<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

身近な自然環境

日常生活で発声するのがつらくなり、話をするのがおっくうになったので、
「こりゃ変だなぁ」と近所の耳鼻科にいったのは2週間前。
鼻の奥が炎症を起こしているようだとのことで、薬を処方してもらいました。
だいぶ楽になったのですが、薬も切れたので、午前中は耳鼻科へ。
終えてからは散髪してもらい、その後図書館へ。
ゆったりとしたイスに腰をかけて読むひととき。至福のひととき。

帰宅してからは録画しておいた番組を観ました。
「昆虫に大異変」
光ファイバーケーブルが切断される事故の一因はセミの産卵行動
ケーブルを枝と勘違いしてのことのようです。
そのセミは「クマゼミ」という種類で、現在、東京のセミの大半が
このセミなのだそうですが、在来のニイニイゼミは少なくなったようです。
どうしてなのか。
東京の緑化対策として九州から排ガスに強いクスノキを移植したところ、
その地中にいたクマゼミが出現し、都市の乾燥化に適合して他の種を
圧倒してしまったというのが真相のようです。
つまり元来の生態系がこわされた訳です。

その他、一般に「赤とんぼ」と呼ばれるアキアカネも激減しているそうです。
これは水田の環境の変化が大きいとのことでしたが、
幼い頃暮らした田舎でも、遊んでいると赤とんぼの大群に心ときめかして
夢中になったことを今でも懐かしく思い出します。
そうなんですか、赤とんぼさえ減っているんですね…
唱歌の世界がますます遠のきますね。

コメンティターの方が
「身近なものの変化こそ恐ろしい」
「変化のスピードは速く、生命や健康への影響があるのでは」
とおっしゃっていましたが、確かにその懸念もぬぐい去れないことです。
そして、一般人の取り組みとして、次のような提案をされていました。

①五感を使って自然を感じるようにする
②自分の住んでいる場所で定点観察を

一般人の私が取り組んでいることといったら、②に関することでは、
以前ご紹介した「スズメの観察調査」ですね。
夏の観察も6月上旬からスタートしましたが、今日までの平均は1.7羽。
冬よりも減っていますし、時期的にも波があるようで、
最近は少ないですね。ゼロの日も続いたりします。
以前のような大群を見ることはトンとないですね。
スズメの大量死をきっかけに関心をもって、一般人としても
何かができるのでは、と思って取り組んだこの観察調査。
地球環境の温暖化もそうですが、環境の変化にはいままで以上に
関心をもたざるを得ない時代に我々は生きているのでしょうね。

①に関してはなんと言っても庭に咲く花たちを眺めることでしょうか。
庭のバラもこれまでなかなか花を咲かせてくれなかったものも含めて
今年はにぎやかに咲いてくれています(^^)
c0007388_22172267.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-06-30 22:19 | 時の移ろい | Comments(2)

矢沢永吉@SONGS

録画しておいた「SONGS」を観ました。
矢沢永吉、57歳。
素敵なラブ・バラードの「YES MY LOVE」で開始。

33歳の時の発言
「いつの時代でもやる奴はやるし、やらない奴はやらない」

さすがと思うと同時に、これは応用の利く話だなぁ、と。

思いつくままに、まずはオーソドックスに
「いつの時代でも勉強やる奴はやるし、勉強やらない奴はやらない」
「いつの時代でも仕事やる奴はやるし、仕事やらない奴はやらない」

次に、こんなことも
「いつの時代でも偽装やる奴はやるし、偽装やらない奴はやらない」

○○印にはいろんな言葉があてはまりそうですね。
「いつの時代でも○○やる奴はやるし、○○やらない奴はやらない」
c0007388_22231124.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-06-28 22:25 | 時の移ろい | Comments(0)

真実はどこに

偽ミンチ事件はとうとうミートホープ廃業という事態に至った。
<6.28追記>
廃業ではなく、休業の後再開を期す、または施設をそのまま買ってもらい、
従業員も再雇用するというように方針も定まっていないようです。
おまけに禁止されている雨水での冷凍肉解凍という事実も…
いずれにしても件の社長には経営権を放棄してもらいたいものです。


