<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

五線譜のラブレター@DVD

とんでもニュースで中断したDVDの話です。

先日買い物にでかけて、フラッとおもちゃ売り場に寄った時のことです。
子供が小さい時ならよく寄ったのですが、この頃はとんとご無沙汰です。
映画のDVDを3巻いくらで売っているワゴンが目に入り、買う気もなく
手に取ってみたのですが、「コール・ポーター」の文字が目に入りました。
スタンダード・ナンバーで有名な方ぐらいは知っていましたが、詳しいことは
知りませんでした。どうやらコールポーター夫妻の出会いと別れまでを
描いたようで、ホンモノの歌手が劇中で彼の作品を歌っています。
しかもワゴンの中には同じDVDは見あたらず、これ一枚だけ、その上安い。
思わず衝動買い、です。

この映画は凝った作りになっていて、晩年の、というより最後の時を迎えよう
としているコール・ポーターが、愛妻リンダとの出会いから、その死別までを
劇場でステージを見ながら順次振り返っていく、という構成でした。
ポーター自身は同性愛だったようですが、リンダとは恋いに落ち、結婚にまで
至るという、なんとも理解しにくい気質でした。
でも、リンダもポーターの同性愛を許容し、見事にポーターをプロデュース
していく、というふところの深さが伺われ、それぞれたいした人物だった
のではないか、と今更ながら感心しました。
主役のお二人、ケビン・クラインとアシュレー・ジャドはお似合いの夫婦であり、
また微妙な夫婦関係を好演していた、と思いました。
それに、登場するホンモノの歌手たちもコール・ポーターの有名な作品を
次々に歌っていくのですが、これがゴキゲンなのです。
一種のミュージカル仕立てになっており、楽しめる作品に仕上がっていると
思いました。

2005年の正月公開作品だったらしいのですが、当時はまったくノーマーク。
遅くなりましたが、出会えたことを素直に喜んでいます。
c0007388_2252217.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-05-30 22:06 | 映画 | Comments(2)

永遠の闇に消えたナントカ還元水

昨日はexciteブログの新サービスの「つぶろぐ」を試していた。
数行では淋しいし、さりとて記事にするほどではなし、ということは
これまでもちょくちょくあったので、手頃な感じが良いかな、と。
それで、今日は最後につぶやいたDVDのことでも書こうと思っていたら、
とんでもないニュースに接し、我が耳目を疑うことに。
とりあえず、つぶやいてはみたものの、やはり書かずにいられない。

自殺した死者に鞭打つことは自分のスタイルではないが、この方の場合は
国会議員しかも現職の大臣なのだから、その公的立場や衝撃度からは
ある程度のそのような言及は避けられないと考える。

それにつけても、この方の疑惑はナントカ還元水ぐらいしか知らなかった
のだが、実に叩けばほこりの出る方だったようで、疑惑だらけだったようだ。
そもそもが、そのような体質の方だったのか、と開いた口が塞がらない
のだが、であれば、どうして自らを倫理的に高度に律しなければならない
政治家を志したのだろう。そんなにカネ儲けがしたければ商売人にでもなる
のがよかったろうに。さらに権力まで望んでしまったのだろうか。
結局、二兎を追った訳だろうが、そんな例はうんざりするほどある訳だから、
なにもこの方だけの話ではないというのが悲しい。

政治とカネにまつわる胡散臭い話は戦後60年以上たってもつきない
という悲しい現実。それに昨今は政治家の発言や態度を見ても、
倫理的かつ質的低下が一層激しくなったように感じていた。
しかしながら、我々の選良のレベルの低さを嘲笑ってはならないのだろう。
政治は国民の民度の反映、という指摘もあるように記憶している。

やはり、政治がカネと結びつきやすい温床をできるだけなくすことが
一番なのだろう。立場上権力を削ぐことは難しいだろうから、
牽制処置として政治資金の使途の透明性の確保は必須であり、
たとえ1円からでも100%公開すべきである。
よしんば疑惑をもたれた場合は、「法にのっとり適切に処理」した以上の
些細な説明を自らがするよう義務づけるべきであると思う。

自らの説明、と言えば国政選挙レベルではマニフェストもあるが、
当選した者がいかなる法案に対してどんな行動をとったのか、よくわからない。
せめて国政レベルでは各議員の行動を議会自らがネットで公開したら
良いのではないか。何か不都合でもあるのだろうか。
マニフェストと言えば、どうして地方選挙レベルではダメなのか、不思議。
生活に身近な程、選ぶ側は議員の動静は監視しやすいし、
選ばれる側は監視されやすい。
それにマニフェストも作れないような程度の候補は出てこれなくなる。
だからこそ、選挙民に対してのウソを許さないという政治風土を築いて
いくためにも、この辺りから選良のレベルアップを促していくことが
可能なのだろうし、その方向を支持するのも我々のつとめではないか。
[PR]
by capricciosam | 2007-05-28 23:56 | 時の移ろい | Comments(4)

