「う~ん、こんなのありか!?」

まだ夜明け前のこの時間。
生理現象で目が覚めて、ちょいと気になりPCを起動させると、
昨夜書いたハズの記事がアップされていません。
やはり、猛烈な睡魔に襲われたのがだめでしたね。
「やっちゃったよ!!」
まあ、それで気を取り直して思い出しつつ、さっき書き上げて
アップさせようとしたところ、またまた事故で、パァーです。
それが、冒頭の心の叫びなのです。

「こうなりゃ、意地でもアップするぞ」
なんて、力むほどのことではないのですが、めげずに3回目。
以下、記事です。

昨日は一日中カミサンと出歩いていて、帰宅して夕食を終えたら
もう22時頃でした。久しぶりに「美の巨人」をみたら、
取り上げられていたのは奥村土牛さんの「門」
101歳で亡くなられた奥村さん、78歳の時の作品。

師匠の小林古径は「写生は対象をよく見て描きなさい」と
指導したらしく、この作品も3日間姫路城のこの門に通い詰めて
写生をしてから作品としたそうです。
日陰になった側から門を眺めると、開け放たれた門からは
陽の当たった城壁が白く浮かび上がっています。
縦と横の強調されたどっしりとした骨太の構成の中、
明暗のコントラストがはっきりとし、動く物はひとつもなく、
静謐な趣が感じられ、鑑賞者の想像を刺激してきます。

かつて道立近代美術館で催された「生誕110年記念 奥村土牛展」
で、この作品はみたはずなのですが、実はもう忘却の彼方でした。
この展覧会は充実した企画で、見応えがあったという記憶が
いまだに残っています。

番組では奥村土牛さんの言葉が紹介されていました。

「芸術とは未完成なものです。だからこそ、どれだけ大きく
未完のままで終わることができるかが、大事なのです。」

芸の道に終わりはない、とはよく耳にすることですが、
晩年まで旺盛な活動を続けられた方だけに、改めて
芸道の厳しさに胸打たれる想いです。
c0007388_444915.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-09-14 04:42 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 強突張り 似て非なるモノ >>