ベン・ハー@映画&DVD

館内が暗くなって、スクリーンにミケランジェロの「アダムの創造」の
あの指が触れ合わんばかりの場面がクローズアップされる。
「OVERTURE」
そして、M・モーザの手による荘重にしてときめくばかりの音楽。

休憩をはさんだ3時間半はあっという間だった。

数奇にして波瀾万丈な主人公の歩みとキリストの誕生から死までを
適度に織り交ぜて作られた映像は、上映終了後もなかなかイスから
立ち上がれずにいた若き日の私をして深い余韻に浸らせていた。

感動的なストーリーだけでなく、戦車競争に代表されるアクションも迫力満点。
月並みだが、その完成度には「凄い」という言葉でしか言い表しようがなかった。

あれから幾星霜。
今はDVDで折に触れて鑑賞している。
いまだに「私のお気に入り」であることに変わりはない。

ベン・ハーを演じられたチャールトン・ヘストンさんのご冥福をお祈りいたします。
c0007388_20374084.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-04-07 21:09 | 映画 | Comments(0)


<< 大逆転@VS楽天 消えた! >>