13日の金曜日ですが、何か?

今週は気分的には「虚しさ」が支配的な週でしたが、
今夜は気分を変えようと、久しぶりにDVDで映画を観ていました。
2時間程、画面に展開される世界に浸れる至福のひととき。

「いや~、映画ってほんとにいいもんですね」

この決めゼリフの水野晴男さんも逝ってしまった週でした。
あの頃はTVでいろいろな映画を観ることができました。

荻昌弘さんの月曜ロードショー
水野さんの水曜ロードショー
高島忠夫さんの金曜ロードショー(タイトルが曖昧です)
そして、淀川長治さんの日曜洋画劇場。

中には往年の名作も放映されたので、楽しみでしたね。
ビデオもまだありませんでしたから、一期一会的で、
例えば「サウンド・オブ・ミュージック」「七人の侍」
これらはTVで初めて観て、娯楽作ながらその完成度の高さに
感動した覚えがあります。
どの番組も時代にあったいい仕事していたと思いますが、
それにしても
「大スクリーンで映画が観たい!!」

これを書きながら聴いているのが写真のCD
TVの主題歌ばかりですが、なかなか聴かせます。
クドーちゃん、って聴いて懐かしい人にはピッタリ。
c0007388_028565.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-06-13 23:56 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 片岡球子の世界@北海道立近代美... 人生をかけたパフォーマンスに値... >>