2017年 09月 11日 ( 1 )

仙台フィルハーモニー管弦楽団@函館市民会館2017

【プログラム】

1 グリンカ 歌劇《リュスランとリュドミラ》序曲
2 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
3 チャイコフスキー 交響曲第5番

指揮:広上淳一
ピアノ:岡田奏

札幌交響楽団(以下「札響」という。)と距離的に一番近いプロオーケストラは
仙台フィルハーモニー管弦楽団(以下「仙台フィル」という。)だろう。
しかし、距離的には近いが、交通アクセスの利便性によっては必ずしも近いという
感情が沸いてこないものだ。私的には仙台市もそのひとつ。
むしろ仙台より遠方にある東京が圧倒的に近いと感じる。
そんな気持ちもあり仙台フィルは、私的には「近くて遠い存在、いつかは聴きたいが
多分無理かな」と思っていたオケのひとつだった。

今回の来函公演は「北海道新幹線開業1周年記念」という節目で実行された訳だが、
確かに函館圏は新幹線で仙台市と結ばれたから、企画としては「あり」ですね。
ただ、会場が多目的ホールだけに初めて聴く上で少々不安があったが、
そこは指揮者が広上淳一さんとくれば、練達の腕前でなんとかしてくれるだろう
との期待があった。案の定、会場は残響に乏しく、よくブレンドされた音色の響き
としてはあまり望むべくもないことがわかったが、オーケストラ自体は各パートの
バランスもよく、アンサンブルには随所にプロらしいうまさが感じられた。

淡々と終わった1の次に演奏された2が会場を興奮のるつぼと化した。
この熱狂はソリストが地元函館出身という地元びいきだけのものとも思えない。
力強い打鍵で表情豊かに、かつパッション溢れる演奏には惹かれた。
広上さんと仙台フィルもピアノを力強く支え熱い演奏を繰り広げた。
鳴り止まぬ拍手にドビュッシー「月の光」をアンコール。見事なクールダウン。
十代半ばからフランスで研鑽を積んだ成果なのだろう。
豊かな表現力と芯の強さを感じさせる将来楽しみな才能が現れたものだ。
2で暖まった仙台フィルが、休憩後の3ではさらなる熱演を披露し、
大盛り上がりの内に終演となった。

鳴り止まぬ拍手に広上さんがひと言挨拶
「(函館は)25年ぶりです。その頃はもっと髪の毛がありました(笑)
私たちの音楽が皆さんの心の支えになれるようこれからも活動してまいります。
仙台フィルは躍進しているオーケストラです。
これからも仙台フィルをよろしくお願いいたします。」(拍手)
「では、やさしい音楽を。」と言ってアンコール。

グリーグ ホルベアの時代より「サラバンド」

初めて聴く仙台フィルは、東日本大震災で一時的に定期演奏会どころか演奏活動
自体もままならなかったと聞くだけに、今回その実力の片鱗を十分に味わわせて
もらったことを喜びたい。果たして仙台フィル定期演奏会の開かれるホール
ではどんな風に聴こえるのだろう。いつか本拠地のある仙台で定期演奏会を聴き、
その真価を味わいたいものだ。
昼公演。ほぼ満席。

<蛇足>
確か、かなり前に札響と仙台フィルの合同演奏会があったはず(記憶が曖昧、未聴)。
まだ先の話だが、札幌まで延伸される予定の北海道新幹線を使えば
札幌と仙台の往来も今よりスムーズになるのだろう。そうなったら合同演奏会
でなくても、お互いの本拠地に乗り入れて演奏会を開くということも実現可能だよな、
とつい夢想する。

<蛇足2>
この日の夜は「函館バル街」で、これも函館まで足を運ぶ動機のひとつになったことは
否定できない。札響の演奏会に遠征される方も北海道の食を味わうことを楽しみに
遠征されているようだが、旅の楽しみ方としては極めて妥当なことだと思う。
その点、札幌でも食の一大イベントに急成長したオータムフェストが開かれる毎年9月は、
札響も演奏会の企画を凝らして道外ファンの集客にも目配りしても良いのかもしれない。

c0007388_23072743.jpg



[PR]
by capricciosam | 2017-09-11 23:07 | 音楽 | Comments(0)