事件発覚が20日だったので、わずか7日という短期間であった。
件の社長は、事ここに至って
「消費者に申し訳ない」
「いっしょにやってきた従業員に申し訳ない」
という、至極真っ当な発言をようやくしだした。
ようやく自分の欲に走った誤った判断が多くの人の生活を狂わせたばかりか、
食品への信頼という社会システム自体にパニックを引き起こした波紋の大きさに
気がついたということなのだろうか。ちょっと遅いけど…
今回の一件を通じて、生命活動を維持する上での食品の重要性に鑑み、
食品への信頼というファンダメンタルな部分を犯す行為は重大な犯罪である、
という社会的共通認識をもっと強める必要があるように感じた。
食品を扱う仕事に倫理観がない者は就くべきではない。

ところで、この事件にからんでくすぶっているのが、北海道農政事務所への
内部告発が一年以上も放置されていたという点だ。
放置されていなければ、もっと早く偽ミンチ事件が暴かれたのではないか。
こと食品の安全性に関して、この怠慢は許されるものではないはず。
農政事務所は道庁に連絡したが、道庁の担当課は受け取っていない。
農水大臣は早々と道庁に連絡した、と記者発表しているが、大丈夫なのか。
国と地方で180度言い分が異なっている。珍しいことだ。
一体どちらの言い分に真実があるのか。
今夜のニュースでは、「農政事務所の職員が直接出向いて手渡した」との
発表を農政事務所側がしたようだ。だったら、具体的検証が可能なのだろう
から、さっさと道庁と詰めて、真実を明らかにできるのではないか。
<6.28追記>
どうやら道庁の出先機関へも別途内部告発があったようですが、
おざなりな対応と連携のまずさから、結局道庁も見逃したようです。


また、真実がどこにあるのか混沌とした様相を呈してきたのが、
山口県光市母子殺人事件の差し戻し審である。
当時18歳だった少年(現在26歳)が高裁でのやり直し裁判で
これまでの供述を一転させて、犯意を否定したのだ。
これで20人以上もの弁護士たちは争いやすくなったのだろうし、
裁判の判決が確定するのが遠のくのだろう。
最高裁判所は実に罪なことをしたものだ、と思う。
特別な理由がない限り死刑に相当する、との判断にまで踏み込んでいて、
何故最高裁自らが判断を下さずに、回避したのか。
犯罪被害者の家族の苦しみをいたずらに延ばしただけではないのか。
[PR]
by capricciosam | 2007-06-26 23:54 | 時の移ろい | Comments(0)

札幌交響楽団第500回記念定期演奏会@Kitara2007

今回の定期の楽しみは500回記念のマーラー交響曲第2番「復活」という
大曲を聴けるということはもちろんだが、まず第一は札響合唱団。
昨年結成され、年末の第九でのデビューが大層衝撃的だったらしく、
ぜひ一度はその歌声を味わいたいものだ、と考えていた。
今のところ年に数回の出演しかないらしく、今回定期が2回目のお披露目
となるらしい。第九の時同様、今回も他の合唱団も参加しているので、
純粋に楽しめるという訳ではないようだったが、思わぬ演出が待っていた。
c0007388_0235343.jpg

定期好例のロビーコンサートへの出演である。
いつもは札響メンバーが行っているのだが、今回は男性13名女性12名で
4曲(1曲目以外すべて武満徹の作品)を披露した。
パンフには総勢54名となっているので、選抜メンバーということか。
たえまなく入場してくる人たちのざわめきにもかかわらず、
よく鍛えられた歌声がロビーに響いたことから、本番への期待は
弥が上にも高まった。

「生と死」という根源的テーマに貫かれたこの曲での合唱の出番は
第五楽章の後半から。ベートーヴェンの第九によく似ています。
「蘇るのだ…」と無伴奏で神秘的にではあるが、決然として合唱が歌いだし、
二人の女声による独唱とオケも加わって壮大なフィナーレを築く訳だが、
合唱はいささかも不安定なところを感じさせない、実に充実した歌声であった。
札響は合唱入りの曲をさらに演奏する機会を設けてもらいたいものだ。
また、第四楽章「原光」があるがためソプラノ独唱に比べると、
どうしても注目しがちなアルト独唱であるが、ビルギット・レンメルトの
よくコントロールされながらも会場の隅々にまで通る歌声には、
正直驚いた。この方の歌声を聞けただけでも大満足。

