<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

札幌交響楽団第498回定期演奏会@Kitara2007

今年初のフルオケかつプロオケの演奏会です。
昨年から札響の定期演奏会での評判が高まっていたので、
今年は少し足を運びたいな、と考えています。

広上さんの指揮で聴くのはこれが2回目。
一回目は首席指揮者を務めていたノールショピング響で、10年以上も前のこと。
あの時はモーツァルト、チャイコフスキー、ドヴォルザークと「名曲コンサート」の
趣きで、やや木目の粗い、厚みに欠けた音づくりながらも、
若々しい響きで、うまくまとめているな、という印象でした。
当時からオケを引っ張る力は十分な方のように思いましたが、今回も一曲目
ヴェルディ「シチリア島の夕べの祈り」序曲から全身を使って、表情豊かに、
大胆かつ余裕を持ってオケをドライブしていくような感じです。
それにオケもよく応えています。最初から、期待がふくらみます。

二曲目はベートーヴェン「ピアノ協奏曲第4番」
ソリストの小菅優さんが実は、本日のお目当て。
以前TVで拝見して、そのタッチの瑞々しさ、音の透明さに俄然興味が湧いて、
すぐ今回聴きに行こう、と決めたのでした。
耳になじみやすい第3番と第5番の間にあって、ちょっと雰囲気の変わった
この曲ですが、小菅さんのピアノは強奏でも音が濁らず、まるで音の粒が
立っているかのように明瞭で、期待に違わぬ演奏は十分満足すべきものでした。
オケも編成を小さくして、広上さんも寄り添うような指揮に徹している感じです。
鳴りやまぬ拍手に応えて、アンコールはシベリウス「トリューズ」。
初めて聴きましたが、まるでポップスのようで、素敵な小品でした。

三曲目はベルリオーズ「幻想交響曲」
聴き所満載のこの曲で、再び「広上ワールド」が炸裂です。
広上さんの指揮はメリハリを効かして、頻繁に各パートに左手親指を立てては
満足そうな表情を浮かべます。そうして、全体を見事にドライブしていきます。
実際、札響のみなさんの演奏は各パートの乱れも感じられず、
一体となって燃焼している感じで、見事なアンサンブルだったと思います。
この一曲だけでも、フルオケを聴く醍醐味は十分得られました。
なるほど、昨今の評判の高さの一端に触れた感じでした。

昼公演でしたが当日券はなく、会場も90%以上の入りのほぼ満席でした。
チケット購入時点でお目当ての席がなく、いつもは選ばないほうの席だった
のですが、第三楽章でオーボエソロがすぐ側で聴けたり、
第5楽章の「鐘」を打つのがよく見えたりと、楽しめる席でした(^^)
c0007388_23431286.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-28 23:53 | 音楽 | Comments(0)

M・ロストロポーヴィッチにまつわるささやかな思い出

慌ただしく4月が過ぎ去り、明日からはGW。
「ふーっ、やっと一息つける」
そんな気分でブログに向かっています。
とは言っても、明日からの3日間は小旅行もあり、まだ気は抜けません。
予定も入れず、身体を休めるのは後半の連休までお預けです。
何もしないことが待ち遠しいなんて、ほんと歳ですね。

ぼんやりネットを見ていたら、M・ロストロポーヴィッチの死去を伝える
ニュースが目に飛び込んできました。
晩年は日本で小澤征爾さんとともに音楽活動をされる姿をしばしば
TVで拝見していました。高齢とは言え、お元気そうにみえたのですが。
チェリストでもとりわけ親しみを感じたのは、そんな姿とともに、
彼からサインと握手をしてもらったせいなのかもしれません。
私がもっと若かった頃、演奏会後に楽屋を訪ねてサインをもらったことが
何回かありますが、そのうちのひとつです。
もっとも今はやりません。演奏でクタクタになった人にさらにサービスを
求めるのは酷なような気がしてならないからです。

彼は15年程前に札幌でチェロ・リサイタルを開きました。
J・S・バッハの無伴奏チェロ組曲の第一番から始まって、
ベートーヴェン、シューマン、グリーグのチェロの作品が演奏され、
アンコールにJ・S・バッハの無伴奏チェロ組曲から「サラバンド」
というものだったように記憶しています。
響きの劣る厚生年金会館でも十分聴き応えのある音で、
力強いタッチであったことが印象にあります。

