<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

梅原龍三郎展@大丸札幌店2006

日曜日は演奏会の後、「梅原龍三郎展」に行ってきました。
梅原が日本の画壇を代表する画家であったことや、かつて
雑誌等でみた中国での作品の強烈な印象もあったりしたのですが、
それ以上特に関心を深めることもなかったのでちょうど良い機会でした。
没後20年の回顧展とのことでしたので、生涯に渡る画業の概要を
みることができるのでは、と意気込んで足を運びました。

会場は梅原の主たる題材となった「花」「風景」「裸婦」「肖像」の
テーマに分かれていたのはわかりやすかったのですが、如何せん、
展示作品のボリュームが総体的に乏しく、もう少し画集等に収録される
代表作が観られるのか、と思っていたのでこの点は期待ハズレでした。

ただ、個人的には興味深い点もありました。
「肖像」のコーナーで普通のキャンバスではなく、金属の板に
油絵の具で描かれた2点の自画像が並んで展示されていました。
この描き方も珍しかったのですが、最初の一点は紙や眼も黒々として、
力強い眼光には創作意欲に満ちあふれているかのような
エネルギッシュさが感じられます。
ところが、翌年描かれた一点は白髪とともに目の輪郭もぼやけ、
老境に入ったありのままを描いているような「老人」がそこにいました。
当時、梅原は80歳間近。
この年あたりで心境や体調の変化があったのか、
創作のテンションが落ちたのか、と思わず推測してしまいました。

その他関わりのあったルノワール、ピカソ、マチス、白樺派の作家との
作品や書簡が同時に展示されていましたが、
中でもマチスの女性を描いた素描は簡潔な表現ながら素敵な一品でした。
また、ルオーの作品を日本に持ち込んだ初めての人が梅原だったことや、
ルノワールやルオーと生前交流できたとは、想像もできませんでした。

それと書簡ですが、例えば梅原に宛てた武者小路実篤の手紙に
書かれた字なんて正直ヘタなんですが、読んでみるときちんと
気持ちが伝わる感じで、手紙の原点はやはりきれいな字や美辞麗句よりも
ここなんだなぁ、と改めて思い直しました。
(そう言えば、電話、メールばかりで最近「手紙」も書いた記憶がありませんね。)

今回の展覧会は展示はイマイチの感があったのですが、画業周辺も
多く展示されたことで梅原の人となりの一端を知ることができたような気分
になりました。
余談ですが、梅原龍三郎の風貌は谷崎潤一郎にチラっと似ているところが
あるなぁ、と思いました。
c0007388_19475961.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-10-31 19:48 | 展覧会 | Comments(2)

999人の第九・2006年@Kitara

昨日帰宅してから更新しようと思って書きかけたのですが、
本番終了後も買い物したり絵をみたりしていたので、
疲れがでたのかPCに向かっていられず、更新途中でダウンでした。

日曜日は所属する「999人の第九の会」の演奏会でした。
昨年はアクシデントで本番2日前の指揮者練習まで参加した
ところで断念せざるを得なかったのですが、今年は本番を無事終えて、
今現在でも心地よい疲労を感じつつ、余韻を楽しんでいます。

この週末は金曜日の指揮者による練習、土曜日のオケとのリハーサル、
そして日曜日の本番と、次第に緊張感が高まる日々を過ごしていました。

今回の指揮者の高関さん(札響正指揮者)はベーレンライター版の使用、
ヴァイオリンの対向配置、分析的な読み等、「こだわり」を感じさせる方でした。
この対向配置も合唱団席で聴いていると、普段埋もれがちな
第二ヴァイオリンの響きがはっきり聞こえたりして、なかなか興味深い
ものがありました。
それから指導に当たっては、テンポのズレや合唱の出の遅れに関しては
決して妥協されずに、何度も丁寧に指導していただいたことには
頭がさがりました。そのメリハリをつけた指導ぶりは、我々素人にも
わかりやすいもので、大変充実した指導をしていただいたと思っています。
「私は親切な指揮者ではありませんよ」
と、練習の時は笑っておっしゃっていましたが、いえいえどうして、
本番ではすべて暗譜で通す中で、我々合唱団にはとてもメリハリ
のついた指揮でリードしていただき、暖かい人柄を感じました。
音楽自体にはこだわりをもって追求されているようですが、
オケから導き出す響きやその人柄にはとても親しみを覚えました。
実はこれまで高関&札響のコンビで演奏を聴いたことがなかった
のですが、ぜひ客席で聴いてみたくなりました。

