<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

エリック・クラプトンJAPAN TOUR 2006@札幌ドーム

昨夜、ドームの帰りにラジオを入れると、突然charの声が流れてきた。
彼がゲストでインタビューされているようで、十代のアマチュア当時に
渋谷辺りのライブハウスでプロのバンドに飛び入りしては、彼の言葉で
言うところの「(プロのバンドを)つぶしていった」(自慢)話をしていた。
当時、よく真似たのがクリームらしく「ホワイト・ルーム」が流れてきた。
インタビュアーが、当然のごとくクリームつながりで、ちょうど日本ツアー
真っ最中のクラプトンを取り上げて、一番影響を受けたんじゃないの、
としつこく迫っていたが、char本人は否定はしないまでも、
ジェフ・ベック等を挙げながら、決してそうだとは断言しなかった。
まあ、この辺の噛み合わせの悪さは、どうでも良いのだが、
たとえ偶然とは言え、たった今ライブで聴いてきたクラプトンの話が
出てくるとは、随分不思議なタイミングだなぁ、とついさっきまでの
会場の熱気を思い出していた。

決してコアなロックファンではないのだが、この歳まで生きてくると、
まるで雷にでも打たれたように、一発でとりこになったロックの曲もある。
クラプトンでは「レイラ」。
恐らく初めて聞いたのは、あのアルバムが発売されたずっと後だった
のだろうが、ラジオから流れたあのイントロから完璧にノックアウト
されてしまった。「なんていうんだ、この曲!?」
以来「いつかこの曲をクラプトンで生で聴けたら」との思いがあった。

今回はクラプトンも含めたトリプルギターということもあって、
関心はあったのだが、「レイラ」が必ず演奏される保障はないしなぁ、
と躊躇していた。ところが、ツアー初日で演奏されたということがわかり、
「それじゃあ」と行くことにした。
ロックのコンサートは実に20年以上ぶり。

さて、コンサートでは、クラプトンが2時間以上ほぼ休みなしに、
アンコール(多分「クロスロード」、自信なし)含めて17~18曲を、
弾きまくり、歌いまくる。
それも、開始早々から全開で、かつ骨太なサウンドなので、圧倒される。
スタンド席なので、生でクラプトンの手元までは見ることはかなわないが、
ステージ横の巨大ビジョンでアップされる彼のテクニックは
見ているだけでも飽きない。
それにメンバーの二人の若手ギタリストがとてもうまい。
特にスライド奏法をするデレク・トラックスには驚愕しまくっていた。

曲名がわかったのは中盤の「アフター・ミッドナイト」と締めくくりの3曲
「ワンダフル・トゥナイト」「レイラ」「コカイン」くらいだったけれど、
初めて聴く曲も含めて聴き応え十分だった。
とても60歳を過ぎたとは思えぬ声量で歌い続け、弾きまくるのだから、
やはりクラプトンは凄い。並みのパワーではない。

興味深かったのは中盤のアコースティックギターでの数曲。
たっぷりとブルースを感じさせてくれて、「クラプトン=ロック」という
ステレオタイプ的認識しかない門外漢の私には新鮮な発見だった。
私にはここが当夜の最高の聞き物だった。
もちろん、お目当ての「レイラ」はついに生で聴けた!という感動も
あったが、この曲だけ演奏がややおざなりな感じで、歌う時以外は
終始客席に背を向けて演奏していたクラプトンの姿が気になった。
何か、いやいや演奏しているような…。
もう飽きた、とでもいうような…。
彼の中ではこの曲はもうルーチン化しているからなのだろうか?
それとも、元妻との思い出につながるからなのだろうか?
ちょっと気になった。

それでも終わってみれば、実に心地良い感じが残った。
ドーム一杯に鳴り響いた音響・音圧で、ちょいとくたびれたけれど…。
c0007388_20205696.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-27 20:36 | 音楽 | Comments(10)

華やぐ@2006

去年初めて行った札幌花卉卸売市場での花の即売会。
今年は旅行と重なったので行くのはあきらめていたのですが、
予定より早く帰宅したので、行ってきました。
会場前の駐車場では親を見失って泣き叫ぶ迷子の男の子が。
危ないので手をひいてあげて歩いていたら、無事父親が現れて、
めでたしめでたし(^^)
さて、会場に入ると黒山の人だかり。
普段セリに使う段にも買い物客がいっぱいです。
何があるのか、とのぞいてみれば、買い物客相手にオークションです。
りっぱな胡蝶蘭が次々競り落とされていました。きっと安いんでしょうね。
c0007388_23295895.jpg

