<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

サンティ&PMFオーケストラ@pMF2005

毎年異なったメンバーで、しかも短期間に音作りをしていかねば
ならない、というハンディを背負いながら、その時時の指揮者の下、
醸し出す音に酔いしれることができたなら、これはこれで十分なる
醍醐味を味わえた、と言わねばならないだろう。
世界各国から集まった若者で構成されたPMFオーケストラの演奏
を聴くたびに、その醍醐味を味わってこれたのは幸いなこと。
しかし、百数十人からなる同オケだけに毎年音量は申し分ないが、
技術を超えた「ニュアンス」の乏しさが時に露見するのは、いささか
やむをえないことなのかな、と少々あきらめ気味でもあった。
まあ、ヌーボーと思えば、それはそれでそのフルーティな味わいを
楽しむことができる。なにもヌーボーにヴィンテージと同じことを
求めても、それは瀬のないこと。
そんなことを感じながら、毎年同オケの仕上がりぶりを楽しんできた。
しかし、昨夜は「奇跡」が起きたのではないか、と感じられる瞬間が
あった。そこには見事に「ニュアンス」があった。
ヌーボーなのに「こく」を感じる瞬間があった。
ロッシーニの序曲とレスピーギのローマ三部作という色彩感あふれる
イタリアもので構成されたプログラムもかなり寄与しているとは思うが
それでも丁寧にかつニュアンス豊かにプロオケ顔負けの演奏を展開
してくれたことには正直驚いた。
これは指揮者ネルロ・サンティのトレーナーとしての貢献や大と言える
であろう。ネルロ・サンティおじさん、恐るべし。
74歳と高齢なのは心配な点だが、思わず来年も来てくれることを
期待してしまった。
昨夜の演奏会は、これまでのPMFオーケストラの演奏史上でも、
一二を争う最高の出来として語り継がれていくのではなかろうか。
今日のピクニック・コンサートを終えてから、大阪、名古屋、東京と
巡演するようだが、各地での反応やいかに。

写真は「爆演系」バティスのCD/レスピーギ/ローマ3部作
c0007388_8364521.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-07-31 08:49 | 音楽 | Comments(4)

プロ

緊張して訪ねた。
こちらの用意した推敲を重ねた資料はほとんど一顧だにせず、
添付資料とした本資料に目をとおして、こちらの話を聞いて
ほぼ話のツボを得た答えが返ってきて、予定時間を大幅に
短縮して面会時間は終わった。
さすがプロ。
どんな分野にもプロはいる、ということを改めて思い知らされる。
得した気分とともに、しきりに感心して退出したら、
晴れ上がった空がまぶしかった。
[PR]
by capricciosam | 2005-07-28 22:57 | 時の移ろい | Comments(0)

台風一過

どうやら台風は本州や北海道を縦断せずに
海上を去って、温帯低気圧になりそうです。
雨もいつか止んで、青空が見えてきました。
「よかった」
でも、吹く風がなにか変です。
普通、台風一過の後には、「あっつ~い」南風が
吹くはずなのに、冷たいんです。
どうしたんでしょう。
昨年のような猛暑はおことわりなんですが、
それにしても、もう秋風の気配なんて…
なんやかや言っても、「あっつ~い」夏が、
やはり待ち遠しいですね。
[PR]
by capricciosam | 2005-07-27 21:58 | 時の移ろい | Comments(2)

私的トリビア

家庭菜園でキャベツを作られた方なら、キャベツにアオムシがついて
すっかり食われてしまった、という経験はありませんか。
ところで、どうしてアオムシはキャベツが好きなんでしょうか。
以下は、ネットで偶然目にした2つ文章をつなぎ合わせた要旨です。
(ところどころ私の感想がはいっています)

生物は動的恒常性を有していますが、その動的恒常性を維持する
材料と言えば、「他の生物」にほかならないのです。
生物とは自分は食われずに、相手を食おうとしているもの、とも言える
訳です。

