初夏の雪

昨日の話の余話です。

車で出かけたら、渋滞にはまってしまいました。
ちっとも進まないので、頭の中は「?」だらけ。
歩道を行く人は、綿飴を手にした子供や浴衣を着たカップル。
それでピンときましたが、札幌祭りだったんですね。
う~ん、お祭りなんてとんとご縁がなくなったこの頃なので
うっかり屋台が連なる周辺を通ってしまったという訳です。
やれやれ…
ようやく脱出したと思ったら、今度は要所に警官が立って通行規制。
今度は何だ?と思って、よく見ると、
「札幌国際ハーフマラソン」
一難去ってまた一難という訳で、予定時間を大幅に超過して
美術館へは迂回して着きました。
<蛇足>
今日知ったのですが、山梨学院大学のモグスが走ったんですね。
あの箱根の走りを見たかったなぁ~

美術館に着いてみると、庭の一隅が真っ白。
c0007388_2275752.jpg

「おっ、初夏なのに雪!?」
どうやら庭の樹木の花粉だったようですが、
あれだけ大量だと、遠目には一瞬勘違いしそうな景色です。
美術館目指して進むと、門には「片岡珠子展」の看板が。
c0007388_229353.jpg

門を通って敷地に入り、美術館に着いたら、
前庭ではブルーシートが敷かれて、軍手をはめた
(ちなみに北海道ではごく普通に「はく」を使いますから、
この場合は北海道弁では「軍手をはいた」となりますね)
子供たちがトンカチを持って石のようなものを
トントン、カンカンたたいています。
c0007388_2216447.jpg

どうやら特別展「北海道立体表現展’08」に関連した
ワークショップのようで、使われていたのは札幌軟石でした。
今回は時間もなかったので特別展は鑑賞せず、
片岡球子展を観ただけでした。
見終わって館の外に出ると、前庭はきれいに片付けられていたので、
子供たちの作品はどんなものができあがったのか見られませんでした。
体験した子供たちの中から、将来この道に進み、新たな才能を開花させる
子もいるのかな、と考えると、また楽し、です。
[PR]
by capricciosam | 2008-06-16 22:31 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 深夜営業 片岡球子の世界@北海道立近代美... >>