正社員化

ちょっと記事を更新することなく過ごしていたら、またまた
スパムコメントが目立ちました。
まったく、内容もないのに手間ばかりかかり、迷惑なことです。

さて、夜TVをみていたら「正社員化」の動きが取り上げられていました。

ある製造業で不良品が多くでたが、調べてみると派遣労働者が部品を
逆に取り付けていたことが原因だった。
これは仕事に対しての注意力や熟練度合いが低いことによるものです。
また、製造業では収益を維持するためには不断の改善が欠かせないのに、
派遣が多くなると、改善提案数がぐんと減ってしまった。
これでは、長い目で収益の低下につながりかねない。

そんなことから、この製造業では派遣社員から正社員化への道筋をつけて、
正社員を増やしていったところ、先ほどの問題は減っていったとのことだ。
正社員になった30代の係長職の人曰く。
「やりがいを感じる」
とのことだったが、蓋し、真っ当な感想だろうと思う。

番組内で評論家の内橋克人さんが
「ものづくりには経営、技術、技能がつながって、継続していくことが必要
なのに、非正規雇用の増大は三者を分断し、(人が担う)技能が弱まる」
というようなことをコメントされていた。
やはり、「人材」は欠かせない要素なのである。

非正規雇用は短期的には雇用コストの軽減で経営上はプラスの面も
あろうが、中長期的には企業内部に人材が育成されない、という
取り返しのつかないダメージを与えかねない。
いったん甘い汁を吸ってしまうと、苦い汁は口にはしたくないのだろうが、
非正規雇用から正規雇用へのシフトを図っていかないと、技術を担う人材が
気がついてみれば減っていて、技術立国日本の衰退につながるのではないか、
と心配になる。
[PR]
by capricciosam | 2008-03-12 22:22 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 3月も半ばだよ~ 道具 >>