さらばADSL

インターネットをやり始めた頃はナローバンドからブロードバンドへ
ネット通信が移行しつつあった頃でした。
それでADSLの1.5Mからスタートしました。
ダイヤルアップで、画面が上から下に向かって徐々に現れるのに
なじんでいた目には、格段の早さに思え
「う~ん、こりゃイイ」
と満足したのも、束の間。
しばらくすると、案の定、「スピード」を求めてしまいます。
「もっと、速度を」
性ですな、トホッ。
それで最大20Mくらいを期待してモデムも変えたりしてはみたのですが、
想定していたより局から遠かったらしく、調子が良くても2Mちょっと。
「大して変わらんなぁ~」ガクッ

それでも、気分的に救われたのは、当時はまだADSLが主流で、
わが家のある一帯が光通信が可能ではなかったこと。
「まあ、これなら仕方がないなぁ…」
とは言うものの、依然モヤモヤ感は引きずっていました。

しかし、そのうち恐れていた事態が。
とうとうわが家周辺も光通信可能地域となったのです。
「さあ、どうする!?」
決断できぬうちに、光通信の勧誘電話が頻繁にかかってきます。
NTTにヤフー。
いちいち、断っていたのですが、最近はいささかうんざり気味。

と、思っていたら今月に入ってわが家の家電が壊れてしまい、電気店へ。
買い物をする際、光通信抱き合わせで、大幅値引きの上、工事費無料、
通信料2ヶ月間無料と攻められ、おおいにぐらつきます。
みると通信料金も開始当初よりは数段安くなっています。
そこで、カミサンと相談。
「どうする?」
そこで私が半ば説得して、光通信に切り替えることに。
(Thank you カミサンです、ハイ)

そういう訳で、 昨日光通信へ切り替える工事がありました。
その時見た光ファイバーの細いことといったら、信じられん細さです。
工事自体はスムーズに終わったものの、ネット接続は自分でやったため、
やや手間取りましたが、それでもなんとか無事開通。
さっそくスピード測定したら、20Mでていました。
まあ、予想よりやや低いのですが、とりあえずサクサク度が゜向上したので、
ひと安心。これでわが家の通信インフラの整備は完了です。

振り返ってみると、ADSLは過渡的な技術と言われていたのですが、
ブロードバンドの世界を拡げてくれたことには改めて感謝です。
[PR]
by capricciosam | 2008-09-28 06:51 | 時の移ろい | Comments(0)


<< ポール・ニューマンと言えば… ムーティ&ウィーン・フィル@K... >>