聖響&シエナ・ウインド・オーケストラ@Kitara2007

今夜、入場する際もらったチラシの中に7月に行われるKitaraの
バースディ演奏会のものがあった。そこには、N・アーノンクール、
ゲルギエフ、マゼールの「Kitaraの響き」への賛辞が連ねられていた。
確かに、どうにも響かないホールで聴いてきた身としては、その響きに初めて
接した10年前は、まるで奇跡でも起きたのか、とびっくりしたものだった。
その分、発する側の音の素性も露わにする怖さもある、ということなのだろう。
所詮素人の身には大別してうまいか、へたか位しかわからないのだが、
今夜の聖響&シエナは「うまい」と断言しても差し支えないような気がした。

構成は2部になっていて、1部はアルフレッド・リード名曲集。
1曲目「音楽祭のプレリュード」からその確かな響きにグッと引き込まれる。
2曲目「春の猟犬」ツアーの疲れか、少々ハッとするところも。
3曲目「エル・カミーノ・レアル」この曲の多彩な音色に楽しめました。
4曲目「アルメニアン・ダンス パート1」
予習できたのはこれぐらいだったが、CD以上の出来に感じた。

会場に詰めかけた多くの吹奏楽関係者は、この一部ですっかり魅了されて
しまったのではないか、と門外漢の私としても感じるくらいの
規範的、でも生き生きとしているという上級の演奏でしたね。
もともとブラスの響き自体が若々しさを掻き立てる感じがするので、聖響さんの
サウンドづくりとも相まって、実にフレッシュにホールに響きました。

2部はジョン・ウィリアムズ名曲集。
1曲目「カウボーイ」
もともと吹奏楽にあうような曲なんでしょうね。聴かせます。
2曲目「ハリホ・ポッター」組曲
おなじみのメロディが次々に展開されて、楽しめました。
3曲目「プライベート・ライアン」~戦没者への賛歌
この曲が流れている間、ライアンが墓の前に佇む姿が眼前に現れ、
厳粛な気持ちにさせられたが、それぞれの楽器の技量が高くなければ
難しいと思われるこの曲を完璧なまでに演奏していた。今夜の白眉。
4曲目「スター・ウォーズ」組曲
ダース・ベイダーのテーマからはじまりメインタイトルまで。
弦楽器の厚みが欲しくなる部分もちょいとありましたが、これは欲張りというもの。
逆に弦楽器なしで、まるでサントラのような再現をすることに大満足でしたね。

鳴りやまぬ拍手に応えて、アンコール
1曲目はジョン・ウィリアムズの「1941」マーチ
これ知っている人少ないと思いますが、第二次大戦中日本の潜水艦が
ハリウッドを攻撃するというトンデモ映画で、艦長を三船敏郎が演じていました。
S・スピルバーグの作品では失敗作の部類なんでしょうが、
音楽を聴いて懐かしくなりました。
2曲目に入る前に会場が明るくなって聖響さんがマイクをとってスピーチ。
「楽器を持ってきている人は急いでステージに上がってください」
すると、会場から大勢の聴衆が次々に上がって、シエナのメンバーとともに
一大集団の完成です。会場も手拍子で参加して始まったのが、
TV等でおなじみのスーザの「星条旗よ永遠なれ」。
いや~、楽しくて、粋な趣向ですね。

道内初の演奏会とあって全席完売で、当日もほぼ空席は見あたらず。
聖響さんがまた来道するような計画があるというお話をされていましたが、
今夜の聴衆の満足度は高かったと思いますから、
次回は今回以上の人気沸騰となるのではないでしょうか。
c0007388_23255991.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-05-22 23:26 | 音楽 | Comments(0)

久しぶりの青空

昨日はおばの見舞いでした。
熱をだして入院したのですが、なにせ高齢のため油断はできません。
微熱になり、顔色も良くなってベッドで休んでいました。まずは一安心です。
見舞いを終えて、病院のすぐそばのスーパーに買い物に入ったのですが、
開店早々なのに結構な人出で混雑。
特売らしきものもなさそうなのに、その活気にびっくり。
買い物を終えて店を出て、店の周囲を見回し、妙に納得。
マンションが林立していたのです。
病院に気をとられて周囲まで注意して見ていなかったんでしょうね。
帰りにとあるお店で休憩しましたが、入り口に飾ってある花が素敵でした。
c0007388_21522913.jpg