終演後楽屋に向かうと、もう列ができていました。
並んで待つこと10数分。長机の前にロストロポーヴィッチと
伴奏ピアニストのL・オーキスが座りました。
いよいよ、私の番です。
ロストロポーヴィッチと目が会い、すかさず
「お目にかかれて光栄です」と言いました。
彼はそれを無表情に確認すると、差し出した公演パンフレットに
マジックでサインをしはじめました。
その姿に向かって「よい演奏会でした」と言ってみました。
すると、書き終えてからマジックを机において、じっとこちらを見つめて
無言で右手を差し出してくれたのです。
私も右手を出して握手したのですが、強く握りかえしてくれ、しかも
手が想像以上に柔らかかったことにびっくりしました。
あの感触は今でもよみがえります。
「ありがとうございます」
とお礼を言って、次にニコニコして待っているオーキスのサインをもらい、
パンフレットを大事に抱えてその場を離れました。
数少ない体験だったからこそ、よけい印象深かったのでしょうね。
心からご冥福をお祈りいたします。
c0007388_2332798.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-27 23:34 | 音楽 | Comments(4)

ガイドドッグオープンデー2007@北海道盲導犬協会

駐車場から盲導犬協会に向かって歩くと、
盲導犬と歩く体験歩行の一団がこちらに歩いてくるのとすれ違う。
健常者がアイマスクをして盲導犬誘導を体験するのですが、
その中の一人の女の子は、誘導の思いがけない早さに怖くなったのか、
途中でハーネスを離してしまいました。
c0007388_059263.jpg

「無理もないかな…」
と言うのも、我々の歩行スピードとほぼ変わりなく盲導犬は誘導してくれます。
でも、私たちは見えない状態で普段の見えるスピードで歩けるでしょうか?
いくら「慣れれば」とか、「恐る恐るなら」とは思うものの、
そう簡単にできるものではないように思えます。
それ故、恐怖が先立つのが当たり前です。
それを難なくやってしまう盲導犬と盲人のみなさんには頭が下がります。

今回はこれまで見逃していた「盲導犬デモンストレーション」を見れました。
4頭の盲導犬候補が参加して、基礎的な訓練の一部を実際にやって
見せてくれるのです。
c0007388_10021.jpg

大勢の人が見守るという普段とは異なる状況では、
時には指示通りにならないこともありましたが、これはご愛敬です。
失敗しても、楽しそうな笑い声に包まれるだけです。
c0007388_0264035.jpg

訓練の中でも、感心したのは道路を横断する時です。
歩道の縁では必ず立ち止まり、人間の「行け」という指示がなければ動きません。
この時も歩道の縁石で立ち止まりました。でも、指示を出さなければ、
いくら人間がハーネスを引っ張ろうともビクともしません。
危険から人間を守るという訓練が徹底しているからなのですが、
さすが頼りなる存在です。
c0007388_027882.jpg


それから、毎回欠かすことができない老犬ホーム。
5~6頭がいましたが、そのうちの一頭「ジル」は、
どういう訳か、前足をあげて「お手」をし続けるのです。
最初見つけた時は、祭壇横のフトンの上に寝そべっていて、
その前に正座した女の子のひざに両足をのせていました。
c0007388_039255.jpg

その子が立ち上がろうと片足ずつはずすのですが、いくらはずしても、
その足を元にもどしてきます。
その子が何回試みてもそうしてくるので、頃合いを見て、すばやく外して
立ち上がったのですが、すると、立ち上がってこちらに歩いてくるのです。
カミサンがしゃがんで頭をなでてやると、やはり片方の前足をあげて
お手をするのです。カミサンも好きなので、いろいろ話しかけていたのですが、
一向に止める気配がありません。
そろそろよい頃かな、と足を離してやると、別の片足をすかさずあげてくるのです。
これにはカミサンもすっかり喜んで、しばらく相手をしていました。
元のユーザーとの間で身につけた習慣だったんでしょうか。

老犬ホームには天窓があり、室内の中程に光が差し込んでいました。
室内の喧噪をよそに、一頭の老犬が気持ちよさそうに寝ていました。
c0007388_0542445.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-23 00:14 | 時の移ろい | Comments(0)

カーペンターズ@TV

カレンの歌声が聞けなくなってからもう20年以上も経つのですね。

録画していた特集番組に流れるカレン・カーペンターの懐かしい歌声に
時間の経つのも忘れてみていました。
十年くらい前に一旦再評価された時があったように記憶していますが、
その当時買った写真のベストアルバムは愛聴盤です。
c0007388_23592959.jpg

番組の中に挿入された当時のインタビューでカレンはこう言っています。
「私たちの歌はハッピーなものが多い。
口ずさみやすく、聞いていて楽しい歌なのです。」
いつの時代もリチャードのメロディとカレンの歌声は
私たちをリラックスさせ、幸せな気分にしてくれます。
カーペンターズを見いだしたハーブ・アルパートは次のように言います。
「彼女はたくさんの人を幸せにしました。」
まったく奇跡的な、希有なデュオでした。

