<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

慌ただしく時は過ぎて

携帯が鳴った。
「○○病院です。血圧が80~60と下がってきました」
おじに緊急事態が発生した場合は私の携帯に連絡を
もらうことにしてありました。
27日の午後6時過ぎ頃のことです。
まだ職場にいたのですが、急いで仕事を片づけ、
一旦帰宅して、母とカミサンを連れて病院に向かいました。
おじはベッドの上で大きな呼吸音をたてていました。
まるで精一杯生きようという強い意志の現れのようです。
担当医の話では危険な状態であることから、
3人でそのまま病院に泊まり込みました。
翌朝にかけて段々呼吸の間隔もあきだし、
音も小さく弱くなって、血圧も30と徐々に低下して、
午前8時過ぎに眠るように息を引き取りました。
臨終に立ち会ったのは私たち3人でした。

おじは末期ガンで緩和ケア病棟に入院していました。
事情があって死んだ父と母がおじ夫婦のめんどうを
みていましたが、父が死んだ後は私たち夫婦が引継いで
母とともにお世話にあたってきました。
喪主であるべきおばは重度の痴呆で、車椅子生活です。
臨終はおろか、葬儀に立ち会うこともできません。
火葬場に向かう途中で迂回してもらい、入居している
老人ホーム前を徐行して、玄関前で車椅子に
座るおばとの最後のお別れをしました。
そばに寄り添う職員の方がおばの腕をとり、
おばが手を降ってくれるようにしてくれました。
今生の別れだというのに、おばにはわかりません。
事情を知る私たちにはつらい対面の様子です。

慌ただしく葬儀を終え、納骨を済ませて昨夜帰宅しました。
生前おじにお願いされてきたことは何とか務められた、
という安堵感と虚脱感しか、今はありません。
これからもいろいろ胸に去来するのでしょうが、
今は決して平坦でなかった人生を歩まざるを得なかった
おじの冥福を祈るばかりです。
[PR]
by capricciosam | 2006-04-30 07:54 | 時の移ろい | Comments(2)

盲導犬とのふれあい2006②

毎年見学で欠かすことができないコーナーがあります。
シニアとして身近に感じる「老犬ホーム」です。(^^)
c0007388_18413615.jpg

老犬と言っても、元気な犬は人なっこそうに見学者に
寄ってきます。引退してからまだ日も浅いのでしょうか。
c0007388_1843855.jpg

彼らだけ見ているとまだまだ活躍できそうですが、
一方では寝たきりで、おっくうそうに私たちに目を向ける犬
もいます。それも確認したら、すぐ目をつぶってしまいます。
老衰が進んでいるのでしょう。騒がして申し訳ない気分です。
c0007388_1852107.jpg

室内には祭壇が設けられ、骨箱が2つ置かれていました。
骨箱には犬たちの生前の活躍していた頃らしい写真が貼られていて
ぐっと気持ちが引き寄せられました。
無事天寿を全うした彼らの霊が安眠できますように。
c0007388_1845862.jpg

このイベントには盲人の方も大勢みえられますが、
ある年輩の女性が愛犬とともに、持参したカメラで写真を
撮ってもらっている光景に出くわしました。
盲人の方がカメラ?写真?
その方はできあがった写真を見ることは叶わないことです。
しかし、愛犬とともにいた証として、他者とのふれあいとして、
心の支えとして、その写真の果たす役割は健常者が
考える以上に案外あるのかもしれません。
そんな気持ちになりました。
その様子を見守る少女たちは、どう感じたのかな。
c0007388_1933524.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-04-25 19:15 | 時の移ろい | Comments(2)

盲導犬とのふれあい2006①

今日は年に一度のガイドドッグ・オープンデー。
朝食後、うっかり寝込んでしまい、あわてて会場へ。
道路には雪はまったく見あたらないのですが、会場近くの
藻岩山には残雪も見えます。
今年は春先の低温が続いているせいか、昨年に比べ寒い感じ。
それでも横断幕が見えてくると、何故かウキウキ。
c0007388_0142182.jpg