余談になるが、「復活」を実演で聴くのはこれが2回目。
1回目はPMFが始まって2年目の時で、エッシェンバッハ/PMFオケで。
この時のアルト独唱はクリスタ・ルートヴィヒ。
あの頃はバーンスタインとの録音から数年経過したのちだったようでしたが、
もう往年の輝かしさや声量はなく、落ち着いた歌声に終始したように記憶して
いる。事実、1~2年後には現役引退を表明したのだが、世紀の歌姫の声を
聴くことが出来たという思い出として一生記憶に残るのだろう。

さて、肝心の尾高/札響の演奏であるが、尾高さんは札響をよくコントロール
されて、この情念がのたうちまわるかのような曲をよく描出していたし、
札響も持てる力を出してよく応えていたと思う。
ところで、記念演奏会初日ということで慎重になり過ぎたきらいがあるのか、
第一楽章ではよく整えられてはいるものの、何故か一体となって燃え上がる
ような熱気が感じられず少々不安に駆られたが、章を追うごとにこの辺は
解消されて、特に時々顔を出す嵐のような強奏では
「<よく鳴る>オーケストラに成長した」(パンフ解説より)
現在の力をいかんなく発揮したと思う。
しかし、一部管楽器の不調や4月定期の好調ぶりが耳に残るだけに
「こんなはずでは…」との思いも少々残ってしまい、十分楽しめたとは言い難い。
(この辺は向上するにつれ聴く側の要求もどうしても高くなりがちなのかな…)
二日目は修正してもっと良くなるはず、という期待を込めて
FMのライブ放送に耳を傾けたいと思う。
チケットは二日とも完売。
<6.24追記>
はい、放送を聴きました(ただし、高関さんのバルトーク以降は未聴です)
オケの響きについては放送のほうがはるかによくとらえていたのでしょうね、
かなり充実した響きが聞こえてきました。ただし、一部の管楽器の不調は
昨夜の印象よりは良いものの、やはり残念な響きを感じたのは少々「?」。
びっくりしたのは、レンメルトさんの歌声で、会場での圧倒感がありません。
これは放送の限界を示すものなのでしょうか。
(この方は実際ライブで聴くに限ります、圧倒されます)
ライブと放送との違いはあるものの、二日間聴いてみると、昨夜の感想は
予習が効き過ぎたのか、少々「欲張り」なものだったのかなぁ、
との印象を改めて感じました。しかしながら、現在の札響の持てる力を
出し尽くした記念すべき演奏会であったことは間違いないようです。
その一瞬に立ち会えた喜びを、いつまでも胸に抱いていくことでしょう。
改めて、札響定期500回、おめでとう!!

c0007388_6544820.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-06-23 23:58 | 音楽 | Comments(0)

短信です★2007.6月下旬

暑い夏至の日でした。
一体何度あったのでしょう。
数年前の猛暑の再来となるのでしょうか。
わが家には扇風機もクーラーもありません。
道外の方には信じられないことかもしれませんね。
まあ、北海道では割合ザラにあるのですが、
道外に雪かきがほとんどないのと大して変わりありません。
要は、地域性ということですね。
でも、さすがあの時だけはまいりましたね。
猛暑再来なら、扇風機ぐらい検討しないとダメかな…

暑さ続きで庭のバラも日を追うごとに一輪一輪と開花し始めました。
ちょっと花が途切れた庭にも、また色が戻って、
にぎやかになってきました。
朝と帰宅後に、その様子を眺めてはニヤついています。
「ニヤニヤ」

今夜は予習を兼ねて写真のCDを聴いています。
自分で買った2番目のCDでした。
もう20年以上前になりますか、小澤さんも若いなぁ。
そう言えば、小澤さんの後任も決まったようですが、
今度は日本中心の活動となるのでしょうか。
PMFに登場してくれるなんてことはないかな…
c0007388_22211859.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-06-22 22:21 | 時の移ろい | Comments(0)