当初、カレンはドラムをやりながら歌っていました。
大学時代のアマチュアバンド時代の記録には、ちょっと固さの感じる
歌声でドラムをたたくカレンが写っていましたが、リチャードのジャージーな
アレンジのthe shadow of your smileもなかなか聞かせます。
もうプロとしての萌芽があったように感じました。
プロになってもしばらくは彼女の意識の中では
「私は歌えるけれど、ドラマーよ、あくまでもバンドの一員」
という意識が強かったようですが、ドラムに隠れてよく見えない歌い手、
即ちカレンをファンの要望「歌い手をもっと見たい」が
ステージの中央に引っ張り出したのです。

作品は次々にヒットし、売れっ子となった彼らのスケジュールは過酷に
なり、1974年にはとうとうアルバムを発売できませんでした。
リチャードはこう語ります。
「毎日古い歌を歌わされた。マネージメントが悪かった。」
カーペンターズらしさを失っていきました。
そして、リチャードは睡眠薬依存症に、カレンは重症の拒食症に至りました。
拒食症の全米組織の代表が言うには、拒食症になる人は完璧主義者
なのだそうです。
事実、ある音楽プロデューサーはカレンを次のように語ります。
「一流の人にあるように自分に厳しい人だった。もっと上を目指す人だった。」

カーペンターズとしての活動を再開してから、突然カレンは結婚します。
彼女の親しいスタッフや友人がこう語っています。
「カレンは結婚して、子供を設け、母になりたかった。」
「夫や子供との特別な関係が自分には欠けていると感じていた。」
売れっ子であった時も、一人の女性としては当然の望みを抱いていたようで、
それが叶えられた時が来たのです。
しかし、結婚は一年足らずで破綻し、ひとりになったカレンは
ついに自らの拒食症と向き合う決心をして治療を開始するのですが、
完治する前に32歳で亡くなります。
カレン死亡のニュースは、すごく唐突でビックリしたことを思い出します。
「もう、あの歌声は聞けないのか…」
うまくは言えませんが、まるで肉親を失ったかのような喪失感に襲われました。

60歳になろうとするリチャードの次の言葉は痛々しく、耳に残りました。
「カーペンターズは人生そのもの、絶え間ない悲しみの原因。
自分でもすばらしいと思うメロディを思いつくが、伝えてくれる声がないんだ。
自分はかなり幸せな人間なんだけど、それが心のトゲとしてささっている。
カレンがいないんです。」

番組の最後にカレンの眠るカーペンター家の墓が紹介されました。
墓には次のように書かれています。
A STAR ON EARTH - A STAR IN HEAVEN
カレンはまさしく時代を超える「スター」だったと思います。
[PR]
by capricciosam | 2007-04-21 23:54 | 音楽 | Comments(4)

2つの凶行

ちょっとバタバタしていて更新がサボリがちです。
今朝はちょっと早く目が覚めたので更新しています。

先日の日米でほぼ同時に起きた殺人事件はショッキングなものでした。

いくら銃社会の米国とはいえ、平穏であるべきキャンパスで銃が乱射され、
大勢の命が犠牲になったショックに加え、在米韓国人であったことも
一層複雑な影をおとしているように思います。
人種差別的動きにつながらなければよいのですが…
それにしても犯人の声明は、あまりにも独りよがりな、意味不明なもので
こんな凶行に至るほどのものなのか、と思いました。
巻き添えになった多くの若い命に同情を禁じ得ません。

一方、犯人の身勝手な私怨によって命を奪われた長崎市長には、
ご本人への哀悼の意を表するとともに、事件そのものに怒りを感じた
ことを表明しておきたいと思います。
怒りの矛先は、選挙運動中という言論の自由が最大限保証される
象徴的な場への暴力の介入、という事実に対してです。
もちろん、政党関係者は一様に言論に対する暴力の介入を許さない
というような反応を示していましたが、気になったのはニュース等で
報道される一般市民の反応です。
私がみた範囲では市長への同情「かわいそう」や事件が「こわい」
といった反応が大半を占め、こういったテロへの「怒り」が
ほとんど聞かれませんでした。
まさかマスコミが意図的にそうしているとは考えにくいのですが…