今年の展示品は、去年に比べ少なかったようなのですが、
中には見事なものがありますね。
c0007388_23301316.jpg

買ったのは昨年同様ポインセチアです。
おまけしてくれたので昨年よりちょっと大振りなものと斑入りのものを。
やはりこの時期には私の中では定番なんですね。
c0007388_23311430.jpg

帰りにくじを引いたらカランコエと肥料のサンプルが当たりました。
「やったぁ~」急遽出かけた甲斐がありました(^^)
c0007388_23312954.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-26 23:34 | 時の移ろい | Comments(2)

小旅行

飛び石連休を利用して、昨日から二泊三日の予定で久しぶりに
カミサンの故郷に行ったのですが、昨夜から当人の具合が急に悪くなり、
一泊したところで急遽帰宅しました。
みなさんお元気そうで、なによりだったのですが、肝心の本人が
ダウンでは仕方ありません。どうやら風邪のようです。
義兄の家に行ったら、姪の子供がいたのですが、かわいい盛り。
前に会った時はつかまり立ちがやっとの赤ちゃんだったのに、今度会ったら
もう言葉にならない言葉を話して活発に遊びまわっていて、その成長ぶり
には驚くばかり。良い時期です。
写真は行くときの高速道路のパーキングエリアで撮ったものです。
路面に雪も凍結もなく走行は快適だったのですが、野山は一面の雪景色でした。
c0007388_21264711.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-25 21:29 | 時の移ろい | Comments(4)

アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス@Kitara2006

指揮のアーノンクールは、毎年元旦恒例のウィーン・フィルの
「ニャー・イヤー・コンサート」に今世紀になってから2回も出演し、
一般にも広く知られるようになった、と思っていたのですが、
単なる私の思い込みだったようです。
今年札幌で聴ける一二を争うビッグ・ネームだったにもかかわらず、
ステージ周辺に比べ2・3階席の空きが目立ち、満席には程遠い入り。
どうも札幌では「古楽」とか「いかつい顔」はなかなか受けないようです。
(ゲルギエフも初の来札公演では空席が目立ちました)
しかしながら、そんな入りにもかかわらず、演奏は筆舌に尽くしがたいくらい
素晴らしく、一言で言えばまさしく「極上」でしたから、たまりません。
これだからライブは止められない(^^)

オール・バッハ・プロの1曲目は「管弦楽組曲第1番」
アーノンクールの指揮はやや抑制された動きの中で、
実に的確にオケから素敵な音楽を紡ぎだします。
しかも、そのブレンドされた音たるや、今まで聴いたオリジナル楽器
の演奏では上位に位置することはまちがいありません。
このオケの響きは、美しく澄んだ響きなのですが、決してきらびやか
ではなく、くすんだ輝きとでも言うような落ち着いたものでした。
古楽本来の音を洗練させたような、というのでしょうか。

2曲目は「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」
タイトルは地味ですが、冒頭のアレグロの主題が一度聞いたら
忘れられないくらい魅力的。
ヴァイオリンソロはコンマス、オーボエソロも団員でしたが、
息の合ったかけあいは見事で、ぐいっと引き込まれました。

休憩をはさんで3曲目は「カンタータ組曲」
独立したカンタータから、独唱者や合唱団なしのシンフォニアを
組曲のようにして聴かせてくれました。
チェンバロソロは団員でしたが、しっとりした響きの曲を
快活な趣の曲ではさみ、まるでチェンバロ協奏曲のようでした。

最後の4曲目は「管弦楽組曲第3番」
冒頭のトランペットとティパニが醸し出す輝かしい序曲が
次のエールでは一転する。有名な「G選上のアリア」である。
この曲を有名にするこの名だたる旋律が、最上の演奏で
会場に響いたが、まさしく「夢見心地」でした。
エールが終わるとガヴォット、ブーレ、ジークと動きのある
快活な舞曲が続いて曲は閉じました。
アンコールは「管弦楽組曲第4番よりガヴォット」
ステージ上から全員立ち去った後の粘り強い拍手に応えて、
最後はアーノンクールが単独でステージに。
これには、帰ろうとしていた客も一斉に立ち上がって拍手をした
のは言うまでもないことです。