今日は早朝に町内の一斉清掃があるため、その前に散歩です。
(早起きがそれほどつらくないのは、歳のせいなんでしょうね)
桜も散ってほとんどが葉桜となってしまいました。
c0007388_2250750.jpg

以前ご紹介した街路樹の植えてあるところにあるアスパラですが、
通ってみるとこんな感じになっていました。
c0007388_21373733.jpg

食べた形跡はなく、頂部の近くで切ってあり、枝が伸びていました。
頂部も下の地面に落ちていました。
きっとあのまま誰も食べないんでしょうね、そんな気がします。

我が家の淋しかった庭にもムスカリや水仙が咲き、色が戻ってきました。
チューリップも早く咲いたものは、花びらが散り始めました。
写真は雨の合間を縫って少し前に撮った状態のものです。
c0007388_2148921.jpg

今日は久しぶりの青空で気持ち良かったのですが、風が強い日でした。
c0007388_21545924.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-05-20 22:01 | 時の移ろい | Comments(2)

ぼ、ぼ、ぼくらは少年探偵団

日曜日に亡父の三回忌がありました。
その疲れもあって、ここのところ夜は早々に就寝していました。

そろそろ疲れもとれたように感じる(錯覚かな!?)今夜ですが、
TVを見ていたら江戸川乱歩が取り上げられていました。
我が国ミステリー小説界の大御所ですが、その作風は独特で、
氏の代表的作品に見られるエログロ的側面の強い作品の多くが
戦前に書かれていたとは知りませんでした。

私が氏の作品に親しんだのは、戦後プロデューサー的活動の
傍ら書き続けた少年探偵モノです。
子供の頃、明智小五郎の登場する怪人二十面相シリーズは大好きでした。
「ぼ、ぼ、ぼくらは少年探偵団…」
全作品を制覇した訳ではありませんでしたが、友達や学校図書館から
借りて読んだものです。「犯罪=いけないこと」、それだけで胸が高鳴る
というのに、さらに子供が犯人と対峙して捕まえようとする。
子供心には、もうたまりませんでしたねぇ。
戦前に書かれた多くの作品はほとんど読んだことはありませんので、
こんど機会を見つけて読んでみたくなりました。

今朝はとてもすがすがしい朝でした。
散歩途中の桜も散ったものも目立ってきましたが、遅咲きはまだ満開でした。
c0007388_11129.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-05-16 23:57 | 時の移ろい | Comments(0)

散歩の途中で

天気がめまぐるしく変わっても、開花に向けた桜の動きは止まりません。
近所の桜もほぼ満開状態になりました。
北海道の桜はエゾヤマザクラが主なのでしょうが、よく見れば
それ以外の桜もそれなりにあるようで、桜ごとに異なるたたずまいが
また趣があるものですね。
雪に覆われたモノトーンの世界から、色が楽しめるカラフルな世界へ。
生命の躍動を感じる良い季節となりました。
c0007388_1253324.jpg

ところで、散歩の途中で見つけたんですが、写真に写っているもの
なんだと思いますか。
実はアスパラガスなんですよ。
北海道では家庭菜園でも楽しむので、別に珍しい物ではないんですが、
植えてある場所が街路樹の植えてあったところなんですよ。
街路樹が枯れたので、寂しくなって植えたんでしょうか。
c0007388_1213384.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-05-12 12:13 | 時の移ろい | Comments(4)

無計画な日々・その後

休み明けの昨日から気負って仕事をしていたものの、
疲れが出てしまい、夕食後睡魔に襲われ、居間でうたた寝です。
歳というか、身体は正直ですね。
2日間の庭仕事の影響であることは間違いないようです。
結局GWは毎日出かけたり、用事をしたりで、理想とした
「ボーッと過ごす」ことなく終わってしまいました。
ま、そのうち実現するでしょうから、気長に待ちましょう。

目が覚めると、TVで「プロフェッショナル」をやっており、ぼんやりと
見ていましたが、今回取り上げられている坂本幸雄さんには驚きました。
(この番組毎回見ている訳ではないのですが、さすがとうなることが多い)
体育大学卒業後、親戚のつてで外資系半導体メーカーに就職。
しかも、配属されたのは倉庫係。
しかし、効率的に仕事をこなすことを追求していく中で、米国本社へ抜擢。
33歳でストレス性の胃潰瘍で胃の3分の2を摘出する位、猛烈に働く。
現在は、赤字になった半導体企業をたった一年で建て直したという異色の方。
発言内容ももちろんですが、英会話に不自由されずに意思疎通を行っていた
ことに惹かれました。
長年外資系で働いたにしても、やはり相当な努力をされた方なのだな、と
そのガンバリぶりの一端をかいま見たようでした。