ところで、当日の自分の出来としては十分声を出すことができて、
まあまあ練習の成果は出せたのかな、という気もするのですが、
ステージ横の席で聴いていたカミサンに「どうだった?」と感想を訊くと、
合唱は不揃いなところもあった、と辛口の評価をもらっちゃいました。トホ。
(そういえば、いよいよ会場に向かうという時に、普段合唱を指導して
いただいているK先生に
「この合唱団の悪い点はすぐ忘れてしまうことです。」
「これまでの指導を受けた点を思い出して歌ってくださいね。」
と、言われましたが、まったくそのとおりな部分がでたのでしょうね)
でも、合唱のメリハリはこれまでで一番かな、と自画自賛(^^)

さて、出番も無事終り、これからは「鑑賞の秋」を楽しみたいところです。
c0007388_23554726.jpg

<追記>
当日会場でお聴きになっていたsgr813さんが終演直後の写真を
撮られていました。許可を得て掲載させていただきます。
sgr813さん、ありがとうございます。
c0007388_7441021.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-10-29 23:55 | 音楽 | Comments(4)

ちょっと、ちょっと日本一ばい!!@VS中日・日本シリーズ

いや~、結果がでた今でも「シンジラレナ~イ」
レギュラーシーズンから投打が良くても、いくら地元とは言え、
さすが王手の今夜は硬くなってもおかしくないのに…。
ベンチの雰囲気が中日よりは良いように感じていましたが、
それにしても地元札幌で優勝を決めてくれるなんて!!
ホント、日ハムは強かった。

今夜もTVで中継を観られたのは5回から。
食事しながら観ていると、金子のスクイズで同点に追いつき、
6回にはセギノールのHR(ちょっと、ちょっとのポーズでました)。
これで食べたものの消化もグッと進みました(気分です)。
2点差で安心して観ていたら、8回には稲葉のソロHR。とどめです。
次の新庄はもう泣いていましたが、思いっきり振って三振。
いいじゃないですか~、新庄らしい散り際です。
ウィニングボールは森本が捕って、新庄と抱き合っていたけれど、
驚いたことに歓喜の輪が新庄のいる外野に移動しましたね。
こんなの初めて見ました。
札幌移転3年目でのこの快挙に果たした新庄の効果は計り知れません。
「俺らしく生きていくばい」と言う新庄ですが、どこに行こうが
多くの道民はきっと新庄を忘れません。

それに監督や選手が札幌で決めたいと意気込むくらい、ファンの応援は最高。
ドームの応援ぶりや一体感は最高でした。
できればあの場で応援できたら、最高だったでしょうね。

さあ、これから「ビールかけ」シーンを見なくっちゃ。

日本シリーズ優勝おめでとう!!
北海道日本ハムファイターズ最高!!
c0007388_161859.jpg

<追記>
最後の打席で泣いていた新庄が、キャッチャーの谷繁から
「泣くな、まっすぐ投げるから」
と言われた、とインタビューで話していました。良い話です。
[PR]
by capricciosam | 2006-10-26 22:57 | 時の移ろい | Comments(4)

お昼休み

良い天気が続きますが、それと引き換えという訳でもないのでしょうが、
朝の冷え込みも一段と厳しくなってきました。
今週は毎夜帰宅が遅いため、日本シリーズ観戦も食事しながら途中から
しかみれない日々です。
そのせいか、今朝は寝坊して散歩はできずじまい。
そこで、発想を変えて、お昼休みに職場の近くを散歩してきました。
途中に公園があったのですが、イチョウもかなり落ちていました。
天気が良かったので、とても気持ちよかったです。
c0007388_23285267.jpg

そういえば先日31年ぶりの「つま恋コンサート」のドキュメントをやっていました。
あんなにパワフルだった拓郎ももうすぐ60歳ですか。
最後に歌った歌は、この31年含めて生きてきた同世代へのエールだったのかな。
「私は今日まで生きてみました」
でも、どうして「生きてきました」ではないんでしょうか?
昔から口ずさんでは、不思議に思っていた部分です。
「生きてみた、とりあえず。ほんとの人生はこれからさ。俺にはまだ可能性がある」
そんな風に受け取れるんですよね。
若いからこそなんでしょうけれど、あの頃拓郎は若かった、聴いてる私は幼かった。

◆チーム全体が乗っている中での心配事「金村」も謝罪と勝利し、ついに王手だ。
[PR]
by capricciosam | 2006-10-25 23:47 | 時の移ろい | Comments(0)

のだめカンタービレ@TV

クラシックファンの皆さんは初回でえらく反応していましたね。
ファンの端くれとして私も遅ればせながら、参加を。
とは言っても、初回も第二回目の今週も途中ちらっと見た程度でおしまい。
昨夜は遅い食事を取りながらで、途中で眠気が…。
どうも、間が悪く、気合の入った見方にはなりません。
先週もコミックをひっぱりだして原作とのストーリー展開を
比べていましたが、多少エピソードは前後するものの、
だいたい原作どおりに話は展開しているようですね。
しかし、あれだけ破天荒な漫画をよく実写で再現できるものだなぁ、
と感心しきりです。
蛇足ですが、やはり「スウィング・ガールズ」のお二人に注目してしまいます。

