とりとめもなく@2008年4月下旬

今日は風も強く、久しぶりの雨。
好天が続き、暖かさになじんでいると、さすが今日は寒かった。

札幌も桜が開花しましたが、平年に比べ10日以上も早かった
ようで、今年の気象も、やはり「異常」なんでしょうか。
今週は夜も遅い日々が続き、私事でも慌ただしく
なんとも落ち着かなく過ごしてきた感じです。

さっきまで、日ハムのナイターを見て、延長の末HRで
逆転サヨナラ勝ちという結果に、まずはひと安心。
この分で交流戦で上位をキープしたいところです。
しっかし、ダルビッシュの強運には驚くばかり。
あわや今季初の敗戦投手だったかもしれないのに…、ス・ゴ・イ。

そういえば、ラジオにヒルマン前監督の通訳をされていた岩本さんが
出演していて、毎日ヒルマン前監督からメールが来る、と話ていました。
内容は?と言えば、やはりファイターズはどうなっている、とのこと。
気になるんですねぇ。嬉しいことです。
ロイヤルズも最下位低迷していた昨年と違って、
ヒルマン野球で上位に位置している、とのこと。
才能ある人は、環境を越えて才能を開花させているようです。

この記事を書きながら聴いているのは写真のCD。
ピアノは1月に聴いた若き日のイェルク・デムスさん。
c0007388_082369.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-04-24 23:44 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 慌ただしく時は流れ… 回避するに足りうる事情 >>