社長は自社のミンチを食べられるのか

世の中で培われてきた決め事が共通項やルールとなって、
信頼が醸成され、安心して暮らせるというものだが、
そんなものは、そもそも破ろうとしたらなんら良心の呵責もなく破れる
ものだと証明してみせた悪例が今回の苫小牧のミートホープ事件か。

生命に直接的に関連する同様の事件としては耐震構造偽装事件も
あったが、直接体内に取り入れる点からも、その偽装の悪質さは最悪。
生協の検査で看板に偽りあり、とスクープされてからの社長の発言は
一体何転したのだろうか。二転三転どころではない。
しかし、世間の批判や追及の厳しさに、ようやく観念したようだが、それでも
社長の往生際の悪さには言語道断の思いが残る。
恐らく、この人には「消費者の信頼に応える」とか「食品の安全や安心」という
考えはこれっぽっちもなかったのだろ。
あるのは、ルール無視の「儲け」だけ、か。
しかし、商道徳という最低限のルールも守れずに、利潤追求では
いただけない。
即刻退場願いたいし、事実次々に取引停止に追い込まれているようだ。
会社の存続自体も危ういか?
愚かなトップに同情の余地は感じないが、社員は大変だろう。

ところで、北海道農政事務所が再三に渡る内部告発を一年以上も
放置していたとは、一体どうしたことか。おまけに道庁へ責任転嫁ですか。
そりゃ、ないっしょ。責任者でてきたら。
[PR]
by capricciosam | 2007-06-22 21:51 | 時の移ろい | Comments(2)

セカンドハネムーン

最近は夕食を終えると睡魔に襲われ、PCを開くことも能わず、でした。
西田佐知子さんの「アカシアの雨に打たれて」ではありませんが、
「そのまま死んでしまいたい」
ではなく、「そのまま眠ってしまいたい」でした。
(疲れなのか、歳なのか…)
それでも、夕べは先日亡くなられた作家大庭みな子さんのご主人の
16年にわたる介護の様子を追った番組を観ることができました。

妻が病に倒れたら…
突然の介護、その時夫は

まあ、半ば冗談めいて「先に逝くのはオレだよ」と私は言ってるものの、
そんな順番の保証はありません。順番が狂うことだってあるでしょう。
逝かないまでも、倒れることだって可能性大です。
「ではどうするのか」
それでも、そんなこと考えようともしない自分があります。
まして、何年も、十何年も介護し続けるなんて…

ご主人の
「これはセカンドハネムーンなんだ」
という言葉に象徴される、介護という厳しい現実を前向きにとらえて、
夫婦関係を再構築されている姿が、とても印象的でした。

アカシアと言えば、先日散歩していた時のことです。
いつもの道で、急に甘い香りに包まれ、
「いい香りだなぁ~」
カミサンとあたりをキョロキョロしてみると、答えは頭上にありました。
白い藤のような感じで、房状の花がいくつも垂れ下がっているのは、
まさしく「ニセアカシア」でした。
多分去年も通っているはずなんですが、気がつかなかったなんて
ちょっと信じられませんでした。
さわやかな甘さが清々しい、初夏ですね。
c0007388_23194811.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-06-21 23:20 | 時の移ろい | Comments(0)

いつかくる老後

今日は朝から晴れ渡りましたが、風がさわやかで、
しのぎやすい暑さとなりました。
散歩の途中に見る木漏れ日もくっきりとして、夏の訪れを感じ、
なんとなく心弾む想いなのは気のせいでしょうか。
c0007388_17134619.jpg

