小田和正2008@札幌真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

10分遅れの開場、開演。
客は若い方から、60歳代以上のカップルも多数。満席。
ファン層が幅広いことを実感。
あの訥々とした語りを入れ、新旧取り混ぜた構成で、
あっという間の3時間でした。
とにかく小田さんは動き回る。
南スタンド席でしたが、歌いながらスタンドを一周した時、
すぐ側を通ってくれたのはラッキーでした(^^)
「いや~小田さん、体力あるなぁ…」
とても60歳とは思えない。
ありゃ、まだまだやれるな。(オイラもガンバロ)

1こころ
2正義は勝つ
3愛を止めないで
4伝えたいことがあるんだ
 
MC「札幌思いっ切り寒い!(笑)(ホント、肌寒かったんです)
横で聞いていて直感的に大人の拍手だな、と思いました。
でも、狂ったような拍手もウェルカムです。」

5Re 
6僕らの街で
7いつか どこかで

MC「6はカトゥーンに作った歌です。青くさいでしょう。(笑)
7は散々こきおろされた映画です。(笑)豊頃町で撮ったんです。」

8たしかなこと 

MC「オリンピックは応援すると疲れる。仙ちゃんがあんなことに
なっているから、なぐさめようもありません。でも、本人は納得している
と思います。」
(カミサン曰く、星野監督とはすごく仲良しなんだそうです)

9夏の日

MC「海が浮かんできますね。札幌の海水浴はどこですか?
小樽?一週間くらい?(笑) 
初めて僕を見る人は?(会場からパラパラと手が挙がる)
道理で他人行儀な感じがした(笑) 少し古い歌をやります。
(以下、オフコース当時の曲が続く)」

10僕の贈りもの 
11地球はせまくなりました

MC「一枚目は1972年か1973年で、二枚目は地味なアルバムでした。」

12ワインの匂い

MC「ちょっとポップでしたね。このアルバムで知っている曲をちょっと…」

13眠れぬ夜(結局、会場の手拍手に促されたように、ほぼ全曲をソロで)
14幸せなんて

MC「昔、オフコース当時よく言ってた話ですが、オフコースのステージを
見てみたいなぁ…と。」

15愛の唄(ピアニカの音色が実にしっとりしていました)

MC「僕ら歌をやり始めた時は洋楽のコピー。初めてオリジナルを唄った
時は照れくさかった。ヒット、ヒットと言われて、ウルセーなと思っていた頃、
はじめてたどりついた曲です」

16さよなら

MC「(この曲を)札幌で歌うと、札幌ですよね、雪が降ってきます(笑)。」
移動しながらMC「たぎってくるって言うんですか、(次の)この曲はそうです。」

17言葉にできない(電子ピアノのソロで。絶品!!)

MC「この歌はこのツアーのテーマになっている曲」

18今日も どこかで

<休憩:御当地紀行~ガンバレ!さとらんどと羊ヶ丘のソフトクリーム!!>

19NEXT~僕等がいた~(以下ノンストップで。23まで会場総立ち状態)
20Yes-No
21ラブ・ストーリーは突然に
22キラキラ
(歌いながら場内のスタンド席を一周!カミサンがタッチできました!!)
23そのままの 君が好き
24時に愛は
25風のようにうたが流れていた(ピアノソロ。しきりに流れる汗をぬぐう)
26東京の空

MC「僕と同じ年齢の人も、それ以上の人もいますね。
海藻や野菜を食べて、健康に気をつけて、また会える日が来るでしょう。
楽しみにしています。」

27ダイジョウブ
<以下、アンコールです>
28またたく星に願いを
(タイトルがわからなかったのですが、アンコールの定番のようですね)   
29君住む街で
<会場の手拍子に応えて、再度アンコールしてくれました>

MC「ホント、心から感謝しています。」
(いえ、いえ、こちらこそ堪能しました)

30YES-YES-YES
31今日も どこかで
c0007388_11152939.jpg

<8.24追記>
2日目行かれた方によれば、アンコールに松山千春さんが登場して
「恋」を共演したそうです。またアンコールには「My home town」も。
昨年の「クリスマスの約束」で気になっていたので、聞きたかったなぁ~

<9.3追記>
昨夜の名古屋公演で現在のツアー終了後、東京、名古屋、
大阪の各ドーム球場で追加公演をすることが発表されたようです。
「フタをあけてお客さんがガラガラでも私は全くかまいません。
ジャニーズに対抗する気はさらさらないのですが、
精いっぱいやります」(以上、スポーツ報知より)
61歳でのドーム公演、しかもツアーですからね、ムムム、凄い!

[PR]
by capricciosam | 2008-08-23 23:58 | 音楽 | Comments(2)
Commented by ぼくてき at 2008-08-25 18:36 x
今回のツアーも、小田さん、本当に頑張ってらっしゃいますね。
行くたび、その声を聴けることに感動します。

ご夫婦でいらしたんですね。
私も今回は三回とも夫と(^^;)。
夫婦で来ている人や、若い人が、数年前よりずっと多いような気がします。

横浜でも「ちゃんと、魚も、海藻や野菜も食べて・・・でも「もずく」はいやだけど」とおっしゃってました。小田さんの食の好みって「お子ちゃま」系なようで・・・ちゃんとした物を召し上がって、お元気でいて欲しいです。

奥様のタッチ、よかったですね!
いい思い出になりますね。
Commented by capricciosam at 2008-08-25 22:50
>ぼくてき さん、コメントありがとうございます。
>私も今回は三回とも夫と
お~、お気持ちわかります(^^)
札幌初日も中高年カップルが目立ちましたよ。
>夫婦で来ている人や、若い人が、数年前よりずっと多いような気がします
やはり確実にファン層は広がっているんですね。

>でも「もずく」はいやだけど
ハハハ。これはおっしゃっていませんでしたね。
やはり普段自分で食事に気をつけている、それに
ファン層も比較的高いから、なおさら食事のことに
触れるのかもしれませんね。

>いい思い出になりますね
まったくそのとおりのようです(^^)


<< 北京オリンピックでの言葉から③ 北京オリンピックでの言葉から② >>