入場してみると今年は会場に変なオブジェが。
c0007388_015185.jpg

係りの人に聞いたら、なんでも札幌駅前でのイベントで
使われたものだとか。もったいないので、とのこと。
まあ、にぎわいのひとつと考えて、これもOKでしょう。
今年も大勢の人でにぎわっていました。
感心をもたれるのは良いことです。
c0007388_0153550.jpg

初の体験をひとつ。それは、「暗闇体験」。
c0007388_0165545.jpg

いや、真っ暗闇とはこんな感じなんでしょう。
遮光が完璧で、まさしく「真っ暗闇」状態。
壁を手探りで歩きましたが、いや~、おっかないもんです。
やはり、頭でアレコレ考えてしまいます。直感が働きません。
光とか、視力のありがたさをつくづく感じました。
と、同時に盲人の方のご苦労が忍ばれました。
屋内のパピーウォーカーのコーナーには、数頭のパピーが。
盲導犬訓練を受けていないので、元気一杯で「やんちゃ」そのもの。
見ていて飽きません。
c0007388_0174187.jpg

そして階段の踊り場には見覚えのある写真が。
c0007388_0221246.jpg

「ふりむくなビーン」
私が盲導犬協会とつながりを持つきっかけになった広告です。
インパクトのある広告につられて一歩踏み出した感じです。
いまだに忘れられませんね。
[PR]
by capricciosam | 2006-04-23 23:58 | 時の移ろい | Comments(0)

札幌交響楽団第488回定期演奏会@Kitara2006

ドイツ・レクイエムは「ドイツ語によるレクイエム」という意味らしい。
ではレクイエムとはどんな意味なのか。
requiem(ラテン語)休息
永遠の休息=死にたどりつくことは生きとし生ける者の必然。
死者のためのミサ曲の初めの歌詞がレクイエムと始まること
から曲全体の名称をレクイエムと呼ぶようになったようだ。
そこでレクイエムと言えば、死者のためのミサ曲を指す訳だ。
従って、この曲は本来死者の魂を鎮めることを目的とするだけで良い訳だが、
今回演奏されたドイツ・レクイエムはやや趣を異にする雰囲気がある、
と常々感じている。
それは生き残った者への視点である。
死者との悲しい別れから悲嘆に暮れる生き残った者の魂もなぐさめ、
鎮めようとするような視点である。
それで、この曲を聴くときは、やさしく慰撫してくれるニュアンスを求めて
ついつい聴いてしまうクセがある。
もっとも、ひたすらドラマティックに歌い上げても、
それはそれで十分成り立ってしまう側面も否定はできない。
いづれにせよ、ブラームス畢生の大作であることは間違いない。

さて、前置きが長くなったが、この曲はなんといっても、
「合唱」と「独唱」の出来に左右される、と思っている。
特に、約70分間ほぼ歌いっぱなしの「合唱」の負担は大きい。
今回の札響定期に登場した札幌合唱連盟は高校生も含めた152名と大所帯で、
ところどころ棒読みのような歌い方も散見されたものの、大いに健闘していた、
といっても過言ではない。
しかも、よくあるPブロックへの配置ではなく、ステージに配置されたことで、
オケとの一体感はより強く感じられた。
しかし、あふれんばかりのステージは久しぶりでした。(^^)
また、独唱の二人の歌唱の水準は高く、特に、バリトンは感情たっぷりに、
深々とした響きで会場を満たしていた。
札響も低弦と管を中心にまとまった演奏をしていた。
しかし、先に述べたニュアンスはあまり感じられず、ドラマティックな
大曲風に終わったことは、私としては少々残念。
これは暗譜でとおした尾高監督の解釈なのでしょうね。
終わってみれば、多少のキズはあったものの、ライブとしては
りっぱな演奏で、この曲の実演に接することはほぼ可能性がない、
と思っていただけに、とても印象深い演奏会でした。