昨夜NHKの北海道ローカルで介護施設の実態がとりあげられていました。
国の施策の変更で、医療行為を必要とする要介護者が病院に
いられなくなり、介護施設のある老人ホーム等に移ってきているのですが、
そのような施設は、もともと手厚い医療行為が前提となっていないため、
現場は手薄な人数で対応せざるを得ないため、オーバーワークになっていて、
どの施設でもギリギリの状態で入居者の介護を続けている、というものでした。
TVでは、夜間はたった一人の看護士の方しかいないため、介護する中でも、
特に要注意な人のベッドを夜間だけホールに移動して、そこに机とイスを置いて
集中的に監視するという工夫をしていたり、午前3時頃に集中するコールに
慌ただしく駆け回る様子が放送されていましたが、ただただ驚くばかりでした。
取り上げられていた看護士の方の夜勤明けのお顔は疲労困憊という感じで、
気力で保っているように感じられ、頭がさがりました。
介護現場の労働の過酷さは耳にしない訳ではなかったのですが、
今のわが家にとっては切実な話題で、実にタイムリーな放映でした。
というのも、おばが医療行為が必要な介護状態となり、医療行為が可能な
介護施設に移らざるを得なくなったためです。
今日はその打ち合わせに出向き、併せて新居に荷物を移動してきたのでした。
これからの目途も立ったことで私たちとしてはひと安心なのですが、
そこで行われる介護もTVに近い実態なのかな…、と思わず想像してしまう。
避けられない老後や介護、遠からず我が身にも降りかかること。
昨夜のTVといい、今日のことといい、考えさせられました。
(明日はどっちだ…)
[PR]
by capricciosam | 2007-06-16 17:43 | 時の移ろい | Comments(0)

葉桜の季節に君を想うということ@文春文庫

先日PMFブックカバーの話を書きましたが、その時買って
カバーしてもらったのが、写真の文庫本です。
2003年に単行本として発刊され、2004年の「このミス」1位
だそうですから、お読みになった方も結構いらっしゃるでしょうね。

一見無関係な挿話が、このストーリーの最重要キーが明らかと
なる中で見事につながるのですが、著者のテンポ良い語り口に
一気読みでした。そして、まんまと騙されてしまいました。
(うまいなぁ~)
究極であるかどうかは別として、カバー裏表紙に書いてある
「徹夜本」は当たっていました。
著者の読者をミスリードする力はたいしたもので、「思いこみ」というか
「錯誤」を重ねていったのですが、このあたりがこの小説を成り立たせる
最大の要素だろうと想いました。
例え騙されるにしても、妙に後味さわやかなのは、
「恋愛」が余韻を残すからなのでしょうね。
たとえ、いくつになっても恋するときめきは良いものです。
(おっとこれ以上書くと、ネタバレになりそう…)

なかなか楽しめる一冊でしたが、ただ一点難を挙げるとすれば、
原作に忠実な映像化は困難だろうな、という点です。
ビジュアル化したら、ミステリそのものが成り立たない恐れが…
さて、どうしてでしょうか!?
未読の方は、この一点だけでも楽しめると想いますよ。
しばし暑さを忘れて楽しめた一冊でした。
(しかし、今夜は雨も近いせいか蒸します、ふーっ、暑い)
c0007388_22521094.jpg

[PR]
by capricciosam | 2007-06-14 22:52 | 読書 | Comments(2)

暑いし、不調!?

札幌も二日続けて30℃近くになりました。
仕事が予定より早めに終わったので、すぐ帰らずに寄り道。
Kitaraのある中島公園に入っていくと、通路の両側に
びっしりの荷物と大勢の人が。
見ると露天商のひとたちのようで、商いのためのテント設営の
準備だったようです。
そう言えば、札幌神社のお祭りが15日頃からでしたね。
当時はこの日に市内の高校の制服が夏服に一斉に変わるのですが、
衣替えで知る夏の訪れでした。
(夏が来たなぁ~)
でも今は違うようで、今日も夏服姿の高校生と随分すれ違いました。
(随分早くなったんだなぁ)
これも温暖化の影響なんでしょうか!?

写真は地下鉄中島公園側からKitaraに向かう途中にある
藤棚です。棚はKitaraが出来てから数年して設置されたように
記憶している(ちょっと曖昧です)のですが、藤は写真の左側に
植えてあります。毎年少しずつ伸びて、とうとう一部は反対側に
到達したようです。夏至も近いせいか、日が長いですね。
c0007388_20543034.jpg

エキサイトブログの不調をあちこちのエキサイトブログユーザーも書いて
いらっしゃいますが、ホント不調ですね。
深夜からのメンテナンスで回復してくれることを私も期待してます。
<6.14追記>
どうやら回復した気配がありますが、依然「つぶログ」はダメですね。
エキサイトも不調があれば再度メンテナンスすると表明していますが、
一体全体どうしたことでしょうね。

[PR]
by capricciosam | 2007-06-13 20:56 | 時の移ろい | Comments(4)