<   2008年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

プリンシプルのない日本@新潮文庫

昨日とりあげた本には、異文化コミュニケーションの逸話が
いろいろ取り上げられている。その中のひとつ。

1994年村山首相(当時)がマレーシアを訪問した時に、
マハティール首相(当時)と会談した。
その際、マハティール首相が
「戦争責任に関し謝り続けることは理解できない。それより
日本は国連安保常任理事国になってもらいたい。」
と発言したのに対し、村山首相は何も発言しなかった。
ここは「ノーコメント」とでも言ったのかと思ったら、
どうやらほんとうに無言を通したらしいので、
通訳の方も黙らざるを得なかったようだ。

国内的には「デリケートな話ゆえ、察してくれ」で済む話
なのかもしれないが、国外でのトップ会談で、
果たして沈黙という手段は有効なのか。
やはり、きちんと自らの考えなり、立場なりを説明しないと、
あらぬ誤解を生じさせかねないし、友好親善とはならない
のではないか。
戦後50年経っても、この程度か、と愕然とした。

この例から連想したのが、白州次郎氏である。

氏は敗戦後駐留したGHQとの連絡調整役として、
GHQ相手に卑屈になることなく、主張すべきところを主張し、
「従順ならざる唯一の日本人」
との反応をGHQから引き出された方だ。

白洲夫妻に関する展覧会を偶然覗いてから気になって、
その後氏に関するものをいくつか読んだ。
生前氏の考えをまとめた著作物がなかったのは惜しまれるが、
この本は当時の雑誌に発表したものを中心にまとめたもの。

「西洋人とつきあうには、すべての言動にプリンシプルが
はっきりしていることは絶対に必要である。(略)残念ながら
我々日本人の日常は、プリンシプル不在の言動の連続で
あるように思われる。(略)」

「プリンシプルのない妥協は妥協でなくて、一時しのぎの
ごまかしに過ぎないのだと考える。日本人と議論していると、
その議論のプリンシプルはどこにあるのかわからなくなる
ことがしばしばある。(略)」

さかんに使われている「プリンシプル」とは何か。
日本語の中ではそれなりの訳語はあるのだろうが、
その包含する概念がうまく反映されているのか、どうか、
私にはわからない。
しかし、少なくとも世界の中の一員としてこれからも世界に
存在し続けようとするなら、また100年に一度の経済危機に
直面しているからこそ、40年前に書かれた内容ではあるが、
この言葉は依然重要な示唆を与えているように思われる。
c0007388_8592669.jpg

今年の更新はこれにて終わりです。
今年も駄文におつきあいいただき、ありがとうございます。
良い年をお迎えください。
[PR]
by capricciosam | 2008-12-31 09:17 | 読書 | Comments(0)

歴史をかえた誤訳@新潮文庫

先日開店したジュンク堂で求めた一冊。

著者の鳥飼久美子さんは、アポロの月面着陸から
しばらくTVで同時通訳で活躍されていた方だが、
まずは懐かしさにひかれ、次にタイトルにひかれた。

「歴史までかえられた誤訳が存在したのか!?」

ただ、これはやや羊頭狗肉的タイトルのつけかただったのは残念。
確かに様々な逸話が引用されているが、大半は「国際摩擦」とでも
表現したほうが良いような類のもので、決して歴史を決定的にかえた
という例ではないように思う。じゃあ、そのことでこの本の価値は
損ねられたのかというと、決してそうも思わない。
むしろ、通訳という職業の重さ、難しさと同時に異文化コミュニケーション
を考えさせるきっかけを与えてくれている格好の一冊となっている。

例えば、日本語の「黙殺」「善処します」「不沈空母」はどう訳すのか。

戦争状態、首脳会談等の高度な政治的判断が必要な場合は
誤って訳すと、とんでもない事態を引き起こすことだってあり得るのだ。
通訳者にかかるプレッシャーたるや、たいへんなものだろう。
実際本書でも、これらの言葉にまつわるトラブルを解説している。

また、単に言葉の訳だけではなく、故意の誤訳・意訳ともよべる例
として「ジョーン・バエズ事件」「東ティモール事件」も紹介されている。
こりゃ、お粗末でひどかった。

通訳というと、私などは「異なる言語間のコミュニケーションの仲立ち者」
程度にしか認識していなかったが、いやはや奥が深い。
極端な話、単なる直訳だけの場合と、徹底的な意訳という
両極に位置する例は、どちらも通訳としては失格ということになる。
やはり、通訳する方は異なる文化的背景に通じ、発言者の言葉と
意図を「身を虚しう」して正確に伝えることを本文とすることのようだ。
ある面ではどこかのCMにあったように
「なにもたさない なにもひかない」
というのが原点なのだなぁ、と認識を新たにした。
c0007388_2327089.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-12-30 23:34 | 読書 | Comments(0)

