宜なるかな。「食の安全」は国境を越えて共通のもの。
国内の関心も原因が究明されて再発手段が講じられ、
安心して食べられることが一刻も確認したいのだ。
しかし、そこに国としての利害やメンツが入り込むことで、
真相究明はややこしくなる。
日中両国の見解はそれぞれ異なるにしても、捜査する上での
協調のかけらも感じられない中国当局の一方的声明だけでは
少なくとも日本国内の納得が得られるとは思えない。
オリンピックも間近だというのになぁ…

明日から3月。
やはり春なんですね、今日の札幌は最高気温が6℃にもなりました。
道路の両側は最近降った雪のお陰で堆く積もった雪山なんですが、
溶け出した水たまりがあちこちにできて歩きづらい。
好天が続けば急ピッチで溶けるんですが、溶けきるまでが、
案外大変なんですよ。
[PR]
by capricciosam | 2008-02-29 23:04 | 時の移ろい | Comments(0)


<< マタイ受難曲★聖トーマス教会合... NYフィル平壌公演@2008 >>