PMFに芸術監督復活か!?

再来年の話らしいのですが、PMFに芸術監督復活か、
との記事が目に入りました。
2002年のシャルル・デュトワ以来となるようですが、
その間は「首席指揮者」「客演指揮者」体制でしのいできたPMF。
首席指揮者には、ハイティンク、ゲルギエフ、サンティ、そして再び
ゲルギエフ、昨年はムーティ。
まあ、振り返っても豪華な顔ぶれには驚くばかりですが、
滞在は短期間であったことが共通しているのかな。
もっとも、短期間でPMF生をまとめあげるのですから、
その腕前の凄さには、毎度感嘆の声しかでません。
それでも、芸術面の責任者不在というのは、「教育音楽祭」を
標榜する上では、ちと案配が悪かった、ということなのでしょう。

さて、監督候補の一人として報道されたファビオ・ルイジさんは、
2004年には客演指揮者でマーラー交響曲第6番を振られていて、
今年は首席指揮者として登場されます。
2004年には私も芸術の森でルイジさん指揮の同曲を聴いたのですが、
PMFオケを芸術の森で聴いた初めての体験でした。
あいにくオケの生音よりもスピーカーにより増幅された音が聞こえてくる
位置だったことで、なんとも落ち着かなく、曲に集中できないうちに
曲は進み、日も傾いていった。
すると、日射しがステージ前方に射し込んでウィーン・フィルの
コンマスのヒンクさんがやけに気にしていたな、という程度の印象しか、
今となっては残っていないのが、なんともトホホな点です。
余談ですが、この日射しは、今は大型の布状のものがステージ正面左に
設置されて軽減されているようですが、抜本的な対策がないものでしょうか。

いずれにしても、どなたがなるのかわかりませんが、PMFの充実に
貢献される方なら、歓迎したいものです。
[PR]
by capricciosam | 2008-03-16 18:33 | 音楽 | Comments(0)


<< 最近の判決をめぐって 3月も半ばだよ~ >>