名曲物語@TV

今夜、久しぶりに「金スマ」を観たら、名曲物語として
70年代と80年代の2曲が紹介されていました。

80年代は村下孝蔵さんの「初恋」
今でも40代半ばで急逝したのは惜しまれるのですが、
彼のクリアながらも暖かい歌声に乗せて歌われるこの曲は
抒情に満ちて、お気に入りの一曲です。
番組では中学時代の転校していった女生徒が初恋の相手だった
ということで、亡くなる何日か前に偶然村下さん自身が電話で
友達としての会話をしていたことが紹介されていました。
でも、こういうエピソードが無くても曲の世界は十分成立していますね。

70年代はイルカさんの「なごり雪」
ちょうどこの曲がヒットしてメジャーになった数年後の頃ですが、
彼女のコンサートにでかけたことがあります。
c0007388_2337284.jpg

当時、友人がチケットをタダでもらったらしいのですが、
都合が悪くなって、さらに私にタダで譲ってくれたものでした。
私ですか? もちろん、喜んでホイホイでかけたものでした(^^)
今となっては写真のチケットで確かに行ったことぐらいしか
覚えていないのですが、なんの外連味もない暖かいステージ
だったなぁ、という印象があります。
この曲もオリジナルの伊勢正三さんの歌声で聴くのも味わい深い
のですが、やはりイルカさんの肩の力を抜いた暖かい声が響きます。

番組では難病のご主人との生活を軸に「なごり雪」が
とりあげられていましたが、そもそも「なごり雪」を勧めたのが発病前の
ご主人で、そのご主人が晩年過ごされたのが、なんと旭川の病院だった
とは意外でした。
病室から見える山々は大雪山のように見えました。

蛇足ですが、以前「冬になると思い出す曲」という記事の中で、
その中に「なごり雪」が入っているけれど、これは早春の歌じゃないのか、
と書きましたが、今夜改めて聴いてみても、
やはりこの歌の描く世界は「早春の別れ」ですよ。
[PR]
by capricciosam | 2008-05-09 23:39 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by kurione04 at 2008-05-10 00:10
σ(^^)も見てました。
イルカさんのご主人が 難病で亡くなったとは知りませんでした。
『なごり雪』のエピソード・・・
ご主人の薦めが無かったら イルカさんも歌ってなかったでしょうね~

『初恋』も懐かしくて いい歌ですね^^
村下孝蔵さんが亡くなってたのは知ってましたが・・・
初恋は誰でも経験があり ほろ苦い想い出として
いつまでも心に残っているのでしょうかね~^^

この番組をみて また新たに違った意味で この歌を聴くことが出来そうです。
Commented by capricciosam at 2008-05-10 07:30
>kurione04さん、コメントありがとうございます。
>新たに違った意味で この歌を聴くことが出来そう
ホント、そうですね。2曲とも何気なく聴いていましたが、エピソードを知ると、これからはそのエピソードが重なることでしょうね。
ちなみに、この2曲ともレパートリーの中にあるんでしたっけ!?


<< ときならぬ低温に震えて そしてGWも終わった… >>