反応としてはもっともとは思うものの、そこで立ち止まらずに一歩進んで
テロは許してはいけない、という反応を一般市民も積極的に示していく
べきではないのでしょうか。
第二、第三の犯人予備軍が凶行に及ばないよう、抑止する意味でも
世間一般は怒っているという姿勢を示すことが大事ではないのか、
と思うのです。
言論の自由は民主主義の根幹を為すものだと思うのですが、
そのひとつの象徴が「政治」でしょう。
その根幹を犯すものに対して一般市民が鈍感では、これからも
暴力のつけいるスキを与えてしまうことになりはしないのか。
はたして、暴力が言論を圧殺してきた歴史は過去になかっただろうか。
[PR]
by capricciosam | 2007-04-20 06:42 | 時の移ろい | Comments(0)

思い出したこと

今日は6時に目を覚ましてから、今まで一睡もせずにいます。
実に充実した一日というのか、休日らしくないというのか、
用事に追われた一日でした。
以下、とりとめもなく…

用事のひとつに、母から頼まれた北海道盲導犬協会への寄付が
ありました。亡父や母が貯めた小銭を提供したのですが、
だいぶ以前に頼まれていたのですが、のびのびになっていたものでした。
構内には休日にもかかわらず、ずいぶん車が駐車しています。
何か行事でも、と思って協会の建物に近づくと、
ちょうど2頭の盲導犬の終了式が行われている最中でした。
2頭が盲導犬としてこれから活躍していく旅立ちの時でした。
偶然とは言え、珍しい機会に遭遇したものです。
2頭はきっとこれからガンバッテくれるのでしょうから、
先に感謝しておきたいと思います。「ありがとうネ」
ちなみに来週4/22(日)はガイド・ドッグ・オープンデーです。
北海道盲導犬協会が一般に公開されますので、
いらっしゃってみませんか。

帰宅してからは、疲れていたのですが、散歩。
夕方には曇り空も晴れてきたのですが、歩くとやはり風は冷たいです。
それでも、散歩した後は、身体も暖まり、少し疲れもとれた感じです。

夜、日本ハムの試合結果を見ましたが、打線が爆発したようで、
今後に期待できそうな手ごたえを感じました。いや~、よく打ったなぁ。
今日札幌ドームで観戦できた人は当分お祭り気分でしょうね。

そろそろ寝ようか、という時にTVで谷村新司さんが取り上げられていました。
深夜に聞く音楽CDのひとつに谷村さんのものがあります。
ソロになってからのものですが、アリス時代のものも何曲か入っていて、
それを聞くと、当時アリスのコンサートでアルバイトしたことを思い出します。
アリスのバイトはその一回だけで、会場通路でステージに背を向けながら
聞いていたのですが、生のアリスのライブは十分楽しめるものでした。
聴衆の皆さんもスタンドはしてもステージに殺到することもなく、
淡々とバイトが終わった感じでした。
アリスの歌も聴けたし、良いバイトだったのですが、その後がいけません。
バイト全員が集められ、バイト代の支払いを渋られ、
おまけに分割です。最初の約束は一括でしたから話が違います。
バイト側が抗議して、結局全額支払われたものの、分割は強行されました。
興行者が金の工面ができなかったということなのでしょうが、
良いコンサートだっただけに、後味の悪さがちょっと残りました。

帰宅する前に立ち寄った菓子店の窓から撮った写真です。
一日中こんな曇天でしたが、昨日の雪は夕方にはすっかり消えていました。
c0007388_0444269.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-15 23:52 | 時の移ろい | Comments(0)

時ならぬ雪

暖冬のせいか雪融けも早かったのですが、
このところ低温気味で、肌寒い天気が続いていました。
ついに今朝は、一面の銀世界に逆戻りです。
「やはりなぁ~」
天気も順調すぎる時は要注意です。
そんなわけで、今日は母のところへ出かけたくらいで、家の中で
雑事を片付けています。
写真は母の家の庭のクロッカスに積もった雪です。
クロッカスもびっくりしたんじゃないかなぁ。
c0007388_1444342.jpg

<4.28追記>
一週間後の様子です。大丈夫だったようです。
c0007388_6282321.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-14 14:45 | 時の移ろい | Comments(2)

魯山人の宇宙@大丸札幌店2007

昨日からタイヤ交換したついでに物置の整理をし、また散歩をしたりと
休日の割にはいろいろ身体を動かしています。

今朝は散歩のついでに統一地方選挙の投票に行きました。
投票開始時刻くらいに投票所に着いたら、次々投票にいらっしゃっていて
少々びっくり。皆さん結構早いんですねぇ。
北海道では知事選、札幌市長選は選管の正式な発表もない
20時ちょっと過ぎには、結果が出ていました。
報道機関のすばやさには毎度のことながら驚くばかり。
しかし、気になるのは他県も含めた投票率の低さ。
国が破産しかねない危機的状態だというのに…