うたた寝する前に「アルファブロガー」という言葉を知りました。
あまたのブログに影響を及ぼすブログの書き手、という程度の意味らしい
のですが、これらの書き手が生計を立てられる収入や社会的地位を得たり、
はたまた新たなビジネスのきっかけになったり、との動きに、
のんびり、ぼんやりとブログを書いている身には驚くばかりです。
ブログの普及が少なからぬ影響力を持つものとなっていることの
表れなのでしょう。
[PR]
by capricciosam | 2007-05-08 23:55 | 時の移ろい | Comments(0)

無計画な日々・その4

GW最終日。
今日こそはボーッと過ごすはずでしたが、結局は昨日の続きでした。
昨日作業したところに再度手を入れたり、家まわりの修正をしたりで、
結局一日中屋外で作業していました。
夕方になって終えようとすると、身体も疲れ、動きもおっくうになってきました。
まあ、二日連続ですから当たり前ですが、歳の割にはガンバッタと思います。
ところで、びっくりしたのは体脂肪がたった一日で1.3も減っていたことです。
身体を使うと、結構減るものなんですね。
やはり運動不足、か。

ところで、朝散歩しましたが、桜は一部咲いているものがあるのですが、
まだ大半は蕾がふくらみつつある状態です。
今、咲いていて目立つのはレンギョです。
あの鮮やかな黄色は春を感じさせてくれます。
c0007388_6341563.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-05-07 06:34 | 時の移ろい | Comments(0)

無計画な日々・その3

思いつきで過ごすGW後半ですが、昨日は少々計画的でした。
今の家に入居以来、庭にはほとんど手をかけていないに等しかったので、
カミサンと今年は少しは手をかけようと話ていました。
それで、「今日は家まわりを少しでもきれいにする日」と決めて、
枯葉、枯枝や雑草とりから始まって、一昨日行った園芸センターで
買ってきた苗物の定植など一日中家のまわりをウロウロして日が暮れました。
こんなこと書くと、随分熱心なように誤解されるかもしれませんが、
こんなこと年に何回あるのかな、という程度です(^^)
やはり、この時期は
「少しは手をかけてあげなくちゃ」
そんな気分に襲われるんですねぇ。
休憩時に地べたに腰を下ろして飲む、水のおいしいこと。
久しぶりにいい汗かきました。
気がつくと、我が家のチューリップもボチボチ蕾が上がってきました。
c0007388_8282463.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-05-06 08:29 | 時の移ろい | Comments(0)

無計画な日々・その2@VSオリックス

予定も立てずにボーッと過ごすはずのGW後半だったのですが、
初日から「予定も立てずに思いつきで過ごすGW後半」となりました。
2日目も、やはり同じ有様です(^^)

「年に一度ぐらいは応援に行きたい地元の日本ハム」ですから、
昨日は日本ハムVSオリックスを観戦に札幌ドームへ出かけました。
ちょうど子供が100円で入場できるとあって、ほぼ満員に近い状態でした。
自由席を購入したのですが、良い空席が見あたらず、やむなく
指定席振り替えのため場内にあるチケット売り場へ並びました。
これが遅遅として進まないため、とうとう一時間以上並ぶはめに。
並んでいる時に、時々あがる声援を耳にすると、思わず焦りが…。
これは、ちょっと誤算でしたね。

結局試合開始にはちょっと遅れたものの、1回裏から観戦できました。
両先発のダルビッシュ、ディビーが好調で、投手戦の様相でしたが、
5回の金子誠のホームランから日本ハムの集中打が炸裂して、一挙3点。
スキを突いて一挙に得点する様は、まるで昨年のようです。

最終回ラロッカに一発くらい、完封は惜しくも逃したものの、
そのままダルビッシュは完投して、ヒーローインタビューへ。
先発完投も「そろそろキツイっすよ」と答えてうけていましたが、
やはり昨年の中継ぎ、クローザーの復活が望まれるところです。

ところで、ほぼ満員の中で稲葉ジャンプを体感しましたが、
あちこちでジャンプするので、本当にドーム全体が揺れるんですよ。
ドームの耐震性は大丈夫だそうですが、ありゃホント凄い。
c0007388_6545915.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-05-05 06:56 | 時の移ろい | Comments(0)