最初に「ニャー・イヤー・コンサート」に登場した時に、ラストの
ラデッキー行進曲で、会場にくるりと振り向いて、しかも目をむいて
力強く指揮していた姿が強烈で、「エキセントリックな人」という
先入観が形成されていたのですが、いえいえどうして、指揮ぶりや
ステージマナーは実に「紳士」そのもの。
77歳という年齢を考えると、もう札幌で生のステージに接する可能性は
低いのかもしれませんが、ぜひお元気で活躍してもらいたいものです。
c0007388_23354819.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-23 23:18 | 音楽 | Comments(0)

M★A★S★H

ロバート・アルトマン監督が亡くなられたそうです。
代表作の「M★A★S★H」については以前にも書いたのですが、
皮肉った視線で「戦場の狂気」を見事に描いた作品だと思います。
振り返っても監督の作品はこれぐらいしか見たことがないなぁ
と思ったら実はもう一本ありました。
「ロング・グツトバイ」です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<追記11.23>
記憶違いでした(汗)
どうやら「さらば愛しき女よ」と混同したようです
という訳で観たのは「M★A★S★H」だけです。訂正いたします。
訂正して読み直してみるとつながりが悪いので、一部削除しました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ところで、「戦場」と言えば、先日C・イーストウッドがTVに出ていました。
第二次世界大戦での硫黄島の戦いについて米国側と日本側のそれぞれから
作品を作ったとのことで、ほぼ同時期に公開されているようです。
「ダーティ・ハリー」での印象があまにも強烈で、その後市長になったことは
知っていましたが、アカデネー賞を2度も獲ったということは寡聞にして
知りませんでした。
TVでは今回の作品で言いたかったのは何か、との問いかけに対して
「戦争には勝者も敗者もいない、ということを描きたかった」
というようなことをおっしゃっていました。
世情も9.11事件、イラク戦争、北朝鮮の最近の動きと考えていくと、
決して楽観できるものではないのですが、戦争が発生しないような
多方面からの努力は今後も続けていってもらいたいものです。

蛇足ですが、この時イーストウッドの吹き替えをやっていたのは、
野沢那智さんのようでした。
「深夜放送」や「アラン・ドロン」を知っている世代としては、
なんとも懐かしい声を久々に聴くことができました。
おいくつになられたんだろうか。
[PR]
by capricciosam | 2006-11-22 23:47 | 映画 | Comments(0)

つぶれてくれるなよ

低気圧の通過で朝から雨は降る、雷は鳴る、で大荒れの天気でした。
ものすごいスピードだったらしく、午後にはスッキリと青空が見えました。
ホント、めまぐるしい。
お陰で、この時期は散歩が難しい。
散歩すると身体はスッキリするんですが、こう天気が不安定では…。

さて、FA宣言していた小笠原がついに巨人入りを明らかにしました。
「やはりな」
と言うところで、格別驚きはないのですが、それでも日ハムを
応援する道産子としては中心打者に去られるのは残念ですし、
日ハムで現役を全うして欲しかった、との思いは、そりゃあ残ります。
(広島の黒田投手の例もあったので、ひょっとしたら小笠原も…)
でも一方で、単身赴任経験者としては家族と住みたいだろうし、
力もついて異なるチームも経験したいという気持ちもあるだろうし、
現役時代にどれだけ稼ぐことができるか、ということもあるだろうし、
で、結局「ありがとう、残念だけどがんばってね」というところですね。
でも「球界の紳士たれ」というへんに格式を重んじるチームに
「サムライ」は似合わないんじゃないのかな。
ヒゲや長髪はどうするのかな。
剃ったり短くして、チームカラーに染まるのかな…。
とにかく他チームの中心打者が巨人へ移籍して成功したというイメージが
ほとんどないので、大丈夫なのかな、と率直に心配。
それに、あまり話題にならないけれど、オリンピックやWBCに出場して
メジャーにも注目される機会があったにもかかわらず、メジャーから
さっぱり声もかからなかった、というのも小笠原の「限界」を如実に
示しているようで…、いくら日ハムより一年多く提示されたとは言え、
「ホント、大丈夫なのかな」
移籍した途端に不振にあえいでもらいたくはない。
一ファンとしては半ばあきらめて送り出すんだけれど、ホント心配。
[PR]
by capricciosam | 2006-11-22 23:14 | 時の移ろい | Comments(2)

