カテゴリ:映画( 42 )

ローレライ@試写会

◆ しかけはおもしろいんだけどねぇ

  めずらしく試写会が当たり、でかけてみた。
  
  敗戦の8月に第三の原爆が東京に投下されるのを阻止する
  ために秘密兵器「ローレライ」を乗せた潜水艦伊507号は
  太平洋を南下する…
  
  さすが福井晴敏らしくおもしろい着想だし、最初から映画を
  意識して書き下ろしたというだけに、期待度は高かった。
  しかし、作品としての出来映えは感心しなかった。
  気になった点を挙げてみると、
  ①CGがお粗末、主たる場面がCGなのだから、この出来が
   作品の印象を左右する恐れ大なのに、波からしてちゃち
   日本の技術力はもつと高いと思うのだが…
  ②主たる脇役以外の脇役の演技力のなさ
   泣きながら涙がでてこない、なんてイロハができていない?  
  ③主たる配役の内面のゆれの描写不足
  ④敗戦濃厚の時の切迫感が映像からは伝わってこない
   さすが軍人だってもう少し焦燥感があるんじゃないか
   
  特に、食糧にも事欠くような戦時下で、平気で色艶の良い兵隊
  がでてくること自体、監督以下変だと思わないんだろうか。
  戦中の潜水艦を描いた名作としてはドイツの「Uボート」(2作ある
  ようだが、一作目の、ようやく帰還したと思ったら、たった一機の
  敵機にやられて艦長以外死んでしまう作品の方です)が私の
  スタンダードなのだが、これにでてくる兵士のやつれた表情は
  リアリティがあり、いつの間にか自分も乗艦しているような気が
  したものだった。
  これに比べると、作品に引き込まれていく感じは少なく、時間
  が経つにつれて、段々醒めて観ている自分を感じてしまった。
  残念ながら少々期待ハズレと言わざるをえない。
  まあ、福井ファンは出来とは関係なく楽しめるのでしょうが…
  
c0007388_23583722.jpg

  
 
[PR]
by capricciosam | 2005-02-24 23:58 | 映画 | Comments(1)

オペラ座の怪人@映画

◆ せつないなぁ、怪人はいずこへ…
c0007388_1961996.jpg
   
  怪人が失踪して数十年が経ったオペラ座の公開オークション。
  そこで年老いたラウルはかつて怪人が愛でていたオルゴールを
  手に入れ、今は故人となった妻のクリスティーヌの墓を訪ねる。
  その墓地はかつてラウルが怪人と決闘したところ。
  墓にオルゴールをたむけようとすると、そこには黒色のリボン
  を結んだ一輪のバラが…

  全体としては、かつて観た劇団四季の構成とほぼ同じながら、
  このラストは映画版ならではの演出。
  このシーンで、怪人のクリスティーヌへの思いの深さを改めて知り、
  かつまだ生きていたのかと思わせられ、観客は思わずイスに
  座り直すことに。
  さらに、ステージと異なる演出は仮面舞踏会。
  舞踏会はろうそくによる照明らしく全体が黄色い明るさに
  包まれている。
  そこに、登場する男女は白黒のモノトーンのような衣装、小道具
  で統一され、赤い衣装の怪人が登場する不気味さを一層
  引き立たせている。
  この点、劇団四季の演出はまったく逆で、この場面が一番色彩に
  あふれ、怪人もこの色彩に同化した中で登場する。
  コントラストが大きい分、観客の感情の振れ幅も大きくなる、
  というものか。この場面の演出は映画にうまさを感じる。
  
  しかし、冒頭のシャンデリアから時代が遡る演出や、地底湖の中を
  怪人がクリスティーヌを連れて船を操る幻想的なシーンは四季版に
  うまさを感じるのだが、映画ならではの演出も随所にある。
  特に、バラ。
  劇場版でも重要な役割だったのだろうが、印象が薄い。
  この点、映画ではクローズアップを多様して怪人の思いを表す
  象徴的な役割を効果的に果たしているように感じた。
  展開のメリハリとかスムーズさは四季版に一日の長がある、
  と思うが、出来としては結構互角に近いか。
 
  でも、なんといってもA・ロイド・ウェーバーの「音楽」。
  映画では少々ロマン派風のアレンジだったが、それでも曲本来の
  力はいささかも損なわれることなく観る者の胸に迫ってくる。
  「オペラ座の怪人」と言えば、A・ロイド・ウェーバーというくらい、
  原作者以上の結びつきになっているのは、この魅力的な曲に
  よるのだろう。これは映画でも変わらない。
    
  でも、せつないなぁ。怪人の思いを想像すると…
  もちろんせつなさが怪人の境遇に由来するところもあるのだが、
  ・恋をする
  ・人を好きになる
  これを経験した人にこそ、この作品の良さがしみじみとわかるん
  じゃないのか、とこの作品に触れるたび思っててしまうのは、
  私だけだろうか。
  きちんとツボを押さえて上質な作品に仕上げてあるのは、
  好感が持てる。

  なんてことを観ながら思い浮かべて、ふと隣に座ったかみさんの
  横顔をみる。真剣にスクリーンに魅入っている。
  終わって感想を聞いてみると、かみさんも満足だったようで、
  いっときイイ時間を共有できたようだ。
  
  ところで、パンフレット写真にひとつ明らかな間違いがある。
  答えはすぐにみつかると思うが、気になる方は映画館に
  足を運んでみてはどうか。

  追:サーバー不調により画像がアップできないので、写真は後で。
  
  追追:ようやく復旧できたようです。やれやれ。
[PR]
by capricciosam | 2005-02-02 19:36 | 映画 | Comments(0)