  食うものと食われるものと世にありて
      食われてしまえばそれまでのこと  
             大岡 博

なんか身も蓋もない歌ですが、自然界の掟そのものなのでしょう。
そこで、「食われないためのバリアー」と「相手バリアーをうち破る
ための武器」の進化を怠ってしまうとどうなるか。
前者は食われ尽くし、後者は食うものがなくなって絶滅することに。
ところで、自ら動くことができない植物の「食われないためのバリア
ー」とはなんでしょうか。
多くの場合は捕食者に「有害な物質」を蓄積して自らを防御していま
す。その中のひとつ「カラシ油配糖体」はアブラナ科植物に含まれて
いて、細胞が傷つけられると、分解酵素の働きで捕食者の嫌う
「辛味」「苦味」を生成することになります。
わさびの辛味、大根おろしの辛味がその例ですね。
そこでアブラナ科の代表作物であるキャベツも「カラシ油配糖体」に
よって食べられることを阻止しようとしている訳ですが、モンシロチョウ
の幼虫、俗に言う「アオムシ」はキャベツが大好き。
でも、これって大丈夫なの、と思いませんか。
「アオムシ」は「有害な物質」が平気なのか?
「アオムシ」は奇人変人の類なのか?
これは、蝶とキャベツとの「いたちごっこ」に近い進化が関連している
ようで、アオムシがなんらかのきっかけで「カラシ油配糖体」に対応
できるようになったことによるようです。
一旦こういう関係ができあがると、いろいろな植物に対応するよりも、
ある特定の植物に対応していくほうが食べるほうには効率的になり
ますから、そこでキャベツばかりが大好物化してしまったようです。
ある植物が特定の植物を食べる場合、その植物を「食草」と言うそう
ですが、「モンシロチョウの食草はアブラナ科の植物」とでも言うので
しょうか。

好きじゃない相手にきらいになってもらおうとして、相手にいじわるを
したら、逆にますます好きになられてしまった!?、こんな感じにも
置き換えられそうですね。
なんとも不思議な話です。
[PR]
by capricciosam | 2005-07-26 05:59 | 時の移ろい | Comments(0)

フーッ

晴れなんだけれど、すっきりとはしない天気でした。
ほっとけない用事を片づけるために外出していたのですが、
疲れがでたようで、終わって家に着いたらバタンキュー。
用事は一歩以上前進で、手応えはあったのですが、
今日の天気同様、なかなかスッキリとはいきません。
疲れたのでもう寝ます。
[PR]
by capricciosam | 2005-07-24 23:24 | 時の移ろい | Comments(0)

東京クワルテット@PMF2005

札幌の初夏を彩る教育音楽祭PMFが今年も始まった。
「祭」ゆえ、例えコンサートでも「聴きに行く」というよりは、「参加する」
という感覚が私としてはピッタリする。
しかし、それでも参加できるのは毎年ほんの数回がせいぜいでは
あるが、第一回から毎年参加してきたことは、私としては画期的。

先夜は東京カルテットの演奏会に足を運んだ。
今年から室内楽コースも設けられ、その一環で東京カルテットも来札
したようだ。在米の日本人で結成以来35年、メンバー交代を経ながら
も高い評価を受けており、ぜひ一度生で聴きたかったカルテット
だった。
当夜の演奏曲目はモーツァルト、林光、ブラームスであったが、
いずれの曲もかけひきの妙を十分に味わわせてくれ、アンサンブルの
うまさには感心した。その奏でる音も、音圧を感じさせる先鋭な音では
なく、熟成された大人の味わい、とでも言ったら良いのであろうか。
特に、ブラームスの弦楽四重奏第一番はディスクでは、ほの暗く陰鬱
な感じの第一楽章からしてなじみ難く、聴きとおすのが苦手な曲の
ひとつで、なんとも心配ではあったが、まさしく「熱演」で、ぐいぐい
引込まれ、曲想の変化を十分楽しめたのは望外の喜びであった。
終演後、あまり良い入りとは言えない会場からもブラボーがしきり
にとんでいた。

バーンスタインの提唱で始まったPMFも、ひょんなことから札幌で
開催され、今年で第16回目。最近は景気の低迷もあって資金難から
苦しい運営の様子だが、これからも続けていってもらいたいものだ。

写真は東京カルテットのCD/シューベルト/死と乙女
c0007388_11205777.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-07-23 11:45 | 音楽 | Comments(0)

またか…

どうもPCの動作が重く、ひきづるような感じになって
きたので、
「ひょっとして、またか」
と、あわてて対策ソフトを起動しましたが、ウィルスは
検出されず。
以前侵入されてヒドイ目に遭いました。
「でも、スパイウェアということも…」
我がPCはウィルス対策ソフトしか入っていません。
と言う訳で、急いでソフトをダウンロードしてみたら、
「あった!」
「どこからはいったんだろう?」
さっそく除去しましたが、ヒヤヒヤもんですね。
これで回復してくれると良いのですが。
[PR]
by capricciosam | 2005-07-19 23:55 | 時の移ろい | Comments(0)

誤認していた!

