<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

エゾ梅雨か!?

道内はしばらくぐずつき気味の天気が続き、今朝も雨。

北海道の場合、公式には梅雨はない、ということらしいのですが、
年によってはオホーツク海高気圧の影響で、寒くてジメジメ型の天気が続く場合も。
梅雨本来の暑くてジメジメというのも大変とは思うのですが、
もうすぐ7月の声を聞こうか、というこの時期に、
朝夕暖房をいれているお宅もある状況ではなぁ…

「スカッ、と晴れてくれないかなぁ~」

話題のベストセラー村上春樹さんの「1Q84」の冒頭に
ヤナーチェクのシンフォニエッタが使われている、とのことで
久しぶりに写真のCDを聴いて、記事を更新しています。
c0007388_9551630.jpg

<追記>
更新が停滞気味ですが、決して中断する兆しではありません。
[PR]
by capricciosam | 2009-06-21 10:08 | 時の移ろい | Comments(0)

快挙!!樫本大進さん

4月の札響定期演奏会誌にはこんな記述があり、気になっていた。

「元ベルリン・フィルのコンサートマスター安永徹さんの弾き振りによる、
「札響with安永徹&市野あゆみ・ハイドン協奏曲」という演奏会です。
いまは北海道に居を構える安永さんと札響の待望の協演ですね。」

「えっ、あの安永さんが北海道に!?」

やはり世界でも一、二を競うベルリン・フィルで長年活躍された方だけに、
いまでも驚きは持続している。なにせ、作秋のミューザ川崎の公演でも
出演されていなかっただけによけい気になる? 関係ないか!?
まぁ、これは余談で、「ベルリン・フィルのコンマス」という重責を務められた方が
どんなご縁で北海道に、というのが率直なところ。

<追記6.23>
今日届いたKitara Club会報にお二人のインタビューが掲載されていましたが、
どうやら北海道に居を定められたのはマチガイナイようです。

<追記9.13>
9月3日の北海道新聞夕刊にインタビュー記事が掲載されていましたが、
現在は美瑛町郊外にお住まいのようです。


そんな時に飛び込んできた樫本大進さんのコンマス就任。
日本人コンマスとしては32歳に就任した安永さんにつぐらしいが、まだ30歳。
これまでも来道してくれていたようだが、聴くこと能わずで、
今回の就任でますます難しくなったかな。
でも、活躍の場が一段と高く、広くなるなら、こりゃまた素敵な話。
ぜひ、ご活躍を。


[PR]
by capricciosam | 2009-06-19 23:58 | 音楽 | Comments(0)

心の目@辻井伸行さん

海外の音楽コンクールに優勝する日本人も珍しくないのだろうが、
今年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに優勝された
辻井伸行さんの例は、まさしく「快挙」の言葉がふさわしい。

帰国会見での発言から。

「1日だけ目が見える日があったら、1番見たいのは両親の顔。
だけど今は心の目で見ているので満足しています」
(以上、産経新聞から)

この発言には心にグッとくるものがありました。



この演奏が目の見えない人の手によるものとは信じがたい、
と感じるのは私一人ではないだろう。
辻井さんの大成を期待したい。
[PR]
by capricciosam | 2009-06-10 21:33 | 音楽 | Comments(0)

GMと連邦破産法11条

4月30日のクライスラーに続き、米国自動車最大手のGMが
6月1日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請した。

かつて「ビッグ3」と呼ばれた2強が続けて倒産という事態は、
数十年前にアメ車に憧れた世代としては信じがたいことだ。
しかし、数十年経過したことで、多少は状況判断が可能になったようで、
憧れよりも冷めた目線でこの事実を受け止めている自分がいる。

有為転変は世の常とは言え、やはりインパクトはあるなぁ…
[PR]
by capricciosam | 2009-06-02 23:46 | 時の移ろい | Comments(2)