落ち穂拾い

まず、昨日の記事に関連して。
秋の自治体学会フォーラムにいらっしゃった前鳥取県知事の片山さんが、
会場からの質問に対して答えたひとつに「市町村合併」がありました。

片山さん曰く:
「総務省はもっとやりたいと考えているようだが、
地方制度改革の中では、もう考えている人はいない。
合併は地方自治体が将来を見越して決めるべきであって、
国や県がやるべきではない。」

市町村合併は単なる数合わせではない、とおっしゃりたかった
のかもしれません。
過疎化が進み、基幹産業も疲弊し、高齢化している街が、
とりあえず合併時に一時的に盛り上がっても、
結果的に将来への展望が具体的に描かれていないのだとしたら、
決して合併万歳とはいえないのかもしれません。

合併指向でも良いし、合併反対でも良い。
どちらにせよ、その地に住む人の決断によって進むのが大原則だ、
ということなのではないでしょうか。

ところで、今年も今日入れてあと3日。
ブログのカテゴリー的には大きな漏れはないと思っていたら、
演奏会がひとつ抜けていました。
今月は一回も出かけていないので、その代わりに。
c0007388_6313414.jpg

セルゲイ・シェプキンのゴルトベルク変奏曲演奏会。
ランチタイムコンサートなのでこれ一曲。
まあ、60分以内なので、こんなのもいいなぁ…
そんな気分で出かけたのですが、
彼の一音一音をゆるがせにしない演奏は魅力的で
なかなか充実したひとときでした。
ご多分に漏れず、この曲のリファレンスCDはグールド。
ところが、この日は81年版よりも時間がかかっていました。
時間オーバーなので次の予定が気になり、内心ヒヤヒヤもの。
演奏そのものは楽しめたのですが、へんなところで
印象が残ってしまいました。
[PR]
by capricciosam | 2008-12-29 23:40 | 時の移ろい | Comments(0)

今でも十分争点になるんだね

さっき地元新聞のHPを覗いたら、某首長選挙の結果が。

国政選挙は解散がのびのびになってしまったようですが、
それにしても、こんな年末に選挙というのも、ご苦労様なことです。
争点は市町村合併か、自主独立かが争われたようですが、
結果は、合併推進派の現職が再選を果たしたとのことです。

そう言えば、道内の市町村合併も特例法の期限を過ぎてからは、
あまり話題になることもなかっただけに、改めて選挙の争点に
なりうることに少々驚いたのですが、「財政」という視点でみれば、
いずこの自治体も苦しいのが改善される気配があるとは思えません
から、依然議論や検討は続いているということですね。
景気の悪化がさらなる検討促進剤として働きかねないのでは…

同じHPには、市町村合併は保健・医療・福祉に限ってみると
サービスが低下したという調査結果の記事が掲載されていました。
これは合併前からある程度予想されていたことのようにも思う
のですが、現実化してくると、やはりシビアですね。
高齢化社会を迎えて、一層地方に住みづらい社会が姿を現してきた
ような気がしています。

今日は一日中曇り空。
風もなく、時々雪が真上から降ってきたりして、穏やかな休日でした。
写真のCDを聴きながら書いてます。
夜も更けてくると、バスーンのくぐもった響きがピッタリ。
c0007388_23463675.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-12-28 23:21 | 時の移ろい | Comments(0)

吹雪の中のスズメたち

いやはや、昨日の低気圧にはまいった。

積雪量はそれほどでもなかったのですが、
風をともなっているだけに、ひどい吹きだまりができて
道路までの家の部分を除雪するのもひと苦労。
それにやや湿り気を帯びたしまるタイプの雪。
そのうち、吹雪の中、強行突破を図った近所の車が立ち往生して、
除雪を中断してレスキューに。
これで時間を使い、そんなこんなで、職場には大幅遅刻。トホッ

いや~、こんなことは滅多にありません。
北国に暮らす者としては、少々の荒天には耐えて暮らしていますが、
それにしても、今回はひどかった。
一夜明けたら、写真のように青空が広がりました。
ありゃなんだったんだろう?
c0007388_2055565.jpg

そういえば、最近我が家の餌台に集まる
鳥たち(スズメやヒヨドリ)の話題がないですね。
すっかり関心がなくなった訳ではなく、相変わらず
餌を置いては毎日観ない日はない生活を送っています。

シャッターチャンスがなかなかなくて写真をアップできませんでしたが、
昨日除雪を終えて、室内からようやく撮れました。
吹雪の中、じっとしてるかと思ったら、スズメが飛んでくるんですよ。
やはり食べないと、この寒さには耐えられないのでしょうか。
一夜明けた今日は20羽近くがやってきていましたので、
個体数は十分回復したようで、安心しています(^^)
c0007388_2142092.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-12-27 21:08 | 時の移ろい | Comments(0)

