北京オリンピックでの言葉から①

序盤の重苦しさもとれて、日本選手のメダル獲得の
ニュースが連日聞こえてくるようになりました(^^)
勝負を終えた後のメダリストや彼らを支える人たちの
言葉で印象に残ったものから。

☆柔道女子48キロ級銅メダルの谷亮子さんの夫佳知さん
「目標のメダルの色とは違いましたが、僕には金色に
輝いて見えました。」

☆柔道男子66キロ級金メダルの内柴正人さん
「やっちゃいました。これが僕の仕事なので精一杯やりました。
おやじの仕事をしっかりやりました。」

☆体操男子団体銀メダルの冨田洋之さん
「負けた銀メダルではない。みんなで勝ち取った銀メダルです。」

☆水泳男子200メートルバタフライ銅メダルの松田丈志さん
「あきらめずに努力してきたのが、メダルという形になった。
これが自分色のメダル。コーチにかけてあげたい。」

☆柔道女子70キロ級金メダルの上野雅恵さん
「いろんな人たちの支えがあってここまで来られた。
私を支えてくれた人たちへの金メダルだと思う。」

☆フェンシング男子フルーレ個人銀メダルの太田雄貴さん
「率直に銀メダルを喜んでいいんじゃないですか。
フェンシングにとって大きな一歩。非常に嬉しいし、
最初のメダルが僕だったことを誇りに感じる。」

そして、やはりこの人は欠かせない。

☆男子平泳ぎ2大会連続2種目金メダルの北島康介さん
「すみません、何も言えない…」100メートルで世界新

「もう一回、この場所に戻ってこられるとは思っていなかった。
戻ってこられたことと一番高いところに上れることに
感謝しています。この舞台を夢見てやってきた。
自分一人ではここまでこられなかった。この喜びをみんなで
分かち合えて嬉しいです。」200メートルでオリンピック新

いや~、それぞれのシーンを思い出して、感動!
これからも活躍を期待しつつ、テレビ観戦は続く。オーッ!!

最後に、大会開始早々に勃発したグルジアとロシアの戦争に
関しての言葉から。

☆女子エアピストル銅メダルのニーノ・サルクワゼさん・グルジア
「この数日気持ちは揺れ動いた。人が戦争を始めたのではない。
政治家が始めたのです。」

☆女子エアピストル銀メダルのナタリア・パディナさん・ロシア
「私たちは親友。スポーツは政治を越えることを証明できたと思う。」

表彰式を終えて、二人は肩を組み合いお互いの健闘を讃え合った。
[PR]
by capricciosam | 2008-08-15 06:49 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 北京オリンピックでの言葉から② 北京オリンピック序盤アレコレ >>