昼公演でしたが、8~9割の入りで、札響定期の2公演化も
一周年を過ぎて定着してきたような感じを受けました。
c0007388_0122364.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-04-22 23:50 | 音楽 | Comments(2)

さえずりは聞こえず

更新が滞っていましたが、ボチボチやっています。

わが家の庭にはカワラヒワが数羽訪れて、鈴でも
鳴っているようなさえずりを聞くことができるようになりました。
でも、依然としてスズメのさえずりは聞かれません。
ことスズメに関してはR・カーソンの「沈黙の春」のようです。

(略)自然は沈黙した。うす気味悪い。
鳥たちは、どこへ行ってしまったのか。
みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。(略)

大量死の原因についての続報もありませんが、
道内で(仮称)北海道スズメネットークが作られ、
データ収集により全容解明を目指す動きが報じられ
ています。ネットワーク発起人の方が、

「野生動物の個体群に激変があった場合、欧米には
国などによる調査システムがあるが、日本にはない」

と発言されていますが、改めてなかったことに驚くとともに、
我が国でも至急構築する必要があるように思います。
[PR]
by capricciosam | 2006-04-21 07:14 | 時の移ろい | Comments(2)

スズメに何が起こったのか?

わが家の餌台にこの冬は野鳥がさっぱり姿をみせて
くれなかったことは、このブログでもたびたびボヤいたので、
ご記憶の方もいるかもしれません。
でも、一年中見られるスズメはこの野鳥には含まれて
いなかったはずだったのですが、雪が本格化した頃の朝に
姿を見たきりで、これまた全然姿を見せてくれないのです。
前シーズンまではそんなことはありませんでしたから、
餌台には頻繁に彼らの好きな米粒を置いてあげていました。
ところが、今シーズンは餌台の米粒がさっぱり減りません。
姿を見せないのですから当たり前ですね。
スズメ以外の野鳥にばかり気を取られていて、うかつでした。
雪が融けてきてからも、餌台の米粒は減っていません。
一体全体どうしたことか、と思っていたら、

スズメ、どこへ-全道各地で今冬大量死?移動?
住宅でスズメ大量死 支庁が原因調査 旭川市
スズメ死骸情報、1日で300羽分に 上川支庁

スズメに関して立て続けに報道がなされています。
どうやらスズメが消えた現象はわが家だけの話ではなさそうです。
道央や道北から、一ヶ所に大量の死骸が発見される、
という情報が集まっている様子から、ますます謎めいてきます。

カミサンの話では、今日のわが家の餌台には
キレンジャクとヒヨドリが訪れたとのことですが、
スズメは一羽も姿を見せなかったそうです。
依然姿を現さないスズメ。

一体全体、スズメに何が起きたのでしょうか?
[PR]
by capricciosam | 2006-04-11 23:21 | 時の移ろい | Comments(6)

漫画家

夜ダラダラとTVを観ていましたが、「新日曜美術館」の
レオナルド・ダ・ヴィンチ特集は興味深かったですね。
この特集も「ダ・ヴィンチ・コード」の影響もあるとは思う
のですが、結構おもしろい小ネタ(トリビア)がありました。

・レオナルド・ダ・ヴィンチとは「ヴィンチ村のレオナルド」という意味。
・生涯に描いた絵は15~20枚と極端に少ないのは「スフマート」
 という手間と時間のかかる技法のせい、緻密さ故に量産は不可能
・「最後の審判」は当時のフレスコ技法ではなく、テンペラ技法で
 描かれたため、早期に絵が傷んだ
・晩年はフランスに渡り、パリ郊外の別荘で67歳で死んだ
・生涯手放さなかった絵は3枚
 「聖アンナと聖母子」「モナ・リザ」「洗礼者聖ヨハネ」

「モナ・リザが不思議な魅力を放つのは能面に似ているからで、
いろいろなメッセージ性が感じられて、答えをだすことができない」

ゲストの漫画家のかわぐちかいじさんがおっしゃっていましたが、
同感ですね。
その後、チャンネルを変えたら同じく漫画家の一条ゆかりさんが
特集されていました。大変有名な方のようですが、さっぱり
わからないジャンルの方なので、印象に残った言葉だけ
ご紹介しておきます。

■今できることを今やって、その積み重ねが人生
[PR]
by capricciosam | 2006-04-10 00:13 | 時の移ろい | Comments(2)

海水はすっぱい!?