クリスマスの約束@2008

1 こころ
2 愛を止めないで
MC:コンサートで欠かせなくなった御当地紀行の発端を紹介
   「君たちの住んでいる街へ来たぞ、という気持ちを出したい」
   ということから、三重県四日市でのコンサートでスタートしたとのこと。
   最近は段々負担になってきたとおっしゃっていましたが、
   これからも続けていただきたいですね。
   そして、今年のツアーの御当地紀行の総集編を。
   長野県善光寺での「還暦まいり」に対してのコメント
   「よけいなお世話だ」には(笑)

3 たしかなこと
4 さよなら
MC:御当地紀行を続けていくと、「日本の政治、地方自治が
   どうなっているか、自然と目にすることに。からかい半分のことも、
   うかつに言えなくなってきたのであります。」
   そして映し出されたのは、地方都市の商店街が「シャッター通り」化している
   惨状。北海道でもあちこちに現出している困難な状況です。

   オフコース当時から彼らには社会に向けた眼差しを感じることがありました。
   当時印象深かったのが、あるポスター。
   確か「I LOVE YOU」の発売当時だったでしょうか。
   モノクロ写真をベースにした販促用ポスターだったんですが、
   写真の様子がなにやら騒がしい感じで、目を凝らすと、国会でよく目にする
   委員会での強行採決に委員長席に与野党の議員が駆け寄り、もみ合ってる
   場面でした。「これにI LOVE YOUとはなぁ…」
   アイロニックなメッセージと政治に向ける視線を感じました。
   
   このような視点は、現在の小田さんが楽曲に込めるモノとしては
   マイナーなのかもしれませんが、どこかで今なおしっかりと息づいて
   いるんじゃないか、と思うのですが…
   
   次の曲(5)紹介で次のようにおっしゃいます。
   「日本はこのまままじゃダメになるんじゃないかな、そんな不安な気持ちで
   書きました」
   当時の気持ちに寄せた、現今に対してのメッセージとも、とれましたね。
 5 生まれ来る子供たちのために
 6 言葉にできない
 7 ラブ・ストーリーは突然に

MC:御当地紀行では「ばばあ、すげぇ」の捨てゼリフ。
   これだけ毒づいても許されるのは、小田さんか、綾小路きみまろか(笑)

 8 もう歌は作れない
 9 夏の終わり~眠れぬ夜~やさしさにさよなら~between the word
   and the heart~言葉と心(以上メドレー)

   ここで佐橋佳幸&松たか子夫妻がゲストとして登場。
   二人で報道の前に姿を現すのは、初めてだそうです。
   次(10)は松たか子の10周年記念として作られたオリジナル曲。
10 おやすみ

MC:幕張メッセでのアクシデントを報告し、「無事ドームを終えることができました」
   全部終えたのが12/20ですから、恐らく収録日には終わっていないはずなので、
   このコメントは「放送当日は終えただろうという予定コメント」ということですね。

11 今日もどこかで
   松たか子さんがコーラスで参加。
   なんと、松さんは録音当日突然呼び出されて参加したんですね。ヘーッ
MC:昨年のオンエアー直後、筑紫さんが手紙をくれたエピソードを披露。
   「とても残念です。これを一言言っておきたかった」

12 東京の空
MC:ツアーで疲れたといいながらも、「元気で現れたらいいなぁ」との一言。
   今年のコンサートを楽しんだ感じでは、小田さんまだまだいけるでしょう。
13 さよならは言わない

今回は多彩なゲストとのコラボを楽しむ定番企画を控え目にして、
今年のツアーを振り返った感じでしたが、これはこれで満足。
夏のコンサートを懐かしく思い出すことのできる楽しい企画でした(^^)
[PR]
by capricciosam | 2008-12-26 20:50 | 音楽 | Comments(0)

今夜はまだメリクリ、なのだ。

昨日の記事の冒頭を読まれた方は、
「なんとひねくれた」と、思われた方もいるのでは…

まあ、子供の成長とともに、段々家庭行事として
義務的にしなくてよくなった、という程度なんです、ハイ。
他意はありません。
個人的には、ケーキもフライドチキンも好きです(^^)
もっとも、年々歳々食べる量は減りましたね。
ただ、多くの葬式仏教徒が異教徒の宗教行事なのに、
浮かれているというのは、依然得心がいかないところでは
あるのですが…、寛容の心なのか。
いかん、いかん、茶々入れちゃ。
こんな一見、宗教に厳格そうな意見言って、
まるで原理主義者と誤解されたら、本意ではありません。
根はテキトーなんです、ハイ。
まだクリスマスの夜なんですから、まずは楽しみましょう。
<12.27追記>
そういえば下のような写真を偶然撮っていたんですが、
来年は使えそうもないので、いまさらですがアップします…
c0007388_2218557.jpg