◆現役のプロからみたこちらがとても参考になります
c0007388_616254.jpg

<追記>
小笠原の一発で逆転し、稲葉のHRで突き放す。投も打も絶好調で2勝目。
[PR]
by capricciosam | 2006-10-24 06:18 | 音楽 | Comments(0)

トニー・ベネット

一年を通じてジャズを聴きたくなる時期というものがあるとしたら、
私の場合は秋でしょうか。
なかでも、雰囲気たっぷりに歌われるボーカルものはいいですね。
トニー・ベネットはポピュラーとジャズの境目にいるような感じの方ですが、
私にはジャズのフィーリングが十分あるように感じられます。
先日TVで偶然目にしたのですが、トニー・ベネットは80歳の今でも
現役で、新たにCDも出されたとのこと。
たいしたものです。
トニー・ベネットと言えば、やはり「霧のサンフランシスコ」でしょう。
c0007388_17293516.jpg

◆昨夜はTVの前で日ハムを応援。大事な初戦でしたが、ミスが。今夜は如何に。
<追記>
シーズン中のような戦いぶりで、見事一勝一敗で札幌へ。地元で決めてくれるか。  
[PR]
by capricciosam | 2006-10-22 17:32 | 音楽 | Comments(0)

観楓会

観楓会(かんぷうかい)と言っても、道外のみなさんには
何のことかわからない方も多い、ということは最近知りました。
道外にはこんな言葉自体がないそうですね。

自然の彩りを愛でつつ一献傾ける風習の代表例は、
道外ではなんといっても春の桜の「花見」が代表例でしょうか。
北海道でもやらないわけではないんですが、
まだ外で花を愛でるには少々肌寒い頃なんです。
代わりと言うわけではないんでしょうが、秋に紅葉を楽しんで一献傾ける
習慣が北海道では定着しています。(最もこの時期も寒いですね)
時期的には今頃なのですが、「どうして道外で普及しないのかな」と考えていたら、
道外では紅葉のタイミングが忘年会の時期と重なってくるためか、
と思い当たりました。そうだとしたら、やはり「忘年会」一本で十分でしょうね。

今回も紅葉を楽しめる温泉にでも一泊すれば良いのでしょうが、
先日やったのはビール園風のジンギスカンとお寿司食べ放題のお店での
ただの日帰り「宴会」でした。
仕事を終えたら真っ暗で、しかも街中なら、紅葉も何もあったものじゃないですね。
c0007388_1781151.jpg

ところで、最近の紅葉の進み具合はこんな感じです。
c0007388_17192394.jpg

常緑樹の緑に対してイチョウの「黄緑色」もみじの「赤」と三色の配色がちょっと
おもしろくて、「紅葉トリコロール」とでも名づけたい感じでした。
c0007388_17213854.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-10-21 17:26 | 時の移ろい | Comments(0)

ブラック・ダリア@映画

公開された初日に足を運びましたが、入りはいまいち。
今回足を運んだのは次の四点があったから。

・原作者が「L.A.コンフィデンシャル」と同じ
・監督が「殺しのドレス」のブライアン・デ・パルマ
・「マッチ・ポイント」で印象的だったスカレート・ヨハンソンが出演
・時代設定が戦後のハリウッドでの犯罪

<ネタバレ的内容です、ご注意ください>
映画自体は大きく①猟奇殺人事件と②二人の刑事とヨハンソンの3人の関係
を軸に絡み合いながら展開していきます。
これが伏線を散りばめながら、①と②を行ったりきたりなので、
頭で再構成する作業が必要となり、筋を追うのが少々大変でした。
この辺は原作を読んでいないので、どうなんでしょうか。
また途中のテンポももたつき気味、間延び気味なのに、
逆にラストで一気呵成気味に展開して、アレヨアレヨと解決していきます。
でももつれあった糸が解きほぐれていくこの辺りはうまく引き込まれましたね。
当時の繁栄の裏にある犯罪、退廃、腐食。
設定した時代の雰囲気をうまく伝えています。
ブライアン・デ・パルマ作品としては「殺しのドレス」というよりも
「ミッション・インポッシブル」のような冗長さを感じました。

