ローレライ@試写会

◆ しかけはおもしろいんだけどねぇ

  めずらしく試写会が当たり、でかけてみた。
  
  敗戦の8月に第三の原爆が東京に投下されるのを阻止する
  ために秘密兵器「ローレライ」を乗せた潜水艦伊507号は
  太平洋を南下する…
  
  さすが福井晴敏らしくおもしろい着想だし、最初から映画を
  意識して書き下ろしたというだけに、期待度は高かった。
  しかし、作品としての出来映えは感心しなかった。
  気になった点を挙げてみると、
  ①CGがお粗末、主たる場面がCGなのだから、この出来が
   作品の印象を左右する恐れ大なのに、波からしてちゃち
   日本の技術力はもつと高いと思うのだが…
  ②主たる脇役以外の脇役の演技力のなさ
   泣きながら涙がでてこない、なんてイロハができていない?  
  ③主たる配役の内面のゆれの描写不足
  ④敗戦濃厚の時の切迫感が映像からは伝わってこない
   さすが軍人だってもう少し焦燥感があるんじゃないか
   
  特に、食糧にも事欠くような戦時下で、平気で色艶の良い兵隊
  がでてくること自体、監督以下変だと思わないんだろうか。
  戦中の潜水艦を描いた名作としてはドイツの「Uボート」(2作ある
  ようだが、一作目の、ようやく帰還したと思ったら、たった一機の
  敵機にやられて艦長以外死んでしまう作品の方です)が私の
  スタンダードなのだが、これにでてくる兵士のやつれた表情は
  リアリティがあり、いつの間にか自分も乗艦しているような気が
  したものだった。
  これに比べると、作品に引き込まれていく感じは少なく、時間
  が経つにつれて、段々醒めて観ている自分を感じてしまった。
  残念ながら少々期待ハズレと言わざるをえない。
  まあ、福井ファンは出来とは関係なく楽しめるのでしょうが…
  
c0007388_23583722.jpg

  
 
[PR]
by capricciosam | 2005-02-24 23:58 | 映画 | Comments(1)
Commented by sakaiy22 at 2005-03-26 11:23 x
TB、コメントありがとうございます。
私も『Uボート』好きです。戦争を描いていながら、反戦映画にも思える微妙さ。見ていて疲れを感じてしまうくらいの映画です。
頂いたコメントのリンクがTB用リンクでしたので、貴BLOGのTOPのリンクに修正しておきました。
『中年会社員の観察日記』作者


<< ついばむ④ ついばむ③ >>