午後はカミサンのリクエストで「魯山人の宇宙」展に。
TVの食番組や鑑定番組を通じて北大路魯山人の名に触れることは
あれど、実際に作品には触れることもなかったので良い機会でした。
今回は陶芸を中心としたものでしたが、場内の解説で改めて、
魯山人が書、篆刻、絵画、陶芸、料理と多岐にわたる分野で活躍した
ことがわかりました。
今回は笠間日動美術館、カワシマコレクション、福田家から出品された
もので、なかなか充実したものでした。
魯山人は「器は料理を引き立てるもの」との考えであったらしく、
料理を第一と考えていたようですが、それでも出品されていた作品は
味わい深く、観ていて飽きない作品が大半でした。
(晩年傾倒していたという備前焼あたりには正直「?」な作品も)
中にはポップで、大胆なデザインや色使いのものも。
二人して「今でも通用しそうだ、おしゃれだねぇ」
器の形はほとんどがいびつなもので、組物などでは到底重ねることは
無理だろな、と思うくらい不揃いなのですが、そこには堂々たる主張や
存在を感じさせるから不思議です。

会場に掲示してあった魯山人語録のひとつです。
「小生は現代作家の饅頭の皮を作るような表皮の美術技巧に身をやつす
輩は大きらいに候 中身の餡の味こそ芸術の本義なれど(略)」

今回はその「餡の味」を賞味できたような余韻がありました。
ごちそうさまでした。
c0007388_23313173.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-08 23:31 | 展覧会 | Comments(0)

ハムレット的心境

ほんの序盤戦とは言え、最下位に沈む日本ハム。
プロ初マウンドが2回ももたずに破れた田中投手。

直接対戦しないうちは
「どっちも、ガンバレ!!」
と呑気に応援していましたが、
しかし、なんともこまった状態でとうとうやってきました、対決が。
どちらも一勝が欲しい状況であることには変わりありません。
「どっちも勝たせたいのに、一体どっちを応援したらいいんだ?」
結構悩んだ道民は多かったのではないでしょうか。

結局日本ハムは逆転で勝利し、連敗は免れた。
どうしても投打がかみ合わずにいる状態では、勝利が欲しいところ。
やはり、道内チームである日本ハムが勝利したことで、まずは「ホッ」かな?
一方、田中投手は1失点したものの、6奪三振と前回から立ち直る
力投ぶりで勝ち負けはつかず。
つまり、敗戦投手にはならなかったから、半分良し、かな?
それでも、勝たせたかったなぁ…
私の心の平安には、これで良かったのかな!?

いくら自問自答してもなかなか「?」がとれません…
c0007388_2229522.jpg

<4.27追記>
4.18ホームでの記念すべき初勝利でした。
更新するタイミングがずれましたが、やはりメモリアルですから(^^)
c0007388_22204172.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-05 22:30 | 時の移ろい | Comments(2)

プロムス・ラストナイト・コンサート2006@TV

今日から4月。
昨日と打って変わって、曇り空の肌寒い一日でした。
そんな日は録画しっぱなしでたまっていた番組の整理です。
整理しながらすっかりはまってしまったのが
「プロムス・ラストナイト・コンサート2006」
イギリスの夏に開かれる有名な音楽祭の最終日です。
公式サイトにも次のように堂々と書かれています。

The Last Night of the Proms is one of the most popular
classical music concerts in the world, watched andlistened
to by an audience of many millions around the globe.

クラシックファンの端くれとしては知らない訳ではなかったのですが、
コンサートを鑑賞したのは初めてでした。
いや~、実に楽しい。
特にゲストのD・ホロストフスキーのバリトンには心底驚きました。
カルメンから「闘牛士の歌“諸君の乾杯を喜んで受けよう”」
芯のしっかりした豊かな声量で朗々と歌われたのですが、実に素晴らしい。
次に民族楽器とともに登場して、お国ものの「モスクワの夕べ」
なんと言っても、余裕があります。きかせるなぁ~。
それから、V・ムローヴァの「大騒ぎ」は打楽器とのかけあいも楽しい。
そして、おなじみエルガー「威風堂々」へ。
「威風堂々」以降は毎年の定番の曲らしく国威発揚もので、会場で
多くの旗が振られていましたが、イギリスの方にはたまらないんでしょうね。
(もっとも歌詞は植民地主義を髣髴とさせる古色蒼然としたものです)
なんて言うのでしょうか、会場の熱気に圧倒される感じです。
クラシックをベースにした楽しめるコンサートのお手本のような感じです。
c0007388_1895597.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-04-01 18:14 | 音楽 | Comments(0)