ところで、どういう訳か最終的にメインとなる①の謎が解決しても
カタルシスを感じないのです。
これは、「L.A.コンフィデンシャル」との比較がヒントになるのでしょうか。
最後に主演の男女(刑事と売春婦、刑事と犯罪人の情婦と似たような間柄)が
結ばれるハッピーエンドは同じながら、「L.A.コンフィデンシャル」では
あの二人へすっかり"入れ込んでいる"自分を感じましたが、
「ブラック・ダリア」ではとうとう何の感慨も湧かずじまい。
「どうしたことか?」
これは、映画内での当の女性たちの「位置づけ」が関係しているのかも。
「ブラック・ダリア」では中盤から後半にかけては女性が①に関係する
ヒラリー・スワンクに重点的になり、最後にまた②に関係する
スカレート・ヨハンソンが登場しても、もともと映画の中でも
中心となる①に絡まず、かつ踏み込んだ描写ではない、という弱さのため、
観ているこちらとしては「L.A.コンフィデンシャル」におけるキム・ベイジンガー
が演じた役柄に対するほどの集中もなければ、共感も起こらない、
というように思いました。
最後のクレジットのcastではヨハンソンが2番目でしたが、やはり主役級は
メインとなる筋に多く露出してくれた方が印象的ですね。
最も①で演じたらどっちにしても殺されちゃって、ハッピーエンドは無理ですね。

恐らく重層的な構成の原作をうまくまとめて、映画としては合格の部類なので
しょうが、どうも「L.A.コンフィデンシャル」ほど心が揺さぶられることなく、
印象としては薄かったですね。
c0007388_20142758.jpg

<蛇足>
レズ・バーのステージで歌われる「ラブ・フォー・セール」はなかなか聞かせました。
[PR]
by capricciosam | 2006-10-15 20:28 | 映画 | Comments(2)

核実験に怯え、ファイターズ優勝に歓喜

いろいろあった一週間でした。備忘録的に書いてみます。

◆9日 隣国の独裁国家が「地下核実験」
  実験前には「やる」と声明をだしたものの、実験後の映像が発表
  されていないのは、単なるホラか、と思わせるところもあるのですが…。
  ただ、小規模な核爆発らしきものはあったようだということですから、
  どうやらホントなのでしょう。
  ところで、この期に及んでも声明はおろか、映像も流さないとは、
  一体あの国は何を考えているのでしょう。不気味です。
  しかし、事実だとしたらロケットもまともに飛ばせない程度の技術力で
  危険極まりないことをやるなんて、迷惑至極な話です。
  放射能漏れでもしていたら…、風向きによっては…、想像するとぞっとします。
  国連の制裁決議も採択されそうなので、半島情勢は緊迫化していき、
  場合によっては一気に流動化していくのでしょうか。
  日本自体もいやでも関与せざるを得ないのでしょう。
  なによりも拉致された同胞のみなさんの無事を祈りたい。
  
◆10日 楽天が駒苫田中投手に挨拶
  野村監督が「縁」と書いた「交渉権確定」の札を贈る
  実に気の利いたプレゼントでした(^^)

◆11日 パ・リーグのプレー・オフで日ハムが王手
  ダルビッシュの力投と新庄の勝ち越し打に大喜びでした
  文句なしの勝利に(^^)v

◆12日 北海道日本ハムファイターズがパ・リーグ優勝
  八木と斎藤の息詰まる投手戦でしたが、劇的なサヨナラ勝ち
  引き分けでも優勝でしたが、やはりこういう勝ち方はスッキリします。
  移転3年目でのこの成果はあまりにも早過ぎて、私も
  「シンジラレナ~イ」 v(^^)v

◆12日 TV「プロフェッショナル」石原正康(幻冬舎)さんの言葉から
  「全身全霊でほめる」
  「自分が感じていいと思ったところについて言っていれば、
  作家はなぜそこの部分について言ってくれたのか考えてくれる。
  そしてほめられた方を伸ばしてくれる。」

◆13日 栗が落ちる
  散歩の途中のお宅のりっぱな栗の木からとうとう栗が落ち始めました   
c0007388_23125663.jpg


◆14日 この秋一番の寒さ
  今朝の散歩は寒かったですね。日陰には霜が残っていました。
c0007388_231572.jpg

  今日は車検と映画にでかけていたので外出で一日が暮れました。
  映画の感想は別途書きます。
[PR]
by capricciosam | 2006-10-14 23:29 | 時の移ろい | Comments(2)

連休最終日は晴れ

大荒れの天気との予報でしたが、私の住んでいるあたりは
雨も少なく、割りと穏やかに過ぎてくれました。
と、思っていたら、今朝散歩していると小枝やまだ黄色にならない
イチョウの葉がかなり散乱していました。
また、色づき始めたナナカマドもずいぶん路上に落ちていました。
小鳥たちの冬場の貴重なエサなのに、もったいない。
家の中ではわかりませんでしたが、風はそれなりに強かったのでしょうね。
c0007388_10215717.jpg

今朝は晴天です。
これからおばの見舞いに出かけてきますが、ドライブも気持ちよさそうです。
[PR]
by capricciosam | 2006-10-09 10:25 | 時の移ろい | Comments(0)