クリスマスにちなんだ歌、クリスマスソングは、
やはり洋楽に楽しいものが多いですね。
でも、邦楽にも聴かせるものが。
写真のCDは山下達郎の充実した一枚です。
c0007388_2365123.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-12-25 23:12 | 時の移ろい | Comments(0)

くんじられた遊び

クリスマスイブ

ですが、我が家は普通に夕食を食べて終わりです、ハイ。
もっとも、白状すると子供が小さい頃はせっせとケーキを
買っていましたね(^^)
ホント、最近は、そんなこともやらなくなってきました。

TVでは「ダーツの旅」が入っていたのですが、途中から。
相変わらずのおもしろさに思わず笑いが。
その笑いはどこからくるのでしょうか。
それは、被写体となっている人たちが繕っていないことでしょうかね。
演技以前の「自然体」で、しゃべり、行動している。
普段着の顔を素直に覗かせることで、普段、作為に満ちた
つくりものに慣れている目には新鮮に感じられる、ということなのでしょうか。

グランプリに輝いた人は漁師のようでしたが、
直売所にはなぜか「未亡人歓迎」の文字が。
ギターで「禁じられた遊び」を弾いてくれる時に、タイトルが
なまってしまい「くんじられた遊び」になってしまう(^^)
でも、ご本人はいたってまじめなんだから、そのギャップが
そこはかとないおかしみを生じさせるんですよね。

自分も田舎で生まれ育ったので、小さい頃の思い出がよみがえるようです。
ホント、田舎にはこんな愛すべきキャラの人、いるんだよなぁ…
[PR]
by capricciosam | 2008-12-24 23:35 | 時の移ろい | Comments(0)

ある開店@大通り地区

大通り地区から大型書店が姿を消したのは3年前の秋。
当時、こんな記事を書いたものでした。

札幌の大型書店の配置は、商圏の駅前への移動と
軌跡を一にするようにも思えるくらい駅前集中に。
実際、ここ数年は札幌駅周辺の混雑ぶりに比べたら、
ちょいと混雑ぶりも落ち着いた感じの大通り地区、という印象でした。

買っても買わなくても書店をぶらつくのは好きなほう。
でも、如何せん、大通り地区ではぶらつくことのできる
肝心の大型書店がない。
まったくもって、残念なことだなぁ、と思っていたところ、
20日丸井今井南館にジュンク堂書店が道内初出店。

B2~4階までの売り場面積は市内最大規模で、
ジュンク堂としては最大規模の池袋店に匹敵する規模らしい。
開店間もないせいか、どのフロアも混雑していました。
そして、フロアの各ジャンルの品揃えも充実している印象。
店内検索も、いつも利用する店よりも検索しやすかったですね。
開店当初のにぎわいが過ぎても、この品揃えがキープできたら、
私は多分リピートしますね。
これで、大通り地区へ足を向ける楽しみが増えました。

買い物を終えて、南館の出入り口に立ってみると、
交差点を渡って南館に吸い込まれていく人の数の多さに思わず「!」
南館でこんな光景見た記憶がありません。
丸井今井南館は元は長崎屋だったところ。
南館になってから何回か行ったことはあるのですが、閑散とした感じで、
「丸井さん、大丈夫なんだろうか」
と、ちょいと心配していました。
集客効果の期待できるテナントとして定着してくれたら良いですね。
c0007388_18101545.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-12-23 18:10 | 読書 | Comments(0)

あるエピソード

今日は朝から雪で、しかも寒い。
連休の谷間ですが、仕事です。当たり前か…

ところで、新宿コマ劇場は数々の演歌歌手の皆さんが
ステージを飾ってきたんですね。
最後の公演は、我らがサブちゃんの公演でした。
サブちゃんの歌う「まつり」にあわせたステージ一杯のねぶた祭り
あの迫力はすごかっただろうなぁ~

今夜のTVを観て、改めてその都度凄い空間が現れたんだろうな、
と思いを馳せていました。
劇場が役者を育てる、なんて言葉もあったように記憶しているんですが、
まさにそんな感じで劇場と歌手の皆さんの歴史を堪能。
劇場と芸能人との関係、というと思い出す話がある。

日劇の最後の公演の時。
数々の芸人が、思いの丈を込めた感謝の言葉を述べる。
トニー谷の順番がきた。
彼は万感の思いを込めたように「ありがとう、日劇」と言って、
すぐにひざまずいてステージに口づけした。
このエピソードが忘れられません。
劇場とそこで育てられた芸人が示す最高のパフォーマンス。
[PR]
by capricciosam | 2008-12-22 23:29 | 時の移ろい | Comments(0)