3連休の最終日、今日も蒸し暑いです。
長時間PCに向かえるくらい、腰の調子もだいぶ良くなりました。
とは言っても、依然腰痛ベルトのお世話になっているのは、
トホホなのですが…。

以前は雪も融けると、庭の餌台にも餌は置きませんでした。
設置した当初は、夏にかけての野鳥の訪れに淡い期待をかけてエサ
を置いたのですが、生きとし生けるものが活発に活動すると餌も豊富 
になるのか、すずめ以外さっぱりこないので、単調になって止めちゃ
いました。
ところが、今冬に置いたヒマワリの種子をシメがついばみに来てくれて
から、雪解け後も餌台の下に散らかった種子目当てに、しばしばシメ
が来てくれるようになり、喜んでいました。
でも、シメにしてはなんとなく一回り小型化して、羽の色も違うなぁ、と
違和感も覚えていました。
「シメか?、なんかちょっと違うなぁ、なんていう鳥なんだ」
「きっとシメの幼鳥なんだよ、孵化したばかりだから外観が違うのさ」
と、何の根拠もなくカミサンと話してはなんとなく納得していました。
一応、図鑑にも当たりましたが、この時ははっきりしませんでした。
それでも、この鳥たちは夏になっても餌台を定期的に訪れてくれて、
私たちも、その愛らしい鈴音のような鳴き声(チリリ)にもすっかり
なじんでいました。
今日も今日とて、3羽が訪れてくれて、「おーっ、来たか」と
ながめていたのですが、やはり見れば見る程どうもシメらしくない
のです。
そこで、再び野鳥図鑑に当たって丹念に見ていくと…、
ようやくわかりました!違和感は正しかったようです。
同じ科の「カワラヒワ」だったのです。特徴がどんぴしゃりでした。
時間が経って、特徴が際だってきたお陰のようです。
ようやく胸のつかえがとれました。
写真はシャッターチャンスを逃したので、そのうち載せたいと
思います。
とりあえず、興味のある方はこれを参照してください。
ヤフー野鳥図鑑
[PR]
by capricciosam | 2005-07-18 23:34 | 時の移ろい | Comments(3)

治療の道険し③

なんとも蒸し暑い3連休の中日です。
腰痛というアクシデントがなければ、ちょいと遠出の予定でしたが、
残念。休み明けの仕事再開に備えて、腰痛ベルトをしながら
座ったり、動き回ったりしています。依然腰の重みと張りはある
ものの、だいぶ動けるようになりました。

今日は、新たなリンクを加えてマイブログも若干修正しました。
リンクしたお二人は、現在北海道にお住まいのプロの作家です。

佐々木さんは現在道東にお住まいで、ブログを開設される
前からHPをよくのぞいていましたが、ほぼ毎日更新される几帳面
さと読後感想の多さにはいつも尊敬の念を抱いていました。
さすがはプロです。(執筆して、読書してさらにブログなんて、素人
の身には想像の外です)
記事の中で作品を作り出す「創作の苦しみ」がよくでてきますが、
意外だったのは、自分のアイデアがでない時の苦しみよりも、
周囲の第三者の邪魔によってノっている執筆活動を中断される
ことが頻繁にでてくることでした。
この場合の第三者は記事を読んでいくと、おしなべて「イノセント」
という感じで、無邪気ではあるが相手への配慮が絶望的に欠けて
います。過疎地にいけば、どうしても諸々の「おつきあい」が発生
してしまう頻度が高いことによるようですが、お気の毒としか言い
ようがありません。
どうか、めげずに創作活動に励んでいただきたいものです。