太平洋がじわじわ酸性化しているらしい。
15年前にくらべて水素イオン濃度(pH)が0.025低下とのことだ。
pH=7が中性で、それより低ければ酸性ということになる。
そもそもがどの程度のpHなのか、このニュースでは不明なのだが、
調査研究した科学者の見解は、「劇的な変化」とのことだ。
「海水はしょっぱい」が、将来は「海水はすっぱい」
に変わるのだろうか?
単なるダジャレで済めば良いとは思うのだが、
そうはいかないのかもなぁ。
深刻な話なんだろうなぁ。
生態系への影響が心配されているらしいが、
その原因が大気中に増えた二酸化炭素の吸収によるため、
と推測されている。
この辺が原因となれば、やはり人工的な要因を連想してしまう。
やはり、人間って罪深いのかなぁ、とちょっと悲観的。
[PR]
by capricciosam | 2006-04-07 22:53 | 時の移ろい | Comments(0)

EXCITEさん、どうしたの?再び

今夜は更新するつもりはなかったのですが、
またスパムTBが4つあるのを発見しました。
いずれも海外からのようです。
いつものように拒否設定をすると、いずれも

「指定されたURLはエキサイトブログ共通の
拒否設定に登録されています」

と表示されて、個別に拒否設定できません。
つまり、今後TBされないように個別には拒否設定
できない、という訳です。

そもそも、どうして共通の拒否設定をすり抜けて
TBされてしまうのか?さっぱりわかりません。

先日も書いたのですが、エキサイト自体の設定が
果たして有効に機能しているのか、疑問です。
また、共通に拒否設定されていても、個別でも
拒否設定ができるようにすべきだと思います。
へたな仕組みはかえって利用者には不便です。
共通の拒否設定の強化と、たとえ共通の拒否設定が
されていても個別での拒否設定ができるように
してもらいたい、と思います。

追記:エキサイト向上委員会へ本記事をTBしたので、
    確認できるように、スパムTBは削除せずに、
    ちょっと置いておきます。

追記:念のためキーワード設定もやってみましたが、
    そんな設定も突破されてTBが続いてます。
    EXCITEの設定はほぼ無力化しているようなので、
    あきらめて現在のスパムTBは削除します。
    でも、また来るかもしれない、と思ったらうんざりです。
    中途半端な共通拒否設定なんか止めて、
    個々で設定できるようにしてくれたほうがましです。
    EXCITEの技術力のパワーアップを望みたいですね。
  
[PR]
by capricciosam | 2006-04-05 23:57 | 時の移ろい | Comments(4)

待てば海路の日和あり・続き

先日話題にしたヒヨドリとキレンジャクの対決ですが、
写真ができあがりました。
c0007388_20464489.jpg

c0007388_20471343.jpg

キレンジャクが身を硬くして、威嚇しつつ立ち向かっている様子が
おわかりになりますでしょうか。
背中の毛が逆立っています。
りんごは固定していないので、お互いが交互に食べると、
アチコチ移動してしまいます。

今朝はツグミが顔をだしたな、と思ったら
すぐ追い払われてしまいました。
追い払ったのは、なんとヒレンジャクでした。
今朝は一羽だけで餌を食べに来ていましたが、
カミサンの話ではお昼頃に群れになって来たようです。
見たかったなぁ。
[PR]
by capricciosam | 2006-04-04 20:56 | 時の移ろい | Comments(2)