別れの挨拶だったのか

今日は秋晴れの一日でしたが、買い物に出かけたくらいです。
なんとも、もったいない限りです。

今日も絶不調のノートPC相手に日が暮れた感じです。
ネット接続中も原因不明のシャットダウン続き。
「も~う、いい加減にしろ!!」
と、内心怒りながらも、半ば諦め気味です、ハイ。

「つぶろぐ」は読み込めて、書き込めるのですが、何故かアップできず。
と言うわけで、「つぶろぐ」の代わりにいくつか。

CSの第一試合。まずはダルビッシュで予定どおり一勝。
8回は少々危なかったものの、完投とは、さすがでした。

TVを観ていたらニュース速報が。
ロスに到着した三浦元社長が自殺したとのこと。
きっと、ここぞとばかりに抗弁しまくるに違いないと思っていただけに
なんとも意外な幕切れとなりました。
ネットで見つけた関連記事に、彼が米国本土へ移送された時に
かぶっていた帽子の文字についてのものを見つけました。
私もデカイ文字が書かれていて、ちょっと気になっていました。

書かれていたのは「PEACE POT MICRODOT」
俗語(というより隠語)らしいのですが、

PEACE:幻覚剤
POT:大麻
MICRODOT:LSD

ということで、PPMDと略して、話を切り上げたりする場面で
使われるようです。
別れの際のくだけた挨拶ということのようですが、
「別れの挨拶」と考えたら、彼はサイパンから移送される時には、
疑惑を抱えたまま死ぬつもりだったんだろうな、と考えたりしました。
重刑が避けられない中では、覚悟の自殺だった、
ということなのでしょうが、あれだけ世間の耳目を集めた
疑惑の銃弾事件は、とうとう真相解明されずに幕引き、か。
依然もやもや感は残りましたね。
<10.11追記>
TVで、当時からこの事件を取材していた方が、
「言葉が通じない米国での裁判に絶望していたのではないか」
というようなことをコメントされていました。
それを受けて、ビートたけしさんが
「違うステージでどう演じたらよいのかわからなくなった」
というようなことをおっしゃっていました。
当たらずといえども遠からず、なんでしょうか。
P.S 記事の一部に事実関係での誤記がありましたので訂正いたしました。

[PR]
by capricciosam | 2008-10-11 20:54 | 時の移ろい | Comments(0)


<< ウィーンの調べ@Kitara さようなら緒形拳さん >>