志水さん(ファンは愛情こめて「シミタツ」と言います)は、以前
まとまって著作を読んだことがあり、それ以来私にとっては
気になる作家のお一人でした。
数年前、偶然に手にした週刊誌の記事で札幌にお住まいを
移されていることがわかり、それ以来ちょくちょくホームページを
のぞいています。不定期に更新されている「きのうの話」には
札幌や北海道に関する話題もよく登場します。
例えば札幌地下鉄の中吊りの情報の貧弱さに言及していた時は、
素人の私にも大いに頷けました。指摘を受けた当時はほんとに
寂しい限りでしたが、今でもたいして変わったとも思えません。
これも北海道経済の弱体ぶりの一断面なのでしょう。
札幌市民(道民)には「耳の痛い話」もでてきますが、傾聴に値する
と思います。
期限付きでこられたようですが、ぜひ延長していただきたいものです。

これからも道内在住のHPやブログを有するプロ作家の方がいれば、
追加していきたいと考えています。
[PR]
by capricciosam | 2005-07-17 17:45 | 時の移ろい | Comments(2)

治癒の道険し②

まだ腰の筋肉に「しなやかさ」は取り戻せませんが、なんとか
腰痛ベルトをつけながらでも立ち上がって通常に近い動作を
できるようになりました。
ただし、腰を少し曲げてかがむことはとてもツライので依然
できません。
洗面するのも、洗面台の前でひざまづいてやっています。
それと、座っていて立ち上がったりすると、しばらく腰の筋肉
がギシギシと悲鳴をあげて、歩き方もぎこちない限りです。
やはり腰に「重み」を感じて、とても本調子とはいきません。
でも、今朝は久しぶりに布団をあげて少しすっきりしました。

ところで、腰痛で七転八倒している間に、知床が「世界遺産」
に登録になりました。
知床のほぼ手つかずの自然や雄大さは何にも代え難いもの
があると思うので、朗報と言って良いのでしょう。
道産子ですが、行ったことがあるのは2回だけ。
一回はドライブがてらの観光で、あと一回は三十代の時の登山。
この登山は、早朝斜里町側の登山口(木下小屋)から登って、
羅臼岳、三ツ峰、サシルイ岳、南岳、知円別岳、硫黄山を経て
硫黄山登山口に至る縦走でした。
当日は天候にも恵まれ、三ツ峰からはすれ違う登山者とてなく、
我々一行がヒグマがでないことを祈りながら、黙々と歩を進めて
いるだけでした。実際驚くくらいの静寂が支配していました。
硫黄山からの下山では、これまでの長丁場を振り返って、
嬉しさがこみ上げてきてたまりませんでした。それに、
凪いだ沖を漁船が長い航跡を残して進んでいる様をみていると、
緊張していた気持ちが一層ほぐれていく感じでした。
カムイワッカの湯の滝壷で入湯している人たちを眼下にして、
ようやく登山口に到着した時はもう日もだいぶ傾いていました。
「やっと着いたか」
登山口からはさらに車で移動し、めいめいが長距離を運転して
日もたっぷりと暮れて、もう寝ようかとう時間に自宅にたどり
着きました。
このコースはヤマケイのアルペンガイドでは健脚向けの
一泊二日コースとして紹介されていますが、我々一行は
日程もとれなかったため日帰りでやってしまったのでした。
今振り返ってもずいぶんクレイジーなことをやったものです。

「知床」というと私は必ずこの時の登山を懐かしく思い出します。
思い出の中では体力のあった頃の自分がいつまでも残って
いますが、時の過ぎゆく中で何も手を打たなかった体力は
正直でした。
これでも20代頃には腹筋が段々になってはっきりわかったのに、
今じゃあ触るとまるで手応えがなく、腰痛体操で5秒と同じ姿勢を
とれませんでした。すぐふるえがきます。
(別にアル中ではありません)
でも毎日少しずつやることで、
「おーっ、(腹筋の)手応えを感じる」
くらいになりましたから、この歳からでもある程度は復活できる
のかも…。まあ、遅すぎる、ということはないのかもしれないので、
がんばってみますか。
[PR]
by capricciosam | 2005-07-16 18:30 | 時の移ろい | Comments(2)