一日遅れの話

◆昨日は「電気大正琴」の演奏を聴くことができました。
大正琴というと、古賀メロディや物悲しげな響きを連想してしまいますが、
これが到底想像できない音でびっくりでした。
電気的処理をすることと、音程の異なる電気大正琴による多重録音に
よるのでしょうが、ちょっと聴いただけでは「大正琴」とはわからないですね。
トレモロでメロディを作っていくのは、マンドリンと同じなんでしょうか。
北島三郎の「祭り」、「島唄」「スイートメモリー」、歌がはいっての
「恋のバカンス」「桃色吐息」、最後は「エル・クンバン・チェロ」
どれも、なかなかいけていましたね。
隣できいていたおじいさんが「祭り」に合わせて口ずさむのですが、
これがなかなかうまいので、両方聴いていると楽しかったですね。
メンバーのおひとりがブログで昨日の様子をアップされています。

◆NHKTVでやっていた番組
「わかっちゃいるけれどやめられない」
怖いものみたさで観ていましたが、シニア世代の私たちにはピッタリの話。
杉並区での取り組みでは、メタボリック症候群あるいはその予備軍と診断された
人たちがその症状の改善に取り組むのですが、ひとりひとり自己目標を
みんなの前で宣言して、ひっこみがつかないようにする、という試みをしていました。
そのうちのお一人が、東京から北海道美幌町に単身赴任している方です。
食品関係のお仕事で試食はする、接待はするで必要以上のカロリーを
摂り過ぎてしまい、糖尿病と診断されていました。
しかし、意外なところにヒントが。
東京への出張も頻繁らしいのですが、東京では歩く、歩く。
ところが、北海道では車の利用が多く、歩くことが少ない。
そこで、北海道でもできるだけ歩くようにして、とうとう糖尿病が改善された、
というのです。
やはり、老化とともに陥りやすいメタボリック症候群には歩くことが効果的なんだ、
とカミサンと妙に納得していました。

6000歩で240kcal→30日続けると7200kcal
7200kcalは脂肪1kgに相当するそうです。
案の定、歩いて体重を落とすのは一朝一夕にはいかないようです。

◆その後N響アワーを見たら、華道家の假屋崎省吾さんがゲスト出演
していました。假屋崎省吾さんは「かきくけこ」を大事にしているそうです。

か  感謝・感動
き  緊張
く   くつろぎ
け  健康
こ  好奇心

シンプルだけど、なかなか。
[PR]
by capricciosam | 2006-11-20 23:55 | 時の移ろい | Comments(4)

札幌はところにより紙吹雪

今日は待ちに待った北海道日本ハムファイターズの優勝パレードの日。

見に行こうか、行くまいか迷ったのですが、やはり寒いのと相当の人出では
監督、選手の表情をアップで見ることは難しいでしょうから、TV中継で我慢。
驚いたことに午前中の道内放送局はNHK含めて全てパレード中継です。
まあ、パ・リーグ優勝、日本一、アジア一ですから、こんなめでたいことは
めったにありません。競って放送する価値はあるのかもしれません。

セレモニー冒頭では札響の管打セクションの皆さんが演奏していました。
ナレーションがかぶっていましたが、あの場面は聴かせてほしかった。
それから、セレモニーからパレードまで時間がかかり過ぎ。
寒空の下、車上スタンバイの主役の監督や選手が風邪ひいてしまいます。

紙ふぶきも1t用意したそうですが、降らせるポイントでは
一足早く冬でも来たように大雪のごとく降っているので、壮観でしたね。

新庄はひとりユニフォームを着ていませんが、彼なりのけじめなんでしょうか。
先日発表したブレスレットを何回か沿道の見物人に向かって投げて
プレゼントしていました。そういえば森本もリストバンドを投げていましたね。
ヒルマン監督が「今日は私たちも楽しみたい」とおっしゃっていましたが、
みなさん実に嬉しそうに、楽しそうにして手を振っていました。
観ているこちらも、ついニコニコ。

タイトル↑は北海道日本ハムファイターズの優勝パレードが終わったあとに、
昼の某ニュースで流れたタイトルですが、天気予報をまねた
こういうシャレッ気は楽しくて、好きですね(^^)
座布団一枚。

午後は久しぶりに散歩です。
11月は天気が悪かったり、起きられなかったりで散歩も途切れがち。
青空も見え、日差しも射してきて快適でした。
落葉樹はすっかり葉っぱを落としちゃいましたねぇ。
c0007388_155228100.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-18 15:56 | 時の移ろい | Comments(2)

元祖・湘南サウンド!!@北海道厚生年金会館2006

今夜は若かりし頃、というか二人の幼き頃を求めてカミサンとデートです。
幼き頃というのは、当時は私たちよりもっと上の年代が夢中になっていた、
という程の意味です。

今日はなんとか仕事をがんばってやりくりし、早退できました。ホッ。

会場の満席の客層はどうみてもシニア世代中心、というよりシルバー世代も。
女性は染めていたり、化粧されているせいかやや年齢不詳気味なのですが、
男性は同性のせいか「老人」気味の人がやや目に付く。
特に座っている席から前を見ると男性の後頭部が薄い方がチラホラ。
そうですよね、客層的にはこれで良い筈です。

加山雄三さんはトークで「あと5ヶ月で70歳です」と正直におっしゃっていました。
ザ・ワイルド・ワンズの皆さんも平均年齢は60歳とのことです。
はっきり言って「ジジイ」になった皆さんのコンサートだったのですが、
加山さんの声量は十分で若々しい響き、ザ・ワイルド・ワンズの皆さんもお元気。
「もう一体いくつなんだ」という「老人パワー」に圧倒されまくりでした。
しかし、陽性のエネルギーというのでしょうか、加山さんはオーラありますね。
年齢を感じさせない、やはり「永遠の若大将」です。
もうお二人の孫がいらっしゃるということで、ご自分のことを「ジジ大将」と言って
会場では受けていました(^^)

もう一曲目の「お嫁においで」から有名曲、ヒット曲のオン・パレード。
前半と後半を加山さんが中心となり、中盤はザ・ワイルド・ワンズのみ、
という構成でした。
ザ・ワイルド・ワンズのGS当時のヒット曲は「青空のある限り」「愛するアニタ」
そして、永遠のスタンダード「思い出の渚」。
他はトークと他のGSやニューミュージックのメドレーで、少々遠慮がち。
もっとGS当時のヒット曲を期待していたので、この点は少々残念でした。
c0007388_0294862.jpg

加山さんは昨年芸能生活45周年で全国でコンサートを開いたそうです。
中にはオールリクエストもやられて、ベスト20を選んで20位から
順番に1位に向かって歌う、というコンサートもやられたそうです。
1位になった曲はなんだと思いますか?
そうです、あの曲です。あの曲。
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
正解は「旅人よ」です。当たりましたか。
あの曲のバックコーラスは、なんとザ・ワイルド・ワンズだったんですね。
続く「サライ」とこの曲は会場との大合唱タイムです。
もう、「旅人よ」は大好きなので、大きな声で歌いましたね。
気持ちよかった!

それから自作された曲が現在482曲あり、「K」をつけて整理したのだそうです。
「K」はケッヘルではなく、「弾厚作」「加山雄三」の「K」だとおっしゃっていましたが、
14歳で作られたK1の「夜空の星」はエレキを弾いて熱唱。
アンコールは「君といつまでも」
もう、たまりませんねぇ。
あっ、という間の2時間でした。
(厚生年金会館は久しぶりでしたが、イスは相変わらずなのでお尻が痛い)

コンサートが終わっても、カミサンと何故かニコニコしがち。
お互い心のうちは、十分潤いで満たされた、ということなんでしょうね。
シニア間近世代には懐かしさとともに楽しいひとときでした。
「あ~ぁ、よかった!」
c0007388_029712.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-14 23:57 | 音楽 | Comments(4)

初雪

今朝も雨の降る、ぱっとしない天気で一日がスタートです。
散歩もできずに家の中でたまった雑事を片付けていました。
お昼過ぎ頃から雨に白いものが混じり始め、
しばらくしたら庭や道路も真っ白になりました。
「とうとう」なのか、「ついに」なのかわかりませんが、とにかく初雪です。
昨年も今頃でしたから、気象の正確さというのは大したものです。
わが家の庭の最後の開花は菊なのですが、このところのしばれにも
よく耐えていましたが、湿った雪の重みにはかなわなかったようです。
よく咲いてくれました。また来年咲くのを待っているよ。
c0007388_20305962.jpg

積もったのは結局この程度なので、すぐ融けてしまうんですけれどね。
さてさて、根雪はいつになることでしょうか。
c0007388_20362730.jpg

今夜は写真のディーン・マーチンを聴きながら書いています。
「A Winter Romance」とは、ちょっと気が早いかな。
冬は厳しい面もありますが、ロマンティックにさせる面も…。
c0007388_2138226.jpg

[PR]
by capricciosam | 2006-11-12 20:41 